コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

K-1化する日本プロスポーツ

先だっての”WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)”という”野球世界選手権”において、日本が堂々”初優勝”したことによって日本は”大盛況”に浸りました! しかし・・・、僕個人としては、全く興味が持てなかったのと、この”結果”自体にも全然”説得力”を感じなかったんです!(汗) ”一次リーグ戦”では、日本は韓国に負け、”二次リーグ戦”ではアメリカに負けました。しかし、この”二次リーグ戦”ではアメリカの審判団の”誤審?(事実上のイカサマ?)”がありました。これによって、なんとか”準決勝”に漕ぎ着けた日本は”決勝戦”で”強豪”キューバ”を破り見事”優勝”しました! されど、この”準決勝”の取り組みもかなり”きな臭い”ものがあるらしく、結局は”アメリカの策謀”もあったようだし、しかし、結果それで”優勝”したのはアメリカではなく日本です。更に、アメリカがもっとも警戒した”キューバ代表”も実は”アマチュア選手”で構成されていたようで、本当の”主力メンバー”ではなかったみたいですね(呆) その点、一応は”豪華メンバー”で固めていたアメリカがこんなんでいいのでしょうか?(汗) でも、ここ最近の日本では、このようなグダグダであっても”世界選手権”的なものを必要以上にありがたがる風潮があるのは確かでしょうね。

どうも、昨今の日本プロスポーツ、”プロ野球”にしろ、”Jリーグ”にしろ、それからちょっとかけ離れていると思いますが”プロレス”も盛り上がりに欠けています(寂) その”理由”は、”プロ野球”や”Jリーグ”は”スター選手”の相次ぐ”海外”のチームへの”移籍”、”プロレス”は”団体の細分化”と”K-1”、”PRIDE”のような”格闘技イベント”の台頭更には隆盛、というのが挙げられます。つまり、もはや今や各分野も”グローバル化”が起こり、当然ながら”スポーツ”も例外ではなくなってしまいました。だから、本来の日本国内のみで行う”興行形態”では”限界”が来たのかもしれないのと、今の”若い世代”にはこのような国内のみにおける”長いスパン”を伴う興行にはついていけず、”短期間決定戦”の方が見慣れてしまったのでしょう。現時点で、昔ながらの国内のみおける”巡業形態”を取りながら今尚”人気”を博しているのは”大相撲”だけでしょう。されど、その”大相撲”でさえも、今や”日本人”よりモンゴルを中心とした”外人勢”が”主流”になりつつあります(悲)

もはや”日本独自”の”スポーツ形式”では”限界”があるのでしょうかねぇ? ”日本国内”における、”日本人”を中心とした、”各地方”に巡業して各地方のお客さんに見に来てもらい、そういった”日本中”の人達に楽しんでもらうような”興行形態”ではもはや難しくなってしまったのでしょうか? 今や”世界の中の日本”という形で、”都市部”を中心とした”短期間トーナメント”という形での”大イベント”の方が”利益効率”は確かに高いのでしょうし、この方が”見る側”にとってはわかりやすいのかもしれません。しかし、これでは”特定”の地域の人達しか見に行く事ができませんし、それに”興行”的にも何か”淡白”な感じがして、正直”奥深さ”を今ひとつ感じないんですよ。もっとも、”サッカーワールドカップ”に関しては、”Jリーグ”発足より大分前からある”伝統的”な大会ですからいいとして、”野球”や”プロレス”でこのような”即興式世界選手権”をやるのは何かしっくり来ないです。特に、”団体のしがらみ”のある”プロレス”ではこのような”興行形態”は正直”不可能”なんです! それによってBIG MOUTH主催の「Westle-1」もとうとう途中で”頓挫”してしまいましたからね(哀)

まぁ、”余興”的な”世界選手権”的なものはあってもいいかもしれないけど、”伝統”のある国内における”スポーツ興行”の方が、本来は我々とって”なじみ”のあるものだと思うし、ここに、これらのスポーツの”真価”と”真髄”が刻まれているのだと僕は思います。まぁ、人それぞれ”感じ方”が違うので、”世界選手権”的なものが面白いと思う人がいるならそれでもいいのですけど、そこに”誇り”が持てるのは、やはり従来の”興行形態”における日本のスポーツだと思います! 今や、多くの”選手”も、多くの”ファン”も、”日本”より”海外”に目を向けるようになり、そして”世界選手権”的なものに大いに盛り上がっていますが、今一度”日本独自のスポーツ形態”を見直して欲しい! やはり、なんだかんだいっても”好きなスター選手”はここ日本で間近で見てこそ意味がある訳ですし、そういった選手を通して今度はその”チームの魅力”というものもそこから生まれてくる訳ですからね。
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/03/26(日) 15:42:35|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<新日次期シリーズ、「NEW JAPAN CUP 2006」 | ホーム | トンビのひったくり>>

