コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最強という名の十字架

”インディーズ団体との対抗戦”と謳われた新日本プロレスの1.04、東京ドーム大会「闘魂始動~Chaputer1~」は、新日勢の”惨敗”に終わりました。中邑真輔がブロック・レスナーに敗れ、中西学がジャイアント・バーナードに敗れ、棚橋弘至が柴田勝頼に敗れ、金本浩二が大谷晋二郎に破れ、”12人タッグマッチ”において藤波軍が長州軍に敗れました。しかし、”試合内容”がそれほど駄目なものだったのか?と言えば、決してそうではなかったと思います。今の新日本の状況を踏まえれば、今後新日が”再起”するための重要な意味が今大会の結果にはあった訳で、試合そのものも決してつまらないものではなかったはず。ところが・・・。

あらゆるサイトを覗いてもあまりいい書かれ方はされていませんでした。というよりも、事実上”大不評”だったといっても過言ではなかったでしょう。僕的には純粋にこれらの試合を見た感想は、ここ数年の新日本における”ドーム興行”や、昨年末の”格闘技イベント”よりは面白い!と感じました。されど、何故これだけ批判されるのか? その答えは、ずばり”負けた”からに他ならないんです。

新日本プロレスと言う団体は、かつては”KING OF SPORTS”を提唱した”ストロングスタイル”の団体で、常に”負ける事”が絶対に許されない団体でした。そうした”概念”はいつになっても全く変わらず、事実上”エース不在”の今日さえも”最強”の文字を背負い続けなければならない”宿命”にあります。でも、正直な話、今の新日本が「最強だ!」なんて思っている人なんてほとんどいないはずなんです。と言うよりも、もはやそんな”概念”をこの団体に求めるべきではないんです。しかし、いつか必ず”最強”の名前を取り戻して欲しい、と言う願望は誰しも抱いているでしょう。だったら、今回は”負け”でも良かったのではなかろうか? しかし、それでも多くのファンは”負け”を許さなかった。この事が、久しぶりに”プロレス”らしいいい試合を見せたにもかかわらず、予想以上の”酷評”をされる羽目になった事は間違いないのでしょう。

ぶっちゃけた話、現時点での新日本の選手は、”勝つ”までにいろいろな事を積み重ねる事の方が先決なんです。まずは、これまで以上に”練習”を重ね、通常の試合を一生懸命行う事で、団体の”地固め”をまずしていかなければならないと思うのです。その為には、彼らを叩きのめす存在がまず必要だと思います。それが本来は”大型外人選手”だったのではないでしょうか。それから、”他団体”からの”挑戦者”(かつての元国プロの選手やUWFなど)や、”団体内敵対勢力(維新軍団、平成維震軍、T-2000など)”だったはず。ところが、それがいつしか”格闘技系”の選手になってから”歯車”が狂い始めた訳じゃないですか。しかし、それが誰が何と言おうとつい最近まで続いていました。それが新日本の選手ひいては新日本という団体を狂わせた”最大の要因”だと思います。それが、今年はようやく全うな”プロレス主体”の”ドーム大会”に戻った訳ですよ。つまり、”闘魂始動”と謳われている通り、あくまでも今大会が”新体制新日本”の”スタート”であって、”終わり”じゃないんです! にもかかわらず、「もう新日は終わった。」みたいな事を今の時点で言われてしまうのはあまりにも哀れ過ぎます。

もう、こうなったら、中邑や棚橋が完全な形で”新日エース”となって、”主力選手”の多くが”大舞台”で確実な形で”勝利”を得られるまで、”大会場”での”ビッグイベント”は一切やらない方がいい! 余計な経費もかかるし、いくら一生懸命やってても勝たなきゃ”批判”を受けるのならば、”明確な強さ”が身につくまで、”余計な博打”には一切手を出さないで欲しいです! ”小さな会場”でもいいから地道に頑張って、客を感動させられるだけの試合を作れるようにして、そこからどんどん這い上がっていけばそれで充分だと思います。

何度も言いますが、今の新日は決して”最強団体”なんかじゃありません! だから、変に勝つ事ばかりが期待されても困るし、それのみで評価するには正直酷なくらいにまで成り下がっています。だから、今後新日本サイドもその事を重々自覚した上で、それ相応の方法で本格的な団体の”建て直し”を図れば、きっと近い内にも”最強”の名を取り戻す事が出来るはずです。ですから、今後は余計な事はしないでいいから、とにかく本格的な”強さ”を取り戻すためにも、”地道”且つ”一生懸命”真っ直ぐな”プロレス道”を歩んで欲しいのです。

「最強」の名を早く取り戻せ! 新日本!!

ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2006/01/08(日) 19:13:11|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:8
<<必見アーティスト⑤ 植村花菜「いつも笑っていられるように」 | ホーム | 1.04、新日東京ドーム「闘魂始動~CHAPTER1~」についての感想>>

コメント

にもかかわらず・・・

”バングラディッシュ興行”の計画があるようです(呆) しかも、その”黒幕”はどうやら猪木のようです(愕然) 

猪木はもう新日から手を引いたんじゃないのか? 大体、この間の”ドーム大会”がこけた矢先にこんな”大博打”をやってる場合かって! 第一、昔”北朝鮮興行”を成功させた事はありましたけど、あの時はまだ猪木が”現役”だったから何とかなったのであって、”引退”した後はどうなったか? ”ジャングルファイト”はどうなりました!? あれは”失敗”という話じゃなかったですか? それ以前に、ブラジルで”事業”に失敗して、多額の”借金”を抱えてたんじゃないですか? それが”原因”でユークスに”身売り”したのと違いますか!? それであなたは”株”を全て売りさばいたんでしょ! なのに何でこんな馬鹿げた”企画”立てるのかな?(呆)

それから、また、今回の”ドーム”の”失態”によって、ユークスの谷口社長がしゃしゃり出て来た模様。彼も当初は「経営面は全て任せます。」って言ったんじゃないのか!? でも、この”ドーム”が失敗したもんだから、今後は”マッチメイク”を長州一人じゃなくてユークスから”背広組み”を招いて”合議制”にするとか(呆) これじゃ、また「元の木阿弥」になっちゃうじゃないですか! しかも、馬鹿げた事に「NOAHと対抗戦させる。」みたいなことも言ってるようだし(大呆) まぁ、これはファンからの要望、と言う事になっているようですけど、本当に”ファン”でこんなこと言っている奴がいるんなら、そいつらを思い切りぶん殴ってやりたいですね! 今、そんな事をしたら、新日本は確実に潰れます!!

今、新日本は本当に”窮地”に立たされているんです! ”1”から建て直さなければどうにもならない所まできているんです! それなのに、”バングラディッシュ興行”だの、”NOAHとの対抗戦”だの言っている! 結局、選手も不甲斐ないのかもしれないけど、それを”扱う側”がやっぱり”馬鹿”なんじゃないか?としか思えません!!
  1. 2006/01/09(月) 20:06:33 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

はい。

 「ファンからのリクエスト」によると

 1・中邑をエースとしてしっかりさせてほしい。

 2・NOAHとの対抗戦で盛り上がって欲しい

 だそうで。
 
 不満点の「軍団抗争がわかりにくい」「試合内容が面白くない」あたりは何となく理解できるんですけど・・・上に挙げたファンのリクエストって、それ、ファンのリクエストじゃなく、ユークスのリクエストではないのでしょうか?

 1・確かに団体の機軸を作って欲しいという思いはあるけど、それに中邑を押しているのは「新日本プロレス」「ユークス」だけだと思う。だって、中邑の試合、面白くないもん。

 2・NOAHとの対抗戦。やってどうするの?目指すべき方向性が違いすぎます。
 例えばNOAHと絡むとして、上手く絡める新日本の選手って一握りだと思います。その中に中邑は入らないでしょう。
 
 そして、今やったらNOAHの色に飲み込まれます。確実に。
 全部上手いように秋山に持っていかれるさ。

 猪木は大きな花火を打ち上げるのは勝手にすれば良いですけど、それに新日本プロレスを巻き込むなってことですよね。

 猪木を神と崇めてる谷川さんとか、上井さんに協力を要請してみれば良いさ。・・・断られるだろうけど。
  1. 2006/01/10(火) 06:10:38 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

全てはユークスの策謀?

