コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やはり阿久津真矢は必要か? 小学生の校内暴力

先週”最終回”を終えた問題の学園ドラマ「女王の教室」の主人公阿久津真矢。最初は「あんな教育方針はおかしい!」「あんな教師は間違っている!」そのような意見が多数あったはずでしょう。しかし、あのドラマの”本質”は、ただの”スパルタ教育”ではなく、子供達、そしてその親や教師などの大人達に対して世の中の”現実”に目を向けさせ、彼ら自身の”責任感”を自覚させて、自分達が何かを切り開くようにさせるのが目的のものでした。しかし、その”やり方”が強引で荒っぽかった事が、結果的に彼女自身の首を絞めるものであったのも事実でした。

でも、あれはあくまでも”フィクション”であって、現実にああいった”教育方法”を取る教師はまずいないでしょうし、この先あのような教師が現れる事もないでしょう。でも、こういった”問題学園ドラマ”の”賛否”が問われる間に”現実世界”の方ではとんでもない方向に向かってしまっていた訳ですからね(呆) 全国の公立小学校において、児童が昨年度に起こした校内暴力が1890件に上り、1997年度の調査開始以来、過去最悪となった事が文部科学省のまとめで分かったとの事です(恐) しかも、大方の場合、その”対象”が”教師”であるとの事です(怖) ”体罰”をする事による”PTA”を中心とした”保護者側”の抗議を避ける為に、次第に教師達が”事なかれ主義”の”サラリーマン化”してしまった事による”反動”以外の何物でもないでしょうね。これは、「女王の教室」の”最終回”で内藤剛士扮する学園主任、並木のセリフで「大人達が格好悪いから子供達がなめるんです。」の”現実バージョン”という事ですよね、まさに! いや、あのドラマをどうこう言う以前の問題ですなぁ(呆)

僕は、そもそも”体罰”自体は”賛成”なんです。ただ、それを”成績”云々でやろうとするからおかしくなるんであって、本当に”礼儀”のなっていない生徒、平気で”悪さ”をしてしかも”反省”の色が無い生徒に対して”体罰”をするのは当たり前! 言って聞かない子供にそれなりの”仕打ち”をするのは当然だと思います。でも、”実の親”が今度は子供を甘やかすから、礼儀を知らない子供が増え、しかしながら”学校側”が自分の子供に”体罰”を加えれば鬼の首を取ったように”猛抗議”してくる訳ですからね(大呆) こりゃ、一番の”原因”は”親”にありですな! 親が子供の”機嫌”を取るようになってしまった”ツケ”がこうした形でまわってきているのは明白! というか、これも”核家族化”と”両親共働き”が招いた弊害でもあるのでしょう。いずれにしても、今の”社会システム”が大いに狂ってしまった、という事なのでしょうね。

ウチは一応”世代家族”ですから、とりあえず”家族愛”はあります。ただ、逆にそれに”うっとうしさ”も感じますけどね(笑) でも、”核家族”で”両親共働き”で”家族愛”が薄まっていたら・・・。一応、一緒にいる時はお互いが気を使って”優しいそぶり””素直なそぶり”を見せているのでしょうけど、その”実”は”愛”というものが冷え切っている訳ですからね。それじゃ、子供の心が歪むのも無理ないでしょうね。親の知らない所で子供達は”悪さ”を働き、でも親の前では”いい子”ぶってる訳ですからね。親も、その事を薄々は感じながらも子供を叱れない、叱る資格が無いと思い込んでいるから、もしその事が”公”になれば「ウチの子がそんな事をする訳ありません。」と突っぱね、やがて”学校側”の責任にし、今度は”学校側”がその子に対して”処罰”をすれば「体罰だ!」と言って大騒ぎをして”社会問題”にしてしまう。これで、”学校側”も生徒に対して何も出来なくなっちゃったから、後は生徒の”好き放題”となってしまった訳ですよ(悲)

