コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

必見アーティスト⑨ EDITORS「The Back Room」

全英アルバムチャート第2位にもなったUKロックの新星、EDITORSのデビューアルバムが今月の26日に発売され、僕は本日買いました。

以前ここでBLOCK PARTYというバンドを取り上げた事がありますが、彼らと同じく”21世紀のニューウェーブバンド”の一角で、トム・スミス(Vo、g)、クリス・ウルバノビッチ(g)、ラッセル・リーチ(b)、エド・レイ(ds)の4人で構成されているバーミンガム出身のバンドです。’05年1月にシングル「Bullets」で正式デビュー。

上記のBLOCK PARTYは初期POLICEを彷彿とさせるバンドですが、このEDITORSはどちらかと言えば初期U2を彷彿とさせるものがあります。しかし、彼らの”セカンドシングル”でこのアルバムの2曲目に収録されている「Munich」という曲はラジオ番組でも結構かかっていましたけど、なんとなくY.M.Oっぽい感じがしました。まぁ、”ニューウェーブ”といってもそれらを音楽的に”一括り”にするのは危険ですが、その”代表的スタイル”である”U2風サウンド”独特の”哀愁”があり”湿り気”を感じさせるサウンドがたまらなくいいです。

アメリカでは未だに”メロコア系バンド”の人気が高いようですけど、イギリスではこうした”ニューウェーブ系バンド”が一つの”シーン”を構築しているようですね。まぁ、それぞれの”国民性”が音楽に現れているみたいですね。10年以上前の”HM/HRシーン”全盛の頃もアメリカのバンドの多くは”明るいR&R系”のバンドが主流でしたからね。しかし、イギリスも他のヨーロッパの国も、そしてここ日本も一年中晴れている訳じゃないんです! 梅雨のように”長期間”の雨季が存在し、”社会的”にも”経済”的にも決して明るい訳ではないですから、どこかに”哀愁”それから”怒り”の感じられるような音楽がもっとあっていいと思います。まぁ、このバンドはそれほど”怒り”の要素は無いですけど、何か日本人がのめり込みやすいサウンドが構築されているのは確かですね。

【EDITORS「The Back Room」】
1.Lights
2.Munich
3.Blood
4.Fall
5.All Sparks
6.Camera
7.Fingers In The Factories
8.Bullets
9.Someone Says
10.Open Your Arms
11.Distance
12.Come Share The View(Bonus Track)
13.Time To Slow Down(Bonus Track)

20060430163253.gif


ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/04/30(日) 16:33:09|
  2. CD|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<新日、「NEW JAPAN CUP2006」決勝戦結果 | ホーム | 新日、「NEW JAPAN CUP2006」準決勝>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/252-901906ea

スーパーpsy野神

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。