コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ラーメンの話

フクフク丸氏の所で”音楽”の話題で盛り上がりましたが、先日仕事先の近くでラーメンを食べてふと思ったのですが、”ラーメン”というものも中々”曲者”で、これも人によってかなり”価値観”の違う物だと思いますので、こちらではこの”ラーメン”について取り上げたいと思います。

”ラーメン”には、大きく分ければ”しょうゆラーメン”、”みそラーメン”、”塩ラーメン”、”とんこつラーメン”があり、更に細かく分けると”とんこつしょうゆ”やら”和風だし系”等があり、麺の”太さ”も様々あります。まぁ、最近東京周辺で人気なのが”とんこつしょうゆ”や”和風だし系”だと思うのですが、実際の所は結構”賛否両論”あるようです。まぁ、”店”によって”味”の”良し悪し”があるからなんともいえませんが、でも、巷で「美味しい」といわれてる店のラーメンを平然と「まずい!」と言ってのける人も結構います。僕が先日行った店が丸の内線新中野駅の近くにある「青葉」(本店は中野駅)という店なのですが、そこは”和風だし系”で僕個人的には結構好きなんですけれども、うちの会社の人の間では今ひとつ”評判”が良くないようです(汗) しかし、どうもそういった人達は、何の変哲もない昔ながらの安っぽい”しょうゆラーメン”の方が好きなようなのです。これって、”音楽”と同じで”良質”とされているものが必ずしも”人気”につながる訳ではない、という事なのでしょう。やはり、”親しみやすさ”が肝心なのでしょうか。

よく、”ラーメン通”と呼ばれる人は、”だし”に何が使われているかわからないほど程よくブレンドされている物を”良し”としているようですが、それはやはり”玄人判断”でなければよく判らない部分もあり、”素人”にとってはある程度何の”だし”だか分からなければ”インパクト”にかける感じがするんですよ。しかし、それが反対に”余計な味”と感じる人もいる、という事なのでしょう。”とんこつしょうゆ系”でも”ピン”から”キリ”まであって、”とんこつ”を使用しているのは分かっても、それ以外に何か”複雑”且つ”まろやか”な味わいのあるものもあれば、いかにも”とんこつ”といった感じの”大味”な物もあります。僕は”前者”の方が好きですね。しかし、それが”とんこつ”の味さえも分からないくらい”ブレンド”されているものだと逆に”インパクト”に欠けるんですよ。でも、その”あくの強さ”が嫌いな人にとっては、それがわからないものの方が”好み”なのでしょう。しかし、そういった人が必ずしもその”素材”の良し悪しまで判断できるとは思えません。少なくとも、”素人”であれば、単純な”しょうゆラーメン”は”良質”だろうが”悪質”だろうがよほどの事がない限りは判断つかないと思います。

まぁ、”ラーメン”と一言いっても、これこそ”音楽”と同じで”好み”が人によってはっきり分かれますので、本当にどれが”美味しい”のか”まずい”のかって、それこそ”人の舌”によって異なりますから一概に言えなくなると思います。”濃い味”が好きな人もいれば”薄味”が好きな人もいるし、”しょうゆ系”が好きな人がいれば”みそ系”が好きな人もいるし”塩系”が好きな人もいる。”太麺”が好きな人もいれば”細麺”が好きな人もいる。もっと言えば、”化学調味料”を拒絶する人もいれば、それが入っている方が好きな人もいるんです。僕が思うに、”ラーメン”を”ロック”に例えれば、”こってり系とんこつorとんこつしょうゆラーメン若しくはみそラーメン”が”ハードロック/へヴィメタル”、”あっさりしょうゆラーメン”がストーンズ辺りの”正統派ロックンロール”、塩ラーメンが”純正パンク”(ここまでがお店のラーメン)、市販の生ラーメンが”邦楽売れ線ロック”、市販の”インスタントラーメン及びカップラーメン”がブルーハーツやゆず辺りの”インディーズ系邦楽ロック”、に相当すると思います。要するに、”こってり系とんこつしょうゆラーメン”を”最高”だ、と言ってはばからない人もいれば、”カップラーメン”がお店のラーメンよりも遥に好きだ、と豪語する人もいるはずです。これだけ”ラーメン”というものも実に奥深い食べ物なのだとつくづく感じますね。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/30(日) 07:56:59|
  2. グルメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<プログレッシブロック | ホーム | 特選アルバム(邦楽ロック編)① THE MODS「NAPALM ROCK」>>

