コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新日東京ドーム「闘魂創造-NEW CHAPTER-」結果

(IWGPヘビー級選手権 3WAY戦)
藤田(王者)VS●蝶野(挑戦者)VS○レスナー(挑戦者)
○レスナー(8分08秒 バーディクト→片エビ固め)蝶野●
※ブロック・レスナーが第44代IWGPヘビー級王者となる!

(スペシャルタッグマッチ 新日本隊VSハッスルモンスター軍)
○棚橋、中邑(18分11秒 ドラゴンスープレックスホールド)川田、安生●

(IWGPJrヘビー級&NWA世界Jrヘビー級Wタイトルマッチ)
○ブラック・タイガー(NWAJr王者)(12分01秒 ツームストン・パイルドライバー→片エビ固め)タイガーマスク(IWGPJr王者)●
※ブラック・タイガーが第48代IWGPJrヘビー級王者となり、NWA世界Jrヘビー級との二冠王者となる!

(スペシャルシングルマッチ チームJAPANvs元WWE)
○モーガン(7分00秒 マウントモーガンドロップ→片エビ固め)永田●

(スペシャルタッグマッチ チームJAPANvs元WWE)
○中西、カシン(9分41秒 ヘラクレスカッター→片エビ固め)●ハース、ジンドラック

(IWGPJrタッグ選手権)
○稔、○洋央紀(王者組)(10分11秒 稔がフェリーノに高角度前方回転エビ固め・後藤がカサスに地獄車からの片エビ固めで同時フォール)カサス●、フェリーノ●(挑戦者組)

(スペシャル8人タッグマッチ 新日本隊vsZERO-ONE MAX)
○天山、吉江、飯塚、山本(15分05秒 TTD→片エビ固め)大谷、耕平、崔、神風●

(スペシャルタッグマッチ 新日本隊vsZERO-ONE MAX)
○高岩、佐々木(9分03秒 ラリアット→片エビ固め)金本、井上●

(スペシャルタッグマッチ 新日本隊vsリキプロ)
藤波、西村○(8分37秒 足4の字固め)長州、石井●

”IWGPヘビー”は、やはりレスナーが勝ちましたか! まぁ、これには当然”賛否両論”はあるでしょうけど、僕としてはこれで”正解”だと思います。やはり、現時点でPRIDEのヒョードル、ノゲイラ、ミルコに対抗できそうなレスラーはレスナーぐらいですからね。ここは彼に是非とも勝ってもらわなければ困りますから。しかし、果たして誰がレスナーからベルトを奪えるんだ? でも、今回は”3WAY”ですから今一度藤田との”シングル戦”が望まれるでしょう。

タナシンVS川田、安生は試合見てみないと良くわからないけど見え見えの結果ですなぁ(汗) せっかく”メキシコ”で修行したのにこのような取ってつけたようなカードでは何の意味もないのでは? どうせなら、彼らと”元WWE選手”を当てた方が面白くなったようにも思えます。

”IWGPJr”はタイガーが負けてしまいました(哀) こちらはタイガーが勝たなきゃまずいでしょうが! まぁ、今の(四代目の)タイガーならある意味許されちゃうのかもしれませんが、”初代”の時はこんな事絶対いけない訳ですから! それだけの”責任感”を佐山が負わされていた事を考えると”四代目”はちと気持ちがたるんでるとしか思えませんなぁ(呆)

それと、永田! こんな”デクノボー?”に負けてどうすんの(呆) っていうか、案外凄いレスラーなのか?マット・モーガンは。でも、以前フジ系の「WWE中継」を見た時はやっぱり”デク”だった気がしましたが(汗) そこへ行くと、中西は”実力者”であるチャーリー・ハースを葬っている訳ですからね。もっとも、カシンの”策略”あっての”勝利”でしょうけど(笑)

”IWGPJrタッグ”はなんとも珍しい結果になりましたね(笑) ”同時フォール”なんて! でも、よくよく考えてみると、”タッグマッチ”ってどちらか片方しか”試合権利”がない訳ですから”同時フォール”なんて本当はありえないはずなんですが、どうなんでしょう?

”新日本隊vsZERO-ONE MAX”の8人タッグは、あまりにもオーソドックスな結果に終わりました(汗) この”カード”は一体何の意味があったのでしょう?