どうも、何か引っかかる! 猪木が突然株をユークスに売り渡し(というか厳密には預けたとか)、さっさと新日から”撤退”を表明。そして、”新オーナー”となった谷口社長も当初は「経営面はサイモン社長に任せます。」との事でした。その少し前にサイモン社長は長州を”現場監督”に復帰させ、”現場”における一切の指揮を長州に任せました。それによって”マッチメイク”も長州の独裁体制で決められるようになりました。とそこまではいいが・・・。

まず、本当に猪木は新日を手放す気でいたのだろうか? そして、ユークスは本当に”経営面”に一切かかわらないつもりだったのか? どうも、そこら辺が引っかかるんです。まず、猪木とユークスが裏でつながっている、という”噂”が浮上。そもそも、猪木がそう簡単に新日を手放すとは思えないし、現に未だに新日マットに上がり続けているのも不自然です。それに、”上場企業”で若い社長の谷口氏がこのまま黙ってみているとも思えないし・・・。

でもって、1.04、東京ドーム「闘魂始動~Chaputer1~」では、長州の”マッチメイク”により、そこそこの”カード”が組まれ、”試合内容”も確かに”新日勢”の多くは負けましたが、ここ数年の”ドーム大会”や昨年末の”格闘技イベント”よりは面白くも感じました。ところが、終わってみたら必要以上の”大批判”がファンの間から沸き起こる始末。そして、とうとう”新オーナー”谷口氏の口から「マッチメイクは長州の独裁体制から”フロント”を含めた”合議制”にする!」と発表! 加えて「ファンからは中邑のエース待望の声とNOAHとの全面対抗戦の要望があります。」とし、更に「ファンからは試合がつまらないとの声が・・・」とまで発表しているようですね。どうも話が出来すぎているような気がします! 

大体、今回の”ドーム大会”の”勝敗”なんて初めから予想がついていたはず。”予想外”だったのは試合回数の遥かに少ないはずの柴田に棚橋が負けた事ぐらいです。どうも、長州にそこそこ”豪華”な”マッチメイク”をさせて、そこで”ボロ”を出す事を想定したかのようにも思えます。そして、その後のファンからの必要以上の”大批判”。この半分ないし3分の1は”サクラ”だったのではないでしょうか。そして、その後の”ファン”からの”中邑エース待望論”に”NOAHとの全面対抗戦”。これも”ファンの要望”ではなく”ユークスの要望”、あるいは”猪木の要望”ではないでしょうか? まぁ、猪木だとしたら”NOAH”に関しては「インディーズとやらせるぐらいなら、いっその事NOAHと対抗戦やったらどうだ!」とうっかり口走った程度でしょう。まぁ、その辺の”真相”はともかく、いずれにしても谷口氏は”ファンの声”という事にしてしまったのでしょう。いずれにしても「団体の垣根を崩したい。」とも口走っているようだし。

その証拠に、実は新日だけじゃなく全日のほうも”異変”が起こっています。フロントの青木、渡辺らが退社し、新団体「KINGS RORD」を設立。それから、ジャマールが突如WWEに移籍。更にジャイアント・バーナードが突如新日へ移籍。そして、最後の”頼みの綱”であった曙もどうやら新日へ”正式移籍”をした模様! 道考えても、何か”裏”があるとしか思えない! これもユークスの仕業なのか!? そして、やがては全日を”吸収合併”するつもりでいるのか? 更に、新日とNOAHに”対抗戦”をさせて、おそらく”惨敗”が予想される新日をNOAHの”配下”に置く形でそのまま”吸収”、なんて事も考えているのではないでしょうか。だとしたらこのユークスの谷口という男、堀江や三木谷以上に”恐ろしい人間”かもしれません(汗)

大分長くなってしまいましたが、今書いた事は全て僕の”憶測”に過ぎませんが、もし”事実”だとしたらただ事じゃありませんよ! ある程度の事は予感はしてましたけど、ここまでの事を彼が本当に考えているとしたら、早いとこ何らかの手を打たないと正直ヤバいですよ!!
  1. 2006/01/10(火) 22:33:12 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

