コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

テレビドラマ「1リットル涙」

ただでさえ中々書き込む時間がない上に、”メール”が”飽和状態”になり過ぎて調子が悪くなり、それによってコンピュータ自体が調子が悪くなってとうとう書き込みが遅れてしまったのですが、フジテレビ系で火曜日に放送されているテレビドラマ「1リットルの涙」について書きたいと思います。

このドラマの主人公、沢尻エリカ演じる池内亜矢という少女が、ある日登校途中顔面を直接地面に叩きつけるように転んだ事をきっかけに、彼女が実は”脊髄小脳変形症”という、小脳が萎縮し神経細胞が破壊されることによって身体を動かす機能が次第に失われていくという”難病”に冒されていて、”治療法”はないに等しく、確実に進行するという”恐ろしい病気”と日々闘っていく、という内容のドラマです。まだ”2話”までしかやっていないので、この後どうなっていくのかはまだよくわかりません。

”原作”は主人公の”モデル”としてこの”難病”と戦い続けて僅か25歳で亡くなられた木藤亜矢さんが21歳まで書き続けた日記を元に作られた物なんですが、この”脊髄小脳変形症”という病気ですが、今自分の叔父もこの病気と似たような病気に冒されております。”病名”は忘れましたが一応”別”の名前だったのですけど、”症状”からすればおそらく同じ病気と言っていいでしょう。叔父も最初は”喋り方”がちょっとおかしくなって、最初は”風邪”かなんかだと思っていたのですが、どうも”脳の病気”だということが後で分かり、次第に体が思うように動かなくなって、最終的に我が家で預かる事になったのですが、現在は”言葉”も殆ど聞き取れない状態になり、事実上”寝たきり”同然となってしまいました。”原因”は、どうも”遺伝子異常”のようで、それ故事実上”治療不能”の病気のようですから、とにかく薬で何とかチラす以外治療法のない病気のようです(哀)

まぁ、”原因”のはっきりしていて”改善策”のある病気ならともかく、”遺伝子レベル”で治療しようのない病気なんてホント困りますね(悲) もはや”神”の力を持ってしなければ直らない訳ですから(まぁ、それで直れば問題ないのですがね(困)) いずれにしても”人間”による”現代医学”の範疇ではどうにも出来ない病気がまだまだ存在する、という事ですからね(笑) おそらく、僕がこのような病気にかかったとしたらその時点で”死”を選びますね。他人に”迷惑”をかけてまで無駄に生きるなら死んだ方がいい、とさえ思ってしまいます、このような病気にかかってしまったら。

でも、そのような”病気”に冒されてもこの”主人公”亜矢は最後まで病気と戦い続けて最後まで”生きる希望”を忘れなかった事は偉いと思いますよ。このドラマが今の”平和ボケ”して”身勝手”極まりない人間であふれかえっている日本という国に対して何を訴えるか、と言う所に期待したいですね。でも、この主人公亜矢が「どうして病気は私を選んだの?」というセリフ、本当にその気持ち分かりますよ。こんなものそれこそ”悪の限り”を尽くす連中にこそかかってもらいたいですからね! そう考えると、やはり”神”なんて存在しない、という事なのでしょうかね? それとも”悪魔”の仕業か? いずれにしても、世の中そう自分の都合のよいように行かないんだよ、という事をこのドラマは教えてくれると思います。いつ何時何が起こるかわからない。いつ自分がそうなるかもわからない。そういう”緊張感”の中で我々は必死に生きていかなければならないのだと思いますね。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/23(日) 16:41:58|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<「PRIDE.30」結果 | ホーム | 久々の長距離サイクリング>>

コメント

私の親戚の小父は(もう亡くなりましたが)、交通事故で脳を損傷して、記憶が出来なくなるという病気になりました。
自分が5分前に何をしていたかわからないだけでなく、自分自身が誰なのかもわからない。
勿論長年連れ添ってきた妻も子供も誰なのかわからない。
私達は自分が何を考えてどう生きてきたのか。それを認識する事によって自己を確立
しています。
また他者との関係から自己を認識もしています。
そういった事が全く出来なくなってしまうという現実が、ごく誰にでも突然起こりうるのだという事を小父は教えてくれました。
まだまだ原因もわからない病気がたくさんあります。
健康な時はそれほど意識していませんが、
ある日突然そうした病気(事故)にかかる可能性が、自分や自分の近親者、親・子・兄弟・親戚・親友・知人誰にでも起こりうるのだと言う事を肝に銘じて、全ての人への思いやりの気持ちを持って日々過ごしていきたいものだと思います。


  1. 2005/10/23(日) 20:02:24 |
  2. URL |
  3. みい #-
  4. [ 編集]

脳の病気、怪我

本当に”脳”をやられたらどうにもならないですからね(恐) ”脳卒中”、”脳溢血”、”脳腫瘍”、”くも膜下出血”・・・、これらの病気だって仮に”死”に到らなかったとしても、”植物人間”になったり、そこまで行かなくても喋れなくなったり、”記憶喪失”になったりしてホント始末におえないですよ(困)

あと、うちの祖母もそこまで行かないですが”老人性痴呆症”で家族が振り回されてしまってますからね(汗) 言った事が5分で忘れるし、作動している洗濯機のスイッチを止めて泡だらけの洗濯物を乾そうとしたり、仏壇に供えてあるお菓子などを食べてしまったり、その代わりに庭になっている”青い柿”を供えたり(呆) ”アルツファイマー”と”老人性痴呆症”とどう違うのか良くわかりませんけど、これも列記とした”脳の病気”ですからいずれにしたってタチ悪いですよ。

脳以外なら、いくら悪くなっても”意識”はしっかりしているから死に際まで家族と”会話”をする事も出来ますけど、”脳の病気”じゃそれすら出来なくなる訳ですからね(悲) まぁ、”働きすぎ”と”不摂生”には気を付けないと・・・。
  1. 2005/10/23(日) 21:02:15 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

本当に脳の病気は恐ろしいですよね。
若年性アルツハイマーというのもあるそうです。
まあそうなったらその本人はわからないので、それが唯一の救いでしょうか。
勿論、周りの人は大変な苦痛と努力を必要とされる訳ですが。
脳の病気だけは防ぎようがないですね。
唯一言えるのは、脳梗塞は水分不足から起きるという事です。
これは睡眠不足とかストレス、栄養不足よりも、はっきり水分不足から起きる病気です。
喉が渇いたと思った時は既に脱水症状だそうです。
水分は十分に補給してくださいね。
  1. 2005/10/25(火) 04:44:46 |
  2. URL |
  3. みい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/143-f6aec451

スーパーpsy野神

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。