コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本末転倒! マンション構造計算書偽造事件!!

僕は、以前ある住宅メーカーに勤務しておりましたが、その時も”構造計算書”の多少の”誤魔化し”はありました。まぁ、物を売る商売としてはこういった”危ない橋”も渡らなければならないのもなんです(悲) しかし、そういった事を暗黙の内に繰り返している内に、とうとう、取り返しのつかない所まで発展してしまいました(恐)

今月17日、国土交通省の発表により、千葉県市川市の建築設計事務所が、首都圏のマンション20棟とホテル1棟の耐震強度を測る”構造計算書”を偽造していた事が明らかになりました(汗) しかも、国指定の民間確認検査機関も偽造書類を見抜けず、このうちホテルを含む14棟が完成済みで、少なくとも川崎市と船橋市のマンション2棟が耐震基準に到達していなかった事が判明したとの事(怖) 鉄筋などの数が少なく、必要強度の3~7割で、震度5強程度の地震でも倒壊する恐れがあるそうです(呆)

偽造していたのは、千葉県市川市富浜の「姉歯建築設計事務所」を運営する姉歯秀次1級建築士(48)。このような”偽造”をした理由として、「コスト削減のプレッシャーがあった」と話している模様。”コスト削減”は分かるけど、これで何か起こった場合の”責任”はどうとるの、って! 現時点では、彼が”構造計算”に携わった物件は200件を越えているそうで、しかも、今ただでさえ”地震”が頻繁に起こるようになり、”関東大震災”の再来がいつ起こってもおかしくない、とまで言われているのにこのザマじゃぁ(呆) もし、近日”震度5”を越える地震が関東近辺で起こってしまったら、かなり多くの”死者”を出すのは必定! まぁ、僕が以前勤めていた会社でも、やはり”売上第一”の考えが強いあまり、”後先”の事を軽視してとにかく”売った者勝ち”みたいな方針をとっていましたが、それによって”信用”を失う事こそ最も”売上”に影響もたらす要因である事に何故”会社トップ”の連中は気がつかないんでしょうかね(呆) 

でもって、こういった”問題”が起こってしまえば、後は”責任”のなすりあい。何処の企業もそうでしょう。今回の件にしても、確認検査機関の「イーホームズ」の検査ミスのせいにしたり、はたまた”建築主”の株式会社ヒューザーのせいにしたり、姉歯氏本人は今度は施工に携わった木村建設の”圧力”によってやむなく計算書を”偽造”した上リベートを支払ったと言っているし、当の木村建設もそれによって”経営破たん”したとしてあくまでも”被害者面”して”責任逃れ”をしようとしているし・・・(困) まぁ、”大本”は”建築主”であるヒューザーですからね。でも、彼らはもはや”逃げ道”は無いですから、”偽造”があった全物件を106%との価格で買い取ると宣言したようです。この”姿勢”は潔いですが、この先一体どうなるのだろう? この会社の”信用”も当然落ちる訳だし、”経営的”にもかなり厳しくなるのは必定! 社員だって多く抱えてる訳ですから、今の”不景気”の時代に”再就職”も難しいし、新たな”問題”に発展するのは間違いないでしょうね。

そういう状況の中、とうとう”死者”まで出てしまいました(哀) 耐震強度偽装問題で強度不足が判明した神奈川県藤沢市と横浜市のマンション計2棟の設計を元請けした「森田設計事務所」の森田信秀社長(55)が26日午前11時半ごろ、同県鎌倉市稲村ガ崎の海岸の岩場で死亡しているのが見つかったとの事。ここまでここまで問題が大げさになれば”死者”が出るのも当然です。でも、それでもたった”2棟”の設計しか携わっていない人が”命”を落とす羽目になるなんて(哀) こういった”問題”が起こった場合に大概”犠牲”になるのは決まって”弱者”なんですよね(悲) 本当に”悪い奴”は、結局”判決”がずるずる引き延ばされて忘れたころに結局釈放されたりしちゃうんだから、本当にこの世の中”間違いだらけ”だよ!

いずれにしても、こういった”構造計算偽造”が行われた建築物はまだまだあるようで、今度は”マンション”ばかりでなく、地方の”ビジネスホテル”等も多くあげられているようです。僕は、”一人旅”をする時は結構ビジネスホテルは利用するので、この先正直不安です。ここへ来て、なんとか”景気”が上昇しつつあると言われているのに、こんな”問題”が起こったら、再び”景気”は急下降するでしょうね。もはや、この国は”新○本○ロレス”みたいに一度落ちる所まで落ちなきゃ駄目なのかもしれませんね(悲)
ブログランキングへの投票を是非ともお願いします!!