コメント

勝負球と駆け引き

 「これを食べて欲しいんだ!」「これを食べてくれ!」っていう主張があって良いと思います「この味を好んでくれるお客さんと俺は真剣勝負したいんだ!」というのがこだわりだと思うのです。

 私の住んでいる田舎にもラーメン専門店なるものが結構あるんですけど、なんだか「な~んかサラリーマンはイヤだから、適当にラーメンでも作ってみるか~」みたいなのがヒシヒシと伝わってきて不味いんですよ。そういうのって、店の雰囲気にも出ますよね。「え~、来たの~?」「チェッ、こんな安いもん注文しやがって!」「オイオイ、最後まで食えよ・・・」みたいな
事はさすがに言葉に出さないまでも、従業員の態度ひとつでそこのラーメン屋の味も随分違って感じるのは私だけではないはず。

 私は、正統派ロックンロールと純正パンクですね。塩とかしょうゆが好きです。あれだけシンプルな中にどうやって深みと物語を込められるかが私にとってはラーメンのファンタジーですね。

 こってり系も嫌いじゃありませんけれど、いろんな味がお互いに濃すぎて最終的にバランスが取れなくなってニンニクでごまかしているという感じのラーメンがすすきの界隈の有名店には多いので、私としてはちょっと微妙な紹介をさせて頂くと、北海道の代表は旭川ラーメン(鶏がらしょうゆ)とか函館ラーメン(しお)、最近出てきた釧路ラーメン(煮干しょうゆ)といったところでしょうけど・・・

 最近出張で行った青森のラーメンはトビウオの焼いて干したヤツをダシに使った濃い目のしょう油味で美味しかったなあ。
 
  1. 2005/11/01(火) 09:55:46 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

それでもこってり系は大好きです!

確かに、ラーメンの味の”真髄”を味わうのであれば”醤油”か”塩”だと思います。でも、それを”基本”として更にそこへ”とんこつ”若しくは”味噌”の旨味と融合させ、その上にしっかり焼かれた分厚いけど柔らかい”チャーシュー”、”半熟卵”、”メンマ”、大きくて硬めの”海苔”等の”トッピング”を乗せ「これだ!」と思わせるような豪華なラーメンはかなりの”インパクト”がありますし、これを一度口にしてしまうと普通の”醤油ラーメン”若しくは”塩ラーメン”が物足りなく感じます。”ボリューム感”もありますし、直球の”美味さ”を感じます。それと同じく”音楽”の方でも”ハードロック/へヴィメタル”あるいは”プログレ”は僕的には”最高”だと思います!

しかし、店によってはその手の”こってりラーメン”でも”繊細”な味のものあれば、”大味”なものもあります。それだけ、色々な”個性”を混ぜ合わせている訳ですから、その”調合”によっては美味しくなったり不味くなったりします。

”とびうお”のだしを使うラーメンは長崎(若しくは佐賀)にもあるようですね。その系統の「西海」というラーメン店が我が市内に2件あります。でも、基本的には”とんこつ系”なので、その”濃い口しょうゆ味”の”青森ラーメン”も一度食べてみたいです。しかし、青森へ行く機会が中々ありませんからね(汗)
  1. 2005/11/01(火) 21:48:20 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/146-92a56d29

スーパーpsy野神

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。