明けましておめでとう御座います。
これから東京ドーム大会が無くなって後楽園ホールクラスの会場に合わせてやっていくだろうからやり易くなると思います。前から選手たちは本当に頑張っていましたから。今回はゼロワンが来て喧嘩試合という形に・・・。これが新日ストロングスタイルの方向なのでしょうか。やっぱり猪木や藤波などの“レスリング”が見れたストロングスタイルは地球上から無くなるのでしょうか。
  1. 2006/01/11(水) 11:07:42 |
  2. URL |
  3. むぎ #-
  4. [ 編集]

ストロングスタイルは復興するか?

むぎ君、空けましておめでとうございます!

僕的には、先だっての”ドーム大会”は、あくまでも今後新日に”ストロングスタイル”を取り戻すための”きっかけ”に過ぎなかったと思うんです。それが、たまたま”ドーム大会”だったから”ヒンシュク”を買っただけ。現に、その翌日のZERO0-ONE MAXの興行に参戦した新日選手は”好成績”のようでしたし、8日の”ファン感謝デー”の試合も結構”好評”だったとか。そういった意味では、あの”ドーム大会”はちゃんと”次”に生きている、って事じゃないですか!

いずれにしても、これは”ゴング誌”にも載っていましたけど、今回の”ドーム大会”での新日勢の”大敗”は”想定の範囲内”だった、という事です。それなのに、何でここまで”批判”されなければならなかったのだろうか? ”1つ”は、”負け”という結果だけに捉われ騒ぎ立てた”俄かファン”が多かった事。”もう一つ”は、もしかすると”何者か”が仕掛けた”サクラ”の仕業ではなかろうか? そして、「待ってました!」とばかりに、当初は「経営には関わりません。」といっていた”新オーナー”の谷口氏がしゃしゃり出てきて、「ファンの要望で”中邑エース待望論”、”NOAHとの全面対抗戦”の意見がおおかった。」とか「ファンの多くは試合がつまらないって言っています。」などとぬかし、”長州体制”から自社(ユークス)の”背広組”を交えての”合議制”に切り替える方針を発表しました。何か、実は”シナリオ通り”だったような気がしてなりません! 

結局、「ストロングスタイルを取り戻して欲しい!」、「面白い試合を見たい!」といった”ファンの心理”を利用した”乗っ取り劇”を画策しているようにも思えます!
  1. 2006/01/11(水) 21:50:42 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

大きな試合の組み立て方。

 当初から「ドームでやるような内容じゃないですね」と言っていた通りだったということですね。

 ドームでやるんだったらやはりそれなりのストーリーライン、または「点」でやるにしても、もっと大きな花火を上げるべきだと思います。

 ストーリーラインの勉強はNOAHの白い恋人・秋山に聞けば良い。
 秋山がGHC戦線に絡んでくるとスポーツ紙のプロレス・格闘技欄で毎日「秋山」の文字が目に付くようになり、それに釣られるように当然王者やその周辺のレスラーの名前も連発されるようになります。

 先日のNOAH中継(北海道では1・4新日ドームよりも先に1・8NOAH開幕戦の映像が流れたという事実!)で、初っ端からいきなり田上を「12秒ピン!」その速攻も武藤がシャイニング・ウィザードを使い始めた頃に匹敵するほど強烈なランニング・ニー!(ジャンピング・ニーだと表記されてましたけども・・・)説得力十分です。

 その後、再試合を仕掛けて田上が恥かかされた分激烈な噴火しましたからね。

 これがビッグマッチをビッグマッチにするラインの作り方ですよね。
 プロレスの教科書みたいな男ですよホントに。秋山は。馬場さん・鶴田さんの最後の直系ですからね。教えを受けて、しかもその教えをバリバリ破ってますし。


 1年くらい秋山を新日本に出向させてやれば、凄く立ち直ると思いますねえ。
 
 
  1. 2006/01/12(木) 10:16:34 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

ストーリーライン・・・。

今の新日本にとって、この部分が最大の”鬼門”である事は間違いないですからね(哀) 現時点で、”ストーリーライン”がまともに作れそうなのは、”Jr”は大丈夫として、”ヘビー”では蝶野と西村ぐらいでしょう。でも、蝶野は何か”今更”という感が強いし、西村もやはり”脇役”というポジションが板についてしまってますからね。しかし、本来”主軸”でなければならない永田、中西、天山にそれを求めるのは”酷”だし、中邑や棚橋はまだその”段階”じゃないと思います。