プログ人気ランキング

Bestブログランキング

人気サイト総合ランキング
スポンサーサイト
  1. 2005/11/27(日) 14:06:39|
  2. 社会|
  3. トラックバック:4|
  4. コメント:2
<<全日本「世界最強タッグ」その2 | ホーム | 12.31、PRIDE「男祭り 2005 頂-ITADAKI-」カード決定!>>

コメント

手抜き骨抜き

 世の中全体がババ抜き状態ですね。いつどんなモノをつかまされるのか分かったもんじゃありません。それが大きい買い物であれ、100g58円の輸入牛肉であれ。

 ジョーカーを発生させているのが誰とか、社会システムがどうとか言うのはもちろん、仕事に誇りを持てないような環境を、自分自身が作ってしまうのは、悲しい事だと思います。 
 
 仕事をシステマティックにこなすことで、そういう事に対する配慮を欠いていたと、姉歯さんも言っていますが、金のためや仕事のための仕事をしているからそうなるんですよね。

 多分、推測ですが、彼が初めて設計した住宅にお客さんが住んで、お礼を言われた時に、「この笑顔のために仕事してる」と誇りに思ったんじゃないかなって思います。それを忘れていくのが悲しいですね。
  1. 2005/12/01(木) 11:18:37 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

商売とビジネス

”商売”と”ビジネス”。同じようで何かが違うような気がします。”商売”という言葉は、なんとなく昔ながらの”商い”を連想させ、お客さんに対してただ単に”物”を売るだけじゃなくて、そこに”真心”がこもっていて、お客さんも商人に対して”感謝”の気持ちを持っている。これこそ”商売”の原点だと思います。

対して、”ビジネス”という言葉は、もっと組織的な”会社経営”を連想し、”生産性”をあ上げるために”コスト”の削減や”手軽さ”を重視するあまり、そこで出来上がった物一つ一つに対する”真心”は薄れ、とにかくそれを大量に売って”売上高”を上げる事が第一というセオリーが出来上がってしまったので、お客さんもある程度それを踏まえた上でそういった商品をごく当たり前のように買い、壊れればまた別の物を買えばいい、という具合に思うようになってしまっていると思います。

まぁ、現代の”会社”で作られている製品、食品何でもいいのですが、それが”安価”なものならお客さんもよほどの事が無い限りはあまり気にとめないと思います。”製品”であれば「どうせいつかは壊れるんだから別にこれでいいだろう。」といった程度で物を買う訳で、”食品”であれば「そこそこ美味しく食べられるんだったら安い方がいい。」という感じで”冷凍食品”や”パック売り”の食品をスーパーなどで買います。しかし、それが”高価”で、しかも”生活”が関わっている物だとしたら・・・それは”大問題”になりますよね(汗)

この、”国土”の狭いこの国にこれだけ多くの人々が住む様になってしまえば、”一戸建て”の家を立てるのはかなり”至難の業”です。そうなると”マンション”が手っ取り早いんですよね。しかし、そこで”手抜き”が行われていたとは(恐) 昔ながらの”商い”から現代の”ビジネス”へ移り変わるにつれて、扱う量も多くなり、規模も大きくなればなるほど”トラブル”を後回しに考えるようになります。”トラブル”の事より”売る事”の方が大事に考えるようになりますからね(汗) で、”小さい物”なら”トラブル”が起こってから誤魔化し誤魔化し対処すれば何とかなる部分もあるでしょう。しかし、”大きい物”だとそう簡単にはいきません。もし、”死者”が出たらどうすんの(呆) その場しのぎの”責任”じゃすまない訳ですからね。”金額”も大きい訳だし、買った人達に”会社側”がその金を払い戻せば今度は”会社”が危なくなる訳で、しかし一度失った”信用”は中々取り戻せないですから、そうなると”倒産”は避けられなくなるし、それでも”売上”を最優先に考え”後先”を考えないやり方をする現代の多くの企業の”お偉いさん達”の神経は完全に”麻痺”してしまったのは間違いないでしょうね。

このような問題が起こった以上は、”初心”に戻って”商いの何たるか”を今一度考え直す必用があるでしょうね。
  1. 2005/12/02(金) 00:24:36 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/165-38844b20

東急不動産のマンションで竣工図書と実物が齟齬

アルス東陽町は竣工図と実物に齟齬が見られる。事業主・東急不動産、施工・ピーエス三菱、設計・昇建築設計事務所、検査機関・イーホームズの杜撰さを示すものである。竣工図書は「網入型板ガラス(Dタイプ:2F洋室)×1、網入透明ガラス×6」と記述する(株式会社SHOW建築
  1. 2005/11/27(日) 14:51:18 |
  2. 東急不動産東急リバブル不買運動

耐震強度偽装で施工設計をした木村建設

マンション入居者に不安を与え続けるこの問題はやはりいい方向には進まない様子。...
  1. 2005/11/27(日) 21:51:23 |
  2. 住宅選び情報ナビ

耐震強度偽装ホテル宿泊体験記

耐震強度偽装が発覚し、現在休業中のエクセルイン渋川に宿泊していたことを思い出す。去年の10月ごろだったと思う。
  1. 2005/12/03(土) 12:43:38 |
  2. 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン

耐震強度偽装問題発覚後の建築業界

さて、姉歯元建築士の証人喚問も決まったようだが、小嶋”ナチュラルボーンヒール”進社長は相変わらず雲隠れのようだ。この間、ウチを建てていただいた建築会社の社長さん(大工の棟梁)が、柿などを持って訪ねてくれた。そのときにもこの話題が出たようで(自分が...
  1. 2005/12/14(水) 09:47:14 |
  2. リップノブログ

スーパーpsy野神

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。