コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本日のNOAH武道館大会結果

【Navigate for Evolution'06最終戦】
〈日程〉3月5日 試合開始17:00~
〈会場〉日本武道館
〈観衆〉16,600人

(GHCヘビー級選手権)
○秋山(王者)(28分15秒 リストクラッチ式エクスプロイダー→体固め)鈴木●
※秋山が初防衛に成功!

(GHCJrタッグ選手権)
○日高、藤田ミノル(挑戦者組)(26分51秒 ショーンキャプチャー→レフェリーストップ)●金丸、杉浦(王者組)
※日高&藤田組が第3代GHCJrタッグ王者に!

(世代抗争シングルマッチ)
○小橋(21分57秒 リストクラッチ式バーニングハンマー→体固め)KENTA●

(世代抗争シングルマッチ)
○三沢(18分35秒 エルボーバット→片エビ固め)森嶋●

(世代抗争シングルマッチ)
○丸藤(13分23秒 完璧首固め)田上●

(世代抗争シングルマッチ)
○力皇(8分19秒 無双→体固め)小川●

・・・etc

なんだかなぁ・・・(汗) まず、金丸&杉浦、負けちゃったじゃないですか(悲) やっぱり日高は凄すぎる! 体は小さいのに、正直強い! 巧い! ”次期GHCJr挑戦者最有力候補”にもなるんじゃないでしょうか? それに、このまま行くと”GHCタッグ(ヘビーの方)”も獲っちゃうんじゃないでしょうか。森嶋、ホントウカウカしてる場合じゃないぞ!

で、その森嶋も負けちゃいました(悲) ここは勝たなきゃ! これじゃ本当に”Jr”に超えられちゃうよ(汗) こうなったら、あえて森嶋の方から日高&藤田組を”次期GHCタッグ挑戦者”に指名して、そして、堂々日高を”血祭り”にあげるしかないでしょうなぁ。”ヘビー>Jr”をアピールするためには! どこの団体もそうだけど、”ヘビー”がしっかりしないでどうすんだよ!!

でもって、田上も丸藤にあっさり負けてしまいましたね(苦笑) まぁ、”本気”か”ワザと”かは良くわかりませんが。

力皇は確かに勝ちました。でも、普通に勝ってどうすんの(呆) 「破壊しろ!」ってあれだけ言ったのに・・・。”秒殺”でも良かったけど。これじゃ、まだまだ力皇と森嶋にはこの先思いやられますなぁ(虚) それに比べて、”Jr”がどんどん”いいもの”見せちゃってるじゃない(汗)

まぁ、秋山と小橋はちゃんと勝ってくれたので良かったです。でも、KENTAは小橋に”リストクラッチ式バーニングハンマー”を出させたんですから、それだけ小橋が手こずった、という事ですよね。やっぱり、今や”格闘技”の方も含めて”軽量級”の時代なんですかねぇ? 
秋山VS鈴木は、とにかく今夜の放送を見るしかないですね。”凄い試合”が展開された事を期待します!

いずれにしても、「ヘビー何やってるんだ!!」に尽きますなぁ(悲)
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/03/05(日) 21:58:10|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:7
<<K-1 WORLD GP 2006 ニュージーランド大会結果 | ホーム | 5.05、PRIDE無差別級トーナメント開幕!>>

コメント

コンバンハ~(*´∀`)ノ

いきなりですけどコメント書かせてもらってます^^
マッハで稼ぐアフィリエイター・晴義といいます~☆
また立ち寄らせてもらいますね♪
よかったら僕のブログにも寄ってみてくださいな(*'-'*)
  1. 2006/03/05(日) 23:02:30 |
  2. URL |
  3. マッハで稼ぐアフィリエイター・晴義! #-
  4. [ 編集]

野神さんこんばんは~。
秋山対鈴木みのる、録画して観ましたよ。

私は小橋対健介のチョップ合戦も去年ライブで観まして、その時にとっても感動したのですが。
今回は録画ビデオで観たにも関わらず、秋山とみのるの張り手合戦の方がより感動しましたね。
なんでやろうと思って観ていたのですが。
小橋対健介の方が闘いの場所から私が(距離的に)離れていたから今一迫力が伝わらなかった?
闘っているレスラーに対する思い入れが
鈴木みのると秋山への方が強かったからか?
本当のところは自分でもわかりません。
ただ思うのは、二人ならもっと全然違う闘いも見せられたはずですよね。
今回のは今回として、違う闘いをもう一度観てみたいと思いました。

試合後秋山に呼び止められてリングの方を向いたみのるの表情がとてもリアルで、あの時のみのるの気持ちを全て語っていたように見えてよかったです。




  1. 2006/03/06(月) 22:56:00 |
  2. URL |
  3. みい #-
  4. [ 編集]

闘いはまだ続くのか・・・

秋山VS鈴木の”ビンタ合戦”ですが、僕は”アリ”だと思います。確かに、高山は「今こういうのはやってるねぇ。」とちょっと”引き気味”に言った後、「この二人はもっとスマートなレスリングが出来るのに何でこんな事やるのかね?」と呆れた感じで語っていましたけど、これはお互いの”意地”の見せ合いであり、それから小橋VS健介戦を越える”名勝負”にしたかった、というのもあるし、もっと言ってしまえば、この試合での秋山が脇腹を”負傷”していた事。あれでは、”正攻法のレスリング”なんて出来る状況ではなかったと思います。

試合後、秋山がとっさに「俺達まだまだ終わらないよな?」と鈴木に問いかけたのも、秋山にとっては”不完全”に感じたからではないでしょうか。やはり”万全”な状態で挑みたかったのでしょう。それに対して、鈴木はおそらくこれを”最後”にしたかったのでしょう。「秋山が遠くからはしいて来た姿はジャンボ鶴田さんに見えた。でも、あいつの”ジャンピングニー”は紛れもない秋山準のものだ!」と切実に語っていたのがとても”意味深”でしたね。あれが”別れの言葉”だったのでしょうか?

まぁ、鈴木は”フリー”ですから、まだまだ他に上がるべきリングもあるのでしょう。前田と船木が去ったBIG MOUTH LOUD辺りにそろそろ顔を出すのかな? まぁ、全日やハッスルはないでしょうけど。特にハッスルなんて行って欲しくないし、もし行くんだったらあの”胡散臭い体制”を徹底的にぶち壊して欲しいですけど。

でも、やはりこの両者の”闘い”はまだまだ見てみたいですね。今度はもっと”正攻法なレスリング”の対決を見たいです!
  1. 2006/03/07(火) 06:11:29 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

モリシ擁護論。

 森嶋はここで辛酸を舐めるべきです。
 
 野神氏のブログにも以前登場していた「ジュテーム氏」を覚えていますか?いや、覚えていて下さい。この方を私は是非「氏」とお呼びしたい。

 http://shunkashuto.blog10.fc2.com/

 私、彼のリポートを見てモリシはちょっと年齢的に遅かったけど「小橋道」を歩むんだなって感じました。
 強い相手に一回目で勝てなくても良い。
 今回は、武道館全部を味方に付けたという「結果」が出たそうです。

 勝敗よりも背中を押してもらえる雰囲気。

 新日本の若手にはありません。
 力皇にもそれがあった時期もありましたけど、活かしきれませんでした。

 モリシは武道館クラスでその声援をもらえるようになった。これが、今大会のメインイベントだったようです。どうやら。

 それを受けて立つ三沢がまた鬼だったそうです。久しく鬼の三沢に遭遇していなかった私たちに鬼を降臨させたモリシ。

 あまり責めないでやってください。
 モリシはこれから3年でビッグバンしますから。


 メインの試合、テレビで見ましたが確かに観客はグッタリしてました。
 試合を純粋に評価すれば、あばら骨折してる秋山が何かの動作をするたびに痛がったりせず、また、鈴木もそこを堂々と攻め立てて観客のヒートを誘う展開だったのですが・・・パンクラスの打撃は100発打ち込んでも秋山というレスラーをKOできない程度だったのか?・・・って疑問が残りますよ。私には。

 鈴木みのる をNOAHの1レスラーと位置づけたらそれは感動的な試合だったかもしれません。確かに説得力十分の試合でしたし、それに文句もありません。

 しかし、試合の冒頭で宙吊りスリーパーで秋山を落とした鈴木はUWF→藤原組→パンクラスでやってきた物をプロレスアレンジしたものでとても好きですが、張り手「合戦」はちょっと。

 モーリス・スミスとキックルールで戦った時の打撃特訓とか、永田を張り手一発で落としたりとか、そういう鈴木を見て来ているだけに、こだわりを捨てて秋山と「打ち合い」した鈴木にちょっとガッカリ。

 あばら骨を骨折してる秋山が異常に強かったと受け止めれば良いのだろうか?

 最後のヒザ蹴り→リストクラッチエクスプロイダーは、あんなの喰らったら帰り道で倒れて当然です。
 
 ビンタ合戦は・・・痛さが伝わってきます・・・「4歳児でもできるけど、4歳児にはここまではできないよね」と高山がナイス解説してましたけど、ハッキリ言って普通の成人男性にもできません。
 
 そういうのを「作り上げる」のを拒否して我流の試合をする鈴木みのると、怪我してない秋山の再戦を心から望んでます。

 
  1. 2006/03/07(火) 06:37:38 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

いやいや(笑)

早とちりしちゃいましたね(汗) 僕はあくまでも”結果”のみで判断してしまったため、森嶋を厳しく書き、KENTAを褒めるような事を書いてしまいましたが、全くの”逆”だったようですね。

森嶋は確かに負けはしましたけど、三沢を”高山戦(GHC戦)”以来の”本気”を出させ、そして会場中を”味方”につけました。それだけでも”大収穫”ですよね(笑) 是非今度は”勝ち”をもぎ取って欲しいです。この放送も早く観たいです!

でもって、小橋の方がどうも駄目だったみたいですね(苦笑) 自分より遥に体の小さいKENTA相手に”苦戦”した挙句、通常”超大物”相手にしか出しちゃいけないはずの”リストクラッチ式バーニングハンマー”を出しちゃったんだから、これってある意味KENTAの”売り出し?”ってちょっと勘ぐる事も出来ますよ! 田上もそうだけど、僕は田上が丸藤に負ける事はある意味予想していましたし、そうなるとどう考えても”会社ぐるみ”で丸藤とKENTAをプッシュしているようにも思えるんです! いや、もしくはこれらは力皇や森嶋を”本気”にさせるための”演出”なのかもしれませんが。

鈴木は、確かに宣言どおり”ビンタ100連発”をそのままやっちゃいけませんよね(笑) それをやると見せかけて、途中で裏切って秋山のペースを大きく崩すぐらいの事をしなくちゃ鈴木らしくないです! やっぱり鈴木にとっては”シナリオ”は破るためにあるもの。その通りに試合を運んじゃいけませんよね。いずれにしても、次回は”万全”な形で”再戦”を期待したいです!
  1. 2006/03/07(火) 23:01:05 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

こんちは!

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/で取り上げられていたので、見にきました。僕もブログをはじめようカナと思っています。又見に来ますね(^^)ノシ
  1. 2006/03/07(火) 23:03:32 |
  2. URL |
  3. 鈴木 #-
  4. [ 編集]

鈴木さん、ようこそ!

Yahoo!のサイトの”ブログランキング”でもこのようなブログがちゃんと載るんですね(笑) まぁ、”最新記事”と書いてあるから、どのブログでも載るのか(汗)

てな訳で、ブログはじめてください! 時々面倒臭くなる時もありますが、慣れると面白いですよ!
  1. 2006/03/07(火) 23:13:36 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/220-d4a65abd

三沢の鬼と森嶋の意地。

 試合中、何度も首がぶっ飛んだと思った。 三沢vs森嶋のテレビ放送を見た。 三沢の首がボンボン跳ね上げられる。森嶋のラリアートで。ハンマーパンチで。 頭が何度も潰れ
  1. 2006/03/14(火) 05:46:15 |
  2. フクフク丸のあずましいblog

スーパーpsy野神

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。