金本、井上VS高岩、佐々木は金本組が負けてしまいましたけど、久しぶりに”新日Jr”に”活気”をもたらす内容の試合になったのではないでしょうか。”地上波”の方ではおそらく放送されないでしょうから、BS朝日の「闘魂スーパーバトル」の方で見てみたいですね。

藤波組VS長州組も、何だかな?という結果ですね(汗) 藤波と長州は果たしてどれくらいの時間戦ったのでしょうか? 殆ど西村と石井の絡みだったような気がしてなりません(汗)
ちなみに、長州は本日付で”現場監督”に復帰したとの事です(汗) 何でも、猪木曰く「若手を本気で怒鳴りつけられる人間が必要だ!」との事です。散々長州をコケにしておいて今更こんな事言われてもねぇ(呆) 猪木のこの”気まぐれ具合”はある意味”芸術品”ですよね(笑) しかし、今更長州に監督やらせた所でどうなる訳でもなさそうですし、何人かの選手の”反発”もあるとの事(汗) 蝶野が監督じゃ駄目なのか?

何はともあれ、今回の”新日ドーム大会”何か得る物はあったのでしょうか? IWGPヘビー及びJrという2つの”至宝”が”外人勢”に渡ってしまうし、せっかく”チームJAPAN”として波に乗っている永田もマッド・モーガンのような”ウドの大木?”にあっさり負けちゃうし、”メキシコ凱旋”のタナシンも”飼い殺し”同然の”カード”を組まれるし、”新日VSZERO-ONE MAX”も”Jr勢”はともかく”ヘビー”の方は”意味不明”だし、そして、おまけに長州が”現場監督復帰”って(呆) いつまで経っても"一貫性”のない団体である、という事を再確認できた事だけは確かなようですね(悲)
スポンサーサイト
  1. 2005/10/09(日) 00:07:46|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<音楽の秋 | ホーム | 病は気から 科学だけでは解明できない人体の神秘>>

コメント

昨日の放送

昨日の「ワールドプロレスリング」で、”ドーム大会”での藤田VS蝶野VSレスナーの”IWGPヘビー級選手権”と藤波、西村VS長州、石井の試合が放送されていました。

”IWGPヘビー3WAY戦”の方は、やっぱりレスナーは”格”が違うわ、と思いましたね。”パワー”も桁外れだし、”スピード”もあるし、また一見力任せにがむしゃらに戦っているようで、実はちゃんと試合の”流れ”をちゃんと見てるんですよね。そこそこ”インサイドワーク”もあるのではないでしょうか。ダテに”WWE王者”に3度も君臨した訳じゃない事が分かりました。しかし、”ブランク”があったせいか、やや”スタミナ”が切れるのが早かったようにも思えました。
あの藤田さえレスナーの”パワー”には完全に圧倒されていましたからね。でも、この後一体誰がベルト獲りに行くんだ? 結局、かつての藤田VS健介戦みたいな”策”を弄すのでしょうか? まぁ、しばらくは彼が”王者”でい続けるのも僕的にはいいかと思いますけどね。

藤波、西村VS長州、石井ですが、まぁ、藤波と長州の”出番”はありましたけど、やはり”年齢”には適わなかった、という事でしょうね。”同世代”の天龍と比較すると”衰え”は隠せなくなっていますし、往年の”スリリングな展開”はもはや見せられないのでしょう(悲) 昨日、TBS系でも昔のアイドルやニューミュージック系のアーティストの特番がやっていましたけど、ある意味あれと一緒でしょう。中には”健在”の人も多々いましたけど、でもやはり「年取ったなぁ。」と言う印象を受けたのは否めない訳で、結局ただただ”懐かしさ”に浸るのが趣旨の番組だった事は間違いなかった訳で、そういう意味では藤波と長州の試合もそれと一緒です。
  1. 2005/10/09(日) 08:07:30 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

読めないけれど、面白い。一年前のあの事件から考えたら・・・

 レスナーはこりゃあ、良いの見つけましたね。試合前のパーティーの席で藤田を吹っ飛ばしたり「F5」改め「バーディクト」を極めている写真(新日サイト及び日刊スポーツ)は圧巻です。もちろん北海道ではテレビ放送は来週ですから!