まぁ、問題を起こす子供達が一番悪いのは確かだし、それを見て見ぬふりをする教師達も悪い! でも、一番悪いのは実の子の”しつけ”をまともに行わない親の方なんですよね。まぁ、中には実の子に対して”虐待”をする親もいますけど、本当の意味で子供を育てるにはただ叱るだけじゃなくて”飴と鞭”を巧みに使い分ける事なんです。今の親達はそれが出来ないということなのでしょうね。”飴”か”鞭”かのどちらかに別れてしまっているんですよ。もっとも、今の小学生の”親達”の世代は僕とほぼ同じ世代でしょうから。そうなると”詰め込み教育”によって学校の授業の”知識”は叩き込まれても、そうではない普段の”日常生活”によって培うはずである”機転”が全く利かなくなったのでしょうね。”機転”がきかないから”飴”と”鞭”も使い分けられない。でもって、子供達の心は歪んでしまう。

まぁ、そうなると阿久津真矢のような”ヒールレスラー”顔負けの”ブラインドをついた反則”が出来る教師による”スパルタ教育”をしなければ、今の子供達を”軌道修正”する事は難しいのだろうか? 本当に、今の大人は子供になめられてます! こんなんじゃホントやばいよ!(不安)
スポンサーサイト
  1. 2005/09/25(日) 00:36:01|
  2. 社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9
<<広告⑩ お小遣いツール3件 | ホーム | K-1 WARLD GP 2005 開幕戦>>

コメント

愛が消えた街

 核家族で両親共働きの中から本当の愛なんて生まれない。という部分ですが、私は「共働きしてまで支えるべき生活の本質」を見失ってるんだと思うんです。

 他人より良い家に住みたい。良い車に乗りたい、良い服を着たい、旅行にも行きたいし、あれもしたい、これもしたい。

 要するに、原因はコレじゃないでしょうか?親は自分の願望をかなえるためだけにお金を稼いでいるのに、それが「子供のため」だと思っていないか?ってことです。
 
 良い家に住んでいなくても、車が無くても、それなりの服装でも、旅行になんか行かなくても、ちゃんと子供の話を聞いてあげて、子供と遊んであげられる家の子供はそんなにグレないと思うんです。

 子供に行く道を指示したり、道をあけて待っててあげる必要なんて少しも無いと思います。自分の行きたい道を行きたいように行けば良い。けれど、それをちゃんと見守ってやる必要はあると思います。ダメな方に逸れて行きそうならば力ずくでも戻してやる義務が親にはありますから。

 「権利」に付帯する「義務」をちゃんと教えないで、自由や権利だけを叫んだ世の中で大人になってきた私たちの世代ですから、なかなかみんなに分かってもらえないんですけどね。

 誰が悪いって批判するなら、自分がそうならなきゃ良いんですよね。自分ならどうする?どうしたら良くなるだろう?って考えないからいつまでも誰かの言いなりなんですよね。

 関係ないですが私は、阿久津先生(天海さん)の姿勢の良さに感激してます。戦闘シーンでの体軸のブレなさには驚嘆しました。もうそれだけでこの先生に実在して欲しいと思いましたけど、このドラマを見て小学校の先生があの真似をしようとしても絶対に無理ですね。だって、自分の願望を捨ててまで生徒たちに付き合う意識を持った先生なんて、私たちが小学校の低学年の時に定年になりましたからね。

 やはり、戦中を生きてきた先生方との思い出が鮮明に思い出されるのは、あの方々の情熱が子供心に響いたからなのでしょうか・・・ゲンコツは痛かったなあ・・・
  1. 2005/09/25(日) 14:57:20 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