コメント

桶狭間か川中島か

 端的なタイトルですが、一発勝負なのか繰り返す事によって生まれる名勝負なのかというような部分ですね。

 テレビが地上波だけじゃなくて衛星放送もネットも充実して、今や番組を取捨択一して視聴者が「買う」時代ですから、買ってもらえるような内容の興行をしなければアレだけの規模でアレだけの演出での格闘技興行なんてできませんよね。
 勢い、設備に金を掛けすぎて、興行会社が第一に考えるべき「会場に足を運ぶお客さん」の懐具合を軽く見てるような印象もありますね。

 トーナメントだと、夢の対決かつ一発勝負の大逆転もありますから、トーナメントやるんなら1日か2日でやってしまうのが良いんでしょうね。トーナメントの他の試合は特別試合で2・3試合挟んで、あとはトーナメントマッチで固めてしまえば良い。
 そうなると試合数の関係で20分1本勝負とかになるでしょうけど、それじゃプロレスの魅力は半減しますしねえ・・・。
 シリーズを通してダラダラやるような性質の物では無いかなと思います。 

 リーグ戦だと試合数が増えるから試合その物も然る事ながら、星取りも楽しめるという1シリーズ完結の流れができて良い部分もありますけど、消化試合と言うモチベーションの低い試合も生まれてしまいます。

 一長一短ですかね。

 新日本のJ-CUPの場合、その辺が中途半端かもしれません。全日本のチャンピオンカーニバルに宛て付けた部分もあって、今回こそは空白の2欄に全日本からの参加があって、全日本のCCに2人ぐらい貸すという算段ですかね?

 外国人の引き抜きでちょっと新日本と全日本はアレですけど。
  1. 2006/03/29(水) 14:29:15 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

いや、関ヶ原なのかも(笑)

まぁ、”K-1”にしろ、”PRIDE”にしろ、”WBC”にしろ、”ワールドカップ”にしろ、一応”豪華メンバー”を揃えての”天下取り試合”という意味で考えれば、もっとも当てはまる”合戦”は”関ヶ原”なのでしょう。この”天下分け目の大戦”という”ブランド性”はどれもあるんですけど、やはり”一武将”としての”意地”と”プライド”、そして”ロマン”を感じるのは”川中島”の方で、こちらはプロ野球、プロサッカー(Jリーグ)、そしてプロレスの”リーグ戦”の方ですね。

でもって、”プロレス”の方でいえば、NOAHに関しては、「NEW JAPAN CUP」のスレのエディ氏のコメントでも書かれている通り、”通常の試合”が既に”川中島の戦い”になっています! しかし、新日の場合はもはや何が何だかわからない”応仁の乱”と化してますよね(猪木主導の”格闘技路線”辺りから(苦笑)) 

まぁ、”関ヶ原”の方が見ている方はわかりやすいし、”メンバー”も”豪華”です。そして、この”戦”も半日ぐらいで決着がついてしまったあっけない戦だったんですよね。でも、”ネームバリュー”は”歴史的合戦”の中では”最大級”ですからね。それが、現在のスポーツでは”野球”の方では”WBC”のようなもの、”サッカー”の方では”ワールドカップ”のようなもの、”格闘技”では”K-1”や”PRIDE”の方が世間的には盛り上がっています! 各スポーツ界における”世界一決定戦”を行う訳ですから、世間の”注目度”は、国内での”リーグ戦”より集まるのでしょうね。けど、殆どは”俄かファン”ばかりである事も確かなんですよね。”通のファン”は、むしろ国内における”リーグ戦”、あるいは”巡業試合”を重視します。まぁ、当然の事でしょう。しかし、現在、こういったファンがどの”ジャンル”においても減っているのは事実です(悲) 未だに”高い人気”を誇っているのは”大相撲”ぐらいですよ。

”グローバル化”による選手の”海外”での飛躍や、”デジタル化”及び”IT化”による”メディア”の拡大は結構な事だと思います。されど、それによって”大事な何か”を失いつつある事もまた事実です。”世間”の多くが注目するも、その”熱”が何か薄っぺらくも感じられるんですよね。確かに盛り上がるんですけど、結局の所「日本は勝った!? それとも負けた!?」程度の会話でしか盛り上がらず、もっと”具体的”な奥深い会話で盛り上がる事はまずありませんからね。やはり、こういった”ファンの奥深さ”を植えつけるには、国内での”長いスパン”における”リーグ戦”もしくは”巡業試合”を行って、そこで”紆余曲折”のある”ドラマ”を構築しなければ駄目なんです! これが、日本における”伝統的スポーツ”のあるべき姿だったと思うのですが・・・。
  1. 2006/03/29(水) 22:32:59 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/233-540373fe

スーパーpsy野神

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。