 全日本に続き「強い外人」の来襲で、良かった良かった。けど、きっとフツウの地方巡業には出ませんよね?元WWEの面々は。だって、あんなメンツそろえて旅に出るには新日本は大所帯すぎますもんね。
 なんだか、金に物を言わせて「大砲」を買い揃えた割にはチンタラやってる某プロ野球球団を連想させますが・・・どうする気なんですかねえ?

 ひとまず、線の地方興行・打ち上げ花火のドーム大会という形を作りたいんでしょうけれども、WWEのリストラ組を受け入れるがために新日本がリストラを敢行するようなことになりそうな雰囲気ですねえ・・・不穏な!

 
 長州が現場監督復帰ってのもどうする気なんですかねえ?現場監督って・・・ど真ん中で一直線で味わいもなにも無い、ロックアップから始まるようなハイスパートレスリングは若かりし長州であればこそ、説得力があったのだと、長州は新日本から離れていた数年間で痛感したと思います。
 ましてや、新日の中の長州アレルギーたるや凄まじいモノでしょう。ま、そのアレルギーが新たなパワーを生み出すんでしょうけれども。
 W-1で健介とやった試合も、それまでに新日でやった数試合も、長州は実に面白くないプロレスをやっていました。レスラーとしての長州はすでに時間切れです。あとは、山本小鉄のようになれるかってことですか・・・どうせなら、せっかくチームJAPANが引っ張り出してきた小鉄さんに現場監督させれば良いのに・・・年齢の問題ですか・・・

 ここは、このことによって石井が新日本内で真壁という同志を見つけるための布石だと、(石井のために)見守って見たいところです。

 棚橋と中邑がこの時期にメキシコ遠征に行った意味は、とりあえず団体の勢力図を一回リセットするのに現場に居てもらったら困るという新日本の思惑部分もあったと思うんですが、メキシコ遠征の特集を見て、見せ方とか表現力、インサイドワークは確実に向上したと思います。

 これは良かった。

 でも、川田に試合後ダメ出しもらいましたね。「張り手一つでも、エルボー一つでも、もっと気持ちを込めて打て!」って。川田はエンタメプロレスの極地にいながら、そんな物に侵食されてしまうようなプロレス界を嘆いています。だから、期待するレスラーに対して辛辣な事を言えるんです。棚橋・中邑はそのメガネに適ったってことですから、シングルで潰されなさい。
 かつて、天龍が橋本をボコ潰しかけたように、川田によって磨かれなさい。

 そう思うのは私だけ?

 いろいろあって、新日本、でも、試合を壊して信用を低下させた一年前のあの事件を考えたら、今の新日本には面白味が満載です。相変わらず問題は多い団体ですが、サイモン社長が何をするのか、気にはなりますよね。面白い。 

 
  1. 2005/10/10(月) 14:09:59 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

>レスナー及び元WWE選手
まぁ、レスナーは確かに素晴らしかったですね。あの藤田さえも大会前の”タイトル調印式”で遠くに突き飛ばし、”本番”でも”パワー”で圧倒していましたからね。まぁ、今回は”3WAY戦”だから、という声もあるでしょうけど、おそらく”シングル”でこの両者が戦ったとしても”レスナー優勢”なのは明白に思えましたので。しかし、他の3選手どうなのでしょう? ハースは”アマレス”の下地を持つ”実力者”だからいいとしても、モーガンとジンドラックはただ”デカい”だけに等しい選手のようですからね(汗) されど、永田はそのモーガンにあっさり負けちゃった訳ですから案外侮れないのでしょうね。
ただ、”全日”の方のジャマール、バーナード、パルンボ、それから曙らのようにレスナー達が”地方巡業”に加わるとは思えませんね。もっとも、ハース、ジンドラック、モーガンは百歩譲ったとしてもレスナーの”地方巡業参加”はまずありえないでしょうなぁ(汗) それと、やはり”ギャラ”的な面ではどうなのだろうか? 今回の”ドーム大会”は、彼らの”ギャラ”がかかった割には思ったほど”客入り”が良くなかったようですから(一応38,000人とのことですが)そういったことを踏まえてまた”リストラ”なんて口にしているのでしょう。(でも、前回の”リストラ”って結局何人辞めたんだ? 結局、3人ぐらいじゃなかったっけ?)
まぁ、レスナーにベルトを持たせる事は今後の”日本プロレス界”の発展の為には重要な意味を持つと思います。しかし、問題は”ギャラ”とレスナーがどのくらい新日本に付き合ってくれるかですね。かつてのブロディみたいになってもらっても困りますからね(汗)

