コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2005年プロレス界を振り返って・・・

下記のスレッド「今年2005年を振り返って・・・」でも書いた通り、今年2005年の”プロレス界”には大きな”衝撃”が走りました! そう、”破壊王”と呼ばれ、”IWGPヘビー級ベルト”の最多保持者でもあったかつての新日本プロレス90年代の”絶対的エース”橋本真也が、7月11日、”脳幹出血”によってこの世を去りました(悲) 享年40歳。多くのプロレスファンが”復帰”を期待していただけに、”日本プロレス界”には大きな”影”を落とした事は間違いないと思います。

しかし、その”反動”のせいかその直後の”盛り上がり”も確かに凄かったですね。橋本の”死”の約1週間後の7月18日、NOAHの東京ドーム大会「Destiny」では、”GHCJrヘビー級選手権”において”挑戦者”のKENTAが2難攻不落のJr王者”金丸義信を下して”第10代GHCヘビー級王者”に君臨し、”セミファイナル”に組まれた小橋健太VS佐々木健介の”シングル初対決”では、なんと”100連発チョップ合戦”という”記録”にも”記憶”にも残る新たな”伝説”を残しました。
それから、8月14日の「G1 CLIMAX 2005 決勝戦」において、亡き”盟友”橋本の”死”を背負った蝶野正洋が、”全線勝利”で勝ち抜いてきた”本命”藤田和之を懇親の”シャイニング喧嘩キック”で仕留めて見事”優勝”しました。試合後の蝶野の言葉「プロレスよ、ありがとう!」という言葉は全会場に鳴り響き、大きな”感動”を与えました。

それから、今年は「2005年プロレス大賞」の”MVP”に輝いた小島聡の存在も忘れてはならないでしょう。これまで、全日の”二大看板”であった武藤と川田に散々”駄目だし”をされ、戦っても常に”負け”という”屈辱”を味合わされ、そして迎えた2月16日、川田利明との”三冠ヘビー級選手権”において、終止川田に押されっぱなしだったものの、終盤懇親の”意地”を見せ、”ラリアット2発”によって川田を下し、念願の”三冠ベルト”を奪取し、名実ともに”全日エース”となりました。その4日後、新日本マットにおいてかつての”盟友”であり”ライバル”だった”IWGPヘビー級王者”天山広吉と”史上初”の新日、全日それぞれの”看板タイトル”をかけた”IWGP&三冠ヘビー級統一戦”を行い、59分45秒という”ギリギリ”の所で天山が力尽き、なんと小島が”三冠&IWGPヘビー級王者”に君臨する、という”快挙”を成し遂げました。その後、”IWGP”の方は天山にほぼ”情け?”に近い形で返す事になりましたが、”三冠”の方は現在でも防衛中。武藤、ジャマール、健介らを退け、”王者の風格”も身についてきました。彼と”同世代”である、天山、永田、中西ら”第三世代”の連中が新日マットにおいて”絶対的エース”として中々這い上がれないのを尻目に、”全日マット”に移った小島はのびのびと且つ堂々と”自分のプロレス”に打ち込めた結果、”絶対エース”の座を勝ち取ることが出来、今年の「プロレス大賞」の”MVP”にも輝きました!

その他、NOAHの”東京ドーム大会”で三沢と川田の”約5年ぶり”の”因縁のシングルマッチ”が実現しましたし、曙が”プロレスデビュー”を果たしましたし、”元WWE王者”ブロック・レスナーが新日本マットに上陸しましたし、やはり”WWEマット”における”スター選手”にして、かつて”2代目ブラックタイガー”として”新日Jr”の立役者としても活躍していたエディ・ゲレロが、本田美奈子が亡くなった直後”急死”する(悲)、という出来事もありました。それから、あまり書きたくないけれど、「ハッスル」の方ではインリン、和泉元弥、それからレイザーラモンHGが”プロレスデビュー”を果たすなどの”話題”にも満ち溢れていました。そんな中、新日本プロレスがとうとう”経営不振”となり、”プロレスゲームソフト”などを主に手がけるゲームソフト会社「ユークス」に”身売り”をする事になりました。それに伴って、かつて猪木に強引に新日を追い出される形となった長州力が”現場監督”に復帰! その影響によって来年の”東京ドーム大会”の”IWGPヘビー級王者”レスナーの”挑戦者”に内定していた藤田の突然のキャンセル、金本浩二の”退団表明”など、まだまだ新日本には”ゴタゴタ”が続きそうですね(汗)

そんなこんなで、今年の”プロレス界”にも良くも悪しくもいろいろなことが起こりましたが、来年のプロレス界は果たしてどうなっているのだろうか? 新日本プロレスは来年もちゃんと存在していられるのだろうか? まだまだ、行く先不安な”日本プロレス界”であります(汗)
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2005/12/25(日) 16:10:47|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0
<<原付と外車 | ホーム | 今年2005年を振り返って・・・>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/181-ed8c2878

曙が写真集?えっセーラー服・・・。

格闘技ファンの私が最初に購入した雑誌は「ゴング」だった。ミル・マスカラスの大ファンでもあり、華麗な空中殺法に魅了された。フライングクロスチョップ、マスカラスのドロップキックはまさに芸術。非常に美しいのである。ドロップキックは大抵の選手がやるが、完璧なドロ
  1. 2005/12/26(月) 14:14:13 |
  2. プールサイドの人魚姫

2005年を振り返って -蝶野正洋インタビュー-

スカパーのファイテングTVサムライの中の番組「ニュース侍!」で黒の総帥、蝶野正洋氏のインタビューがあったのでその話を書き出してみる。&gt;1/4日のドームに曙選手が参加されるとのことですが?やっぱり名前もあるし、プロレスを半年近くやっているのでどれだけの選手に
  1. 2005/12/31(土) 02:26:41 |
  2. 関西的日常

スーパーpsy野神

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。