で、秋山の”1年出向”の件ですが、かつて高山が2年ぐらい新日マットに上がっていた時期がありましたけど、その時にあまり変わっていなかった事を考えると、秋山が来た所でどうなるかは正直”微妙”ですね。ただし、あの頃はまだ”格闘技路線”真っ只中だった事と、当時の”主軸”が蝶野、それから永田を筆頭にした”第三世代”だった事を考えれば、現時点ではその座は中邑、棚橋に移行しつつあるし、”若手”も急成長しています。さらに、本格的に”プロレス路線”に復帰した現在なら、秋山にその”ストーリーライン“を学ぶ、という事ももしかすると”効果的”かもしれませんね。

いずれにしても、新日が他団体と違って”ストーリーライン”が作れない、ひいては”マッチメイク”がまともに出来ない最大の理由は、それらを全て”現場責任者”及び”フロント陣”に委ねてしまったからに他ならないと思います。しかし、”他団体”の選手は、いわば選手1人1人が”マッチメイカー”みたいなもんですからね。それによって、明確な”マッチメイカー”がいなくても、自ずと”マッチメイク”が作れてしまう環境になっているのだと思います。そういった意味では、今後”実験的”に選手達による”自主プロデュース興行”をシリーズとシリーズの合間にも必ずやらせるようにしたらどうでしょうか? そうすれば、いつか必ずちゃんと”ストーリーライン”を作れるようになるのではないかと思います。でも、こんな事谷口新オーナーは認めないのでしょうけど。
  1. 2006/01/12(木) 21:33:16 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

契約保留者が続出しています(汗)

今年の”契約更改”で契約書に”サイン”をしたのは、永田、中西、中邑、飯塚のみで、蝶野と吉江は”合意”には達したものの、”サイン”はまだとの事。その他の”若手以外”の選手が”保留”との事です(呆)

そして、”IWGPベルト”の”流出”の”厳罰”によって”年棒”を大幅に減らされた天山が”離脱”する可能性が出てきたとの事。まぁ、確かにそれはわからないではないけれど、”G1”を”2連覇”したにもかかわらず”IWGP”のコンデンターには中々選ばれなかったのに、”ベルト”を一度流出したからって”厳罰処分”はちょっとやり過ぎじゃないのか? その後、一応”ベルト”は取り返したじゃない。ちょっと、ここら辺の”会社”の対応は”疑問点”が多すぎますなぁ(呆)

もし、天山が”離脱”するとしたら、”後続者”も後を絶たないでしょうね。かねてから”離脱”の噂があったタイガー、”同期”で”反長州”の西村、元来”フリー扱い”だった邪道と外道、それから長州に”現場責任者あるいはその代行”を解任された平田と後藤、そして彼らの”盟友的存在”ヒロ斉藤・・・、彼らの”大量離脱”もありうるでしょうね(悲)

まぁ、いずれにしても、今の新日はこれだけ大幅な”縮小”をして、全日なみの”小規模”な所からやり直さなければどうしようもない所にきています。ここで、正式に中邑と棚橋を新日の”主軸”にして、永田、中西、真壁、矢野辺りを”ヒール”にして、山本、後藤(洋)辺りを中邑、棚橋の”対抗馬”にする形で”新体制”を作っていくのも良いかと思います。 
  1. 2006/01/18(水) 22:52:53 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/189-f9117932

新日本プロレスドーム大会から撤退

プロレス界の老舗「新日本プロレス」が、1月4日の東京ドーム大会を最後に、無期限でドーム大会から撤退した。かつては7万人を動因し、何れ上場(ナスダック※現在はヘラクレス)予定まで成長していた企業(団体)が、プロレスゲーム会社に乗っ取られてしまったのである。
  1. 2006/01/09(月) 02:35:16 |
  2. 格闘技@

スーパーpsy野神

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。