コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

昨日のHIRO’S、結果

【HERO'S 2006】
〈日程〉3月15日
〈会場〉日本武道館
〈観衆〉8,770人(満員御礼)

(第9試合)
○所英男(1R 0分49秒 三角絞め)池田祥規●

(第8試合)
○須藤元気(延長R終了 判定3-0)オーレ・ローセン●

(第7試合)
○キム・ミンス(2R 1分32秒 スリーパーホールド)山本宜久●

(第6試合)
○秋山成勲(2R 1分41秒 袖車絞め)石沢常光●

(第5試合)
○ヒース・ヒーリング(2R 1分55秒 KO)ゲーリー・グッドリッジ●

(第4試合)
○宇野薫(2R終了 判定3-0)リッチ・クレメンテ●

(第3試合)
○宮田和幸(1R 3分59秒 腕ひしぎ十字固め)エリカス・ペトライティス●

(第2試合)
○ジェロム・レ・バンナ(1R 2分04秒 右フック→KO)ジミー・アンブリッツ●

(第1試合)
○メルヴィン・マヌーフ(1R 2分51秒 TKO(ドクターストップ))大山峻護●

(オープニングファイト)
○アントニオ・マッキー(2R終了 判定3-0)國奥麒樹真●

あぁ、ショック! ”ビデオ録画”するのをすっかり忘れてしまいました!(涙) おかげで須藤の試合の途中からしか見れませんでした(汗)

須藤は、やっぱり”K-1ルール”で戦わないと光らないのですかね? ”トリックスター”という名は”K-1ルール”だからこそ通用するのであって、”総合ルール”だと大概”苦戦”を強いられてますからね。”小手先”の誤魔化しじゃなくて、もっと”実践的技術”を付けないとまずいのでは?

宇野VSクレメンテですが、クレメンテという選手も中々いい選手ではないでしょうか。"体重オーバー”で"1点減点"されたようですが(苦笑) でも、HERO'Sならではの"ハイレベル"であるが故の"不完全燃焼"に終わった感じがしますね。 

所はやっぱり凄いですよ! 相手も"極真”の強者だったのにさすが"スピード"に長けた所は相手が攻撃する前に懐に入って行って見事な"三角締め”で勝利しましたからね。この「HERO'S」という大会を現時点で引っ張っているのは紛れもなく所ですからね。

山本はやっぱり"パフォーマンス"的な事だけで、肝心な"試合"の方はからっきし"駄目"ですなぁ(呆) 永田に挑発したのは一体なんだったんだ?

カシン、もとい石沢も出てたんですね。見たかった(悲) 石沢もかなり頑張っていたようですけど、秋山の”底力”は計り知れないものがありますからね。”柔道選手”にしては”打撃”も上手いし、これだけ”器用”に動けて”総合格闘技”というものに適応できている選手は他にいるでしょうか?

あとは、ジミー・アンブリッツ、まだいたんですか? 新日の”格闘技路線”の頃に猪木が発掘してきたそれまで”無敗”と称した胡散臭い選手(汗) ”格闘技路線”のために無理やり連れて来られた可愛そうな選手だったことは事実! そして、今度はHERO'Sの方でバンナの”噛ませ犬”というこれまた可愛そうな役割をさせられている訳ですね(哀)

う~む・・・、やっぱりこの「HERO’S」という大会は何だかしっくり来ない大会ですなぁ(汗) やっぱり”軽量級”だけでやった方がいいのでは?
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/03/16(木) 21:50:39|
  2. 格闘技情報|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2
<<全日本、「2006 チャンピオンカーニバル」出場者決定! | ホーム | BIG MOUTH LOUD、3.22、後楽園大会カード決定!>>

コメント

こんばんは!TBありがとうございます!石澤残念でした。勝って欲しかったんですが、秋山のほうが上手でした。アンブリッツは、新日本の時と同じような感じでした笑。
  1. 2006/03/18(土) 22:39:06 |
  2. URL |
  3. H.T #-
  4. [ 編集]

”プロレスラー”ケンドー・カシンと、”格闘家?”ジミー・アンブリッツ

ケンドー・カシンこと石沢常光は”プロレスラー”としては”トリッキー”なプロレスを我々”プロレスファン”を楽しませてくれますが、彼の”実態”は”元アマレス選手”ですから、当然ながら”格闘家”としての”資質”も持ち合わせてるんですよね。ですから、”総合格闘技”の方でもそれ相応の”戦い”が出来るんですよね。でも、今回の秋山はかなりの”難敵”だったことは確かでしょうね。

一方、ジミー・アンブリッツは、猪木が新日で”格闘技路線”を敷いたはいいけれど、新日の選手たちが本格的な”格闘家”相手に次々と敗戦してしまったため、その”苦肉の策”として”噛ませ犬”として連れてこられた”悲劇の選手”だったのでしょうね(哀) かつて、新日が苦しくなった時に、必ず”前評判”だけはいい”似非大物外人”を連れてきては”失敗”していましたが、その”格闘家バージョン”がアンブリッツだったのでしょう。
”格闘技”でもジョシュにあっさり破れ、”プロレス”もからっきし駄目で、そして今度は”K-1”に拾われたは良いが、そこでも結局はバンナの”噛ませ犬”に使われる始末ですからね(哀) もはや、K-1や総合でも”行方のわからない真剣勝負”に限界が来てますから、こうした明確な”負け役”も必要になってきた、と言う事ではないでしょうか?

それより、モンターニャ・シウバはもう出ないのか? 僕は彼は結構素晴らしい”素質”を持っている気がするんですけどね。
  1. 2006/03/19(日) 09:56:18 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/228-c052c01a

「HERO’S 2006」をTVでみた!

 「HERO’S 2006」をTVでみました。放送順に感想をかきます。 ○宮田 和幸(1R 腕十字固め)●エリカス・ペトライティス  宮田完勝でした。終始優勢。所に勝
  1. 2006/03/18(土) 22:34:14 |
  2. 日刊H.T

スーパーpsy野神

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。