豊な生活が招いた弊害

生活が豊かになり、何でも手に入る時代になるにつれて、”人間”という生き物は次第に”物欲”ばかりを求めるようになり、もっと”大事な何か”を見失ってしまった、という事なのでしょう。そもそも、”生物”というものの”最終目的”は”子孫繁栄”にある訳であって、まぁ、昆虫などではオスorメスを食っちゃうものもいるでしょうけど、”高度”な生物ほどちゃんと”家族愛”を持っています。それらを守る事こそ本来”生物”にとっての”生きがい”だといっても過言ではないと思います。

しかし、”人間”という生物は他の生物より”脳”が発達してしまった為、いつしか”家族あるいは仲間を守る”という意識以外の”生きがい”を見つけてしまったため、それがやがて”一族支配”に発展したり、”同族争い”を起こすようにもなりました。結局”物欲”によるもの以外に他ならないのでしょう。それでも、最終的には”お家大事”の精神は現在まで守り続けてきたのも事実です。

しかし、終戦後、”高度経済成長”により様々なものが手に入るようになると、人間の”欲”はそちらに向けられるようになってしまったのでしょうね。一応”家族大事”を装っていながらも”物欲重視”になってしまった事は確か。それが度が過ぎれば、子供が親が本当に”大事”だと思っているものは”家族”ではなく”物欲”であると悟ってしまう訳ですからね。これが、やがて”仮面家族”を作り出し、そして子供の”非行”にもつながっていくというのは確かに考えられるでしょうね。あと、両親の”浮気”や”離婚”などもそうでしょう。結婚していても他に好きな男若しくは女がいればすぐ”浮気”をし、また本当に些細な事で”離婚”してしまいます、今の夫婦は。これで、子供がまともに成長する訳無いですよね(呆)

まぁ、自分は今”独身”だし、実際”結婚生活”に関する”責任感”みたいなものがある訳ではなりませんが、”結婚”する、という事はそこに新たな”家庭”を作る、という事ですから、当然ながらそれに対する”責任”も課せられる訳であって、そこに様々な”義務”も生じます。それを”覚悟”した上で”結婚生活”は営まなければならないと思います。ただ男と女が一緒になる、という事が”結婚”ではないんです! 子供が出来たら責任持って子供を育てる! 当たり前の事です! でも、それは単に優しくすればいいって事ではないんです。”飴”と”鞭”を使い分けながら”正しい道”へと子供を導いてあげる事こそ親の”義務”だと思います。

まぁ、だからといって何も買い与えないのもまた問題でしょうね。これだけ”物”があふれ返っているのに、何も買い与えないのも確かに問題です。でも、”与えすぎ”も問題です。それらを巧みに”コントロール”する事で子供を正しい方向へ導いてやるしかないのでしょう。まぁ、親の方も”人間”ですから変にやりたいことを我慢する事も無いと思います。時にはやりたい事はすればいい。買いたい物は買えばいい。でも、我慢する時は我慢しなければならない。親は、子供のみならず自分自身にも”飴”と”鞭”を使い分ける必要があると思います。そうやって”人間”という生き物は成長していくものではないでしょうか。
  1. 2005/09/25(日) 16:11:17 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

作る力、使う力

 今のおもちゃは至れり尽くせりで、遊び方の説明書まで念入りに付いて来ますよね。

 私たちも確かにそういう作られて与えられたおもちゃの中で育ってきましたが、子供の好奇心なんておもちゃが満たしてくれるわけが無いんですよね。

 ウチの子供たちを観察してると、説明書なんてなんの意味も無くて、創造力にも限度なんて無いって良く分かりますよ。

 だから「何かを作り出せるような物の与え方」を考えています。いろんな事に興味を持って、それをやってみたいと思えることとそれに命に関わるような危険が付帯していないこと。

 それだけが私の理想のおもちゃ選びの基準です。

 大人がやりたいことはすれば良い、買いたいものは買えば良いという部分ですが、基本的には賛成なのですが、それが家族全体の幸せに向かう部分ならば良いのです。

 自分が愛し、守るべき家族を置き去りにして自分だけのためにそれをやるからおかしくなるんですよ。
 
 自分の好奇心に目を開き、耳を澄ませて、心をときめかせる事が一番大事なことです。そのために勉強があるという阿久津真矢の言葉は珠玉です。
 ワクワクすることや、キラキラすることさえも他人が与えてくれるって考えて育ってきた私たちが、変えて行けること、変わって行ける鍵は、目を開き、耳を澄ませて今できることを精一杯感じることだと言う部分も感涙同感モノです。

 なんでその「当たり前」を簡単に忘れちゃうんだろう?

 学歴社会は嫌いだって言いながら、なんでもランキングしたがる社会に流されてる矛盾した世代ですからねえ・・・
 
 与えられた幸せ、作られた枠。
 そういう中で漠然と持っていた不安が、今になって歪に破裂したのでしょうね。
  1. 2005/09/26(月) 16:26:52 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

想像力と創造力、って事ですか?

これなんですよ! これこそ”人間”が与えられた”特権”であって、これがある意味”人間の本質”とも言えるのではないでしょうか。これを子供にもちゃんと教えていかなきゃ確かに駄目なんでしょうねぇ(汗)

僕が子供の頃、まず与えられた”おもちゃ”といえば”積み木”に”ブロック”です。これらは、元々は一つ一つの”パーツ”でしかなく、これを積み重ねる若しくはつなぎ合わせる事で、”ある形の物”が出来上がるのです。それも、その”形”にはほぼ”無限”の可能性があります。色々な形の”物”を作り出す事が出来ますからね。でも、所詮は”四角(若しくは三角)”を積み重ねただけの物ですから”リアリティ”はありません。そこで、もう少し成長した時には”粘土”を与えられました。粘土の方が”リアル”に物の”形”を作り出す事が出来ます。でも、柔らかいからすぐつぶれてしまいますが(汗) そこで、その”発展系”として小学校の図工の”課題”でも出されたのが”紙粘土”です。こちらは時間が経てば固まりますし、絵の具で”色”を付ける事も出来ます。より”リアル”な物を創作する事が出来ます。

上記の”おもちゃ?”は何も無い所から自分の作りたい物を作るアイテムですが、”完成形”が限定されている物には”ジグソーパズル”と”プラモデル”があります。まぁ、子供に喜ばれる方は大方”プラモデル”の方ですけど、こちらは”完成形”は限定されていますが、より”高度”な技術が必要である為、小学校中学年以降が対象になるのでしょう。こちらは”大人”になってもはまっている人も結構いると思います。その多くは、”ロボットアニメのロボット”、”自動車”、”戦艦”、それから”城”まであります。まぁ、今「戦艦大和の作り方」という本が出回っているようですけど、こういったものを作るから駄目なんじゃないか?と思います(苦笑) でも、実際あれ作るのは難しいのでしょうね(汗) ちなみに”ジグソーパズル”は老人の”ボケ防止のアイテム”として使用されているそうです。

そこへ行くと、今じゃ確かに”完成されたおもちゃ”が豊富に出回っていますね。まぁ”フィギア”や”人形(ぬいぐるみ)”や”超合金”はまだいいです。今ではアイボのような”ロボットペット”もありますからね。まぁ、あれは実際自分でてなづける事ができるから多少は”頭”は使うのでしょうけど、ただその物自体は”コンピュータ”がインプットされてますから”完成”という度を越えていますし、あれらが”使役”に利用できてしまったらそれこそ”問題”でしょうね。まぁ、”ボランティア”的な目的で使うのなら別ですけど。

でもって、一番問題なのがやはり”コンピュータゲーム”なんでしょうね。あれも、確かに”頭”は使います。”反射神経”も養われるでしょう。でも、徐々に”自分の世界”に埋没してしまい、やがて”外の世界”を拒むようになってしまう。すなわち”社交性”が失われていき”人付き合い”が出来なくなってしまいます。それが度を過ぎれば”引きこもり”の原因にもなりかねない! それと、更に問題なのは”運動不足”です! まぁ、体動かしませんからね。昔は”おもちゃ”は存在すれど、それだけで1日つぶせる訳じゃないからちゃんと外でも遊びました。でも”ゲーム”を手にしたら外では遊びませんからね。もっともそういった”環境”自体が少なくなってますけどね。そういった意味では”デジタル”な脳の使い方は出来ても”アナログ”の脳の使い方が出来なくなるんです。つまり”機転”が利かなくなる、という事でしょう。”発想力”も低下するでしょうね。

まぁ、考えてみたら”ゲーム世代”で他人との”交流”が上手く出来なくなってしまった小学生が”校内暴力”を起こすのも無理ないな、という事です。”創造力”、”想像力”、そしてその場その時の”対応力”が身につかなくなってしまった現在の子供達は、ある意味”型”にはまった”行動パターン”しか取れなくなり、何か”壁”にぶつかると、その場での”臨機応変”な対応が出来なくなって”パニック”を起こし、そして暴れるしかなくなってしまうのかもしれません。昨年起こった佐世保の”小学生女子児童の殺人事件”もこういった形で起こってしまったのでしょう。

こう考えると、人間ただただ”勉強”するだけじゃなくて”遊び”からも”知恵”を学ばなければ”立派な人間”には成長できない、という事なのではないでしょうか。
  1. 2005/09/26(月) 22:29:50 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

また変なおもちゃを使う奴らが出てきたよ(呆)

今度は、各地で”エアガン”の発砲事件が相次いでいます(汗) まず、阪神高速環状線にて割り込んだ車に腹を立てたとしてその車にエアガンで発砲した35歳の男が逮捕され、次に奈良県で17歳の少年がバイクで帰宅途中、エアガンのような物で発砲される事件が起こり、今度は大阪府東大阪市で20歳の飲食店アルバイトの女性が白い軽自動車で近づいてきた男にエアガンで撃たれ、更に2分後別の乗用車からも発砲される、という事件が起こり、また、大阪府内の自動車販売店において展示していた車、それからショーウィンドウがエアガンで発砲されるという事件が2件相次いで起こり、そして、宮城県で男子高校生が店から出てきた所に停まっていた自動車からエアガンで発砲される、という事件が起こりました(恐) いずれも”関西圏”を中心に起こり、宮城県のはそれまでの”発砲事件”をニュースで見て真似た物のようです(呆)

”モデルガン”や”エアガン”も、使いようによっては立派な”武器”になりますからね(汗) もっとも、”エアガン”に関しては”18歳以上”でないと購入できないようですが、正直今の時代、このような”年齢規制”など無意味に等しいし、更に購入後の”改造”に関する規定が全く無いのだとか。僕は逆に言えば”小学生以下”で親の監視の下で遊ばせる、というようにした方がマシのようにも思えます。”18歳以上”なんて逆に危ないと思いますよ。

”刑事ドラマ”などで刑事や犯人が人に向けてピストルで撃つシーンを見てしまえば、やがて”エアガン”で人を狙いたくなるのは当然です。だから、むしろこれは”親の趣味”の為に買うようにし、年端の行かない子供に「これはこうして遊ぶんだ。」と”正しい使い方”をきちんと教えてあげた上で、ある程度物心がついたときに”親の許可”の下で購入し、普段は親が管理する事を国が義務付けるようにすれば、このような”犯罪”は起こらないと思います。こういった”危険”なおもちゃは子供自身に管理させてはいけないと思います。でも、”大の大人”が犯罪を起こす場合もありますからね(汗) いずれにしても”購入条件”を厳しくする必要はありますね。
  1. 2005/09/30(金) 23:16:57 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

あぶないですねえ。

 ちょいと改造するだけで殺傷能力を持つようになるようなモノをおもちゃ扱いしていて良いのだろうか?と、そもそも疑問に思います。

 知ってました?
 手裏剣とか、蒔きビシとかといった忍者グッズも売ってるんですよ。
 ネット上で殺傷性の有る武器の作り方や、暗器の類は簡単に見つけられます。そのどれもが「自己防衛のために」とか謳ってますが、明らかに過剰防衛なんだよなあ・・・そんなの使ったらどうなるか分かるじゃないですかねえ?

 危ない世の中だなあ。 
  1. 2005/10/01(土) 23:58:12 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

過剰防衛というより・・・

”殺傷性”のあるおもちゃ若しくはそれに準ずる”グッズ”は、ある意味”自己防衛”のためには使えるのでしょうが、実際そんな物を使う連中の殆どは”自己防衛”じゃなくて”いたずら”ひいては”ゲーム”として使ってる訳ですからね(恐) 今回の”エアガン発砲事件”も多くの場合は”ゲームの一種”として楽しんでいるだけだとお思います。

もはや、今の”若者達”は”殺人”をも”ゲーム”だと思っています。だからこそ、もっと”警察”が強くならなきゃまずいのではないでしょうか。昔は、それが”無実の犯罪者”を多数生み出した為”問題視”され、次第にそういった”強い警察官”が減っていったのでしょうけど、そうなればなるほど”陰湿な犯罪”は増えるばかりです。”ゲーム感覚”の犯罪も増える一方です。それらを抑えるにはやはり”警察の力”しかないと思います。こういった”犯罪”を防ぐ為にも、今度は”教師”だけじゃなくて”警察官”がこの手の”若者”に対して”絶対的強さ”を見せ付けなければならないと思います。ここまで来たら、場合によっては”射殺”しても構わないと思います。それだけ”事の重大さ”を今の若い世代には身を持って味あわせる必用があると思います。

阿久津真矢の言っていた「人の痛さを知りなさい。」という言葉は、今度は警察が”若い犯罪者”に対して言い聞かせてやらなければならないのではないでしょうか。
  1. 2005/10/02(日) 11:29:08 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

私は、今までたくさんのドラマを見てきました。でも、「女王の教室」が一番心に残っています。真矢先生みたいな、生徒思いの先生が居ればいいなと思いました。先生の言っている事は、確かにあたっていると思いました。17日、18日にやった「愛と理想にあふれた一人の女教師が、悪魔のような鬼教師になるまでの数年間の記録」見ました。真矢先生の過去が、いろいろ分かりました。宮内えいじ君のペン。あの時、真矢先生を助けたのは、そのペンだっただんですね。私は、女王の教室の大ファンです!
       
  1. 2006/03/19(日) 12:30:47 |
  2. URL |
  3. 相良佳那 #-
  4. [ 編集]

相良さん、ようこそ!

僕は「女王の教室~エピソード1~」の方は疲れていたのと、内容的に今ひとつピンと来なかったので途中で寝てしまいましたが(汗)、「~エピソード2~」の方は見ました。

いやぁ、それにしてもあの宮内ってのは憎たらしかったね(笑) ああいった生徒を生み出さないために、今度は真矢自身が”鬼教師”となって初めから生徒を”暴走”させないように生徒達を”がんじがらめ”にしていた、という事なんですね。要するに、校長だの、教頭だの、更に言ってしまえば”文部科学省”がだらしないから、教師自身が生徒をしっかり監視していないととんでもない生徒が出てきて教師の目を盗んで”悪巧み”をし、最悪の場合は”死者”まで出してしまう有様ですからね。

これまでの数多くの”いじめ”による”自殺”や、佐世保の小学6年生女子の”殺人事件”も、今の”学校教育”の”堕落”によるもの以外の何物でもありませんからね。これこそ、「歴史の終わり」を意味する各界の”責任者クラス”の”事なかれ主義”、”自己保身”の象徴だと言えるでしょうね(呆)