>長州現場監督就任
サイモン社長、というか事実上猪木が絡んでいるのでしょうけど、何故今聴衆が必要なんだ!? かつて猪木は長州の”プロレス”に対して「これは新日本じゃない!」とか「今の新日本には戦いがない!」とか言って小川、藤田、それから多くの”総合系”の格闘家を送り込んで最終的に長州を”追放”に追い込んだくせに、何故今になって「若手に怒鳴りつけられるのは長州しかいない!」ってな事で簡単に呼び戻してしまうのだろうか? 本当に猪木はこういった部分においては昔から”無責任”ですよね(呆) 
今は蝶野がその”ポジション”に一番近いはずなのに何故蝶野じゃいけないんでしょう!? もっとも、蝶野に”ストロングスタイル”のカラーを付けられるかというと厳しい部分があると思いますけど、これまで蝶野が”現場監督”をやっていた時とか、今再びそのポジションに近づこうとしている時には必ず猪木の”邪魔”が入りますよね。結局、本当に新日本を蝶野に任せてしまったら、それこそ自分の”居場所”がなくなるんではないかと常に懸念しているからではないでしょうか。でもって、今度はその”対抗馬”として長州を選んだ、って言う事でしょうか? こんな事したってどうせすぐに”分裂”すると思うんですけどね(苦笑) それに、未だに長州を根に持つ選手だってたくさんいる訳ですからね。それでも、彼らが”上層部”に何も言えない”不甲斐なさ”を持っている限り、新日は一考に変わっていかないのでしょうね(呆)

>中邑&棚橋の今後
僕も彼らの”メキシコ遠征”は、今後の彼らの”飛躍”につながる重要な”エネルギー源”となった事は確かだと思います。”華やか”で”鮮やか”で”テクニカル”で、それでいて”奥深い”ルチャのスタイルを吸収すれば”鬼に金棒”ですよ! 日本と違って未だに”国の認めるスポーツ”として確固たる地位を築いている”ルチャ・リブレ”を中邑、棚橋に経験させた事は”大正解”だと思いますよ。
でも、日本に戻れば更なる”壁”が必要なのもっじつです。”新日所属選手”にそれに該当する選手が永田、中西以外に見当たらない以上、後は川田と藤田ぐらいでしょうか。特に”プロレス”という視点で見た場合は現時点でその”役目”を果たせるのは川田しかいないのかもしれません。でも、今回の”ドーム大会”のカードはちょっと唐突だったように思えますが(汗)

>サイモン社長
まぁ、少なくとも草間よりはマシだと思いますが、ただあんまり”義父”の猪木の”言いなり”になり過ぎないように、ちゃんと”信念”を持って新日本を変えていってもらいたいですね! 
まぁ、今回の”ドーム大会”に関しては結構”避難”の声もありますけど、これまでの”格闘技ごっこ”的な”ドーム大会”に比べれば少しは”進歩”したと思いますよ。やはり”プロレス”は”プロレス”としての”強さ””凄さ”を作っていかなきゃいけないんです!
  1. 2005/10/10(月) 16:35:12 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

天龍がドラゲー顧問就任!

 長州が帰ってきて、天龍がドラゲー顧問に就任して、前田が表舞台に帰ってきました。ジャンボがいないのは辛いけれど、「俺たちの世代」がこの先プロレス界に残すものはなんでしょうか?馬場が去り、猪木が薄れてきたなかで、俺たちの時代は到来したと言えるのでしょうか?
 
 

 また、川田は予想通り棚橋・中邑に「噛み付いて来いよ!」と発言。
 
 面白くなってきたぞ~

 
  1. 2005/10/11(火) 08:17:57 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/135-9c7dabb8

スーパーpsy野神

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。