コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

人種の謎

僕は常々”人種”というものに一つ”疑問”を持っていました。”人類”はアフリカ大陸を”起源”とし、人類の”ルーツ”は”黒人”で、そこからヨーロッパに渡った一派が”白人”となり、アジアに渡った一派が”黄色人種”とされてきました。そこまでは良いのですが、どうしてもわからなかったのがオーストラリアの”アボリジニ”、南太平洋の”メラネシア人”、南インドの”ドラヴィダ人”などの所謂”オーストラロイド”と呼ばれる一派の存在です。彼らは一見”黒人”のようで”黒人”ではない。でも、”黒人”とは”無関係”とも思えない。しかし、これまでの”人類学”では、彼らはアフリカからの”距離”からして”他の人種”を経た後に進化した人種、と考えてきました。”アボリジニ”の”身体的特徴”から”白人説”が出たり、それから”遺伝子工学”の発達から”DNA鑑定”により彼らが”黄色人種説”が上がったりしていました。しかし、”白人”よりはかなり”古い人種”の特色があるし、”黄色人種”的なDNAを持つのはその後彼らと混血した”黄色人種”と関係があるのでしょう。それに、そもそも”アボリジニ”、”メラネシア人”、”ドラヴィダ人”、それぞれが異なった特徴を持っていますので、いずれにしても彼らの本当の”ルーツ”がこれまでははっきりわからなかった事は間違いないでしょう。

で、今日、パソコンTV「GyaO」で「ジャーニー・オブ・マン」という番組を見ていたのですが、そこでは人類の”ルーツ”の”新説”を発表していました。まず、現在の人類(ホモ・サピエンス・サピエンス)の厳密な”ルーツ”となる一派がアフリカ南部の先住民”サン族(俗に言うブッシュマン)”である事を着きとめ、その中でそれを証明する”DNA”の”証”を持つ者(マーカー)を”系譜”など調べて特定し、実際に”DNA鑑定”で実証しました。彼らは”アフリカ黒人”の中でも”最古”とされる一派で、”身体的特徴”をみても、”黒人”でありながら”肌の色”は他の黒人よりも薄く、”顔立ち”も”平坦”で”切れ長”の目を持っている事から”黄色人種”に通ずるものがあります。

しかし、そこから”別の一派”が派生(おそらく次に古いとされるピグミーか?)。 彼ら(の一部?)が、最初に”アフリカ大陸”を出て、中東、インドの海岸線を経て、当時”氷河期”によって”陸続き”であった”オーストラリア大陸”に移動した、と発表。その”証拠”を着きとめる為にオーストラリアに赴いた取材班は、そこでは”マーカー”を見つける事が出来ず、そこまでの”中間点”に当たる南インドにてその”マーカー”を発見。これによって、僕がこれまで”疑問”に思っていた”オーストラロイド”と呼ばれる人種の”謎”がほぼ解明されたといっていいでしょう。彼らはあくまでも”アフリカ黒人”から最初に分かれた”黒人”と極めて近い人種、という事になるでしょう。そして、”アボリジニ”、”メラネシア人”、”ドラヴィダ人”の”特徴”が異なるのは、その後他の人種との著しい”混血”があったから、と考えて良いのでしょう。この中で、その”ルーツ”に最も近いのは、その”特徴”からして”メラネシア人”と考えるべきなのでしょう。事実、彼らの周辺には”ネグリート”と呼ばれる”ピグミー”とよく似た人種が存在するようですから。

ついでに、その”続き”はというと、今度は”アフリカ大陸”から”中東”に渡った一派が現れた訳ですが、ここからがこれまでの説とは少し違いました。従来は、そこから”北”へ向かった一派が”白人”となり、”東”へ向かった一派が”黄色人種”になったと考えられてきました。しかし、この番組では、”白人”は”中央アジア”を迂回する形で”ヨーロッパ”に渡った、と発表。”中央アジア”の”キルギス族”にその”ルーツ”の直系である”マーカー”を発見しました。彼らは従来”白人”と”黄色人種”の”混血”と考えられてきましたが、こうした”事実”が解明された事により、本当はこの両者の”中間人種”という事になるのだろうか?

そして、そこからアジアに渡って”黄色人種”となった一派の中から”ネイティブアメリカン”が派生したと発表。シベリアの”チュクチ族”からそのルーツの血を引く”マーカー”が発見されました。彼らが、やがて”南北アメリカ大陸”全体に行き渡ったと発表されていました。そこでこの番組は終わったのですが、ここで新たな”疑問”が生じました。チュクチ族などの”シベリア先住民”と”ネイティブアメリカン”では特徴的にまるで違う事! ”ネイティブアメリカン”の”顔立ち”は、”ほり”が深く、どことなく白人との”混血”を伺わせます。まぁ、”黄色人種”がアジア各地に移動した際、そこに”定住”せずに”アメリカ大陸”に移動した一派がいたとすれば納得いくのですが、それまでの長い期間に本当に”姿”を変えずに”アメリカ大陸”に渡る事ができたのか?という疑問と、その後の”ネイティブアメリカン”の”文化”が”中東”と酷似する事(ピラミッドなど)を考えると、彼らは本当は”中東”から渡ってきたのではないか? とも考えられるような気がします。

もっとも、”人類発祥地”が本当に”アフリカ”なのかも良くわかりません。”中東起源説”というものもあるようだし、現に”聖書”ではあたかも”中東”が全人類の”中心地”であるかのように描かれています。位置的にも”中東”の方が世界全体に人類が行き渡るに最も適した場所だと思いますからね。ちなみに”アウストラロピテクス”はあくまでも”現代人種”とは別系統の”人類”ですからね。いや、最近の研究では、”類人猿”だった、という説もあるようですし。まぁ、それはともかく、ある程度こちらが納得できる”新説”がこの番組で取り上げられただけでも僕はうれしいです(涙)
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/01/15(日) 19:54:20|
  2. 超常現象、謎学|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<若き実業家の転落劇 | ホーム | お勧め新譜③ HELLOWEEN「Keeper Of The Seven Keys-The Legacy-(守護神伝-新章-)」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/195-538bfe83

スーパーpsy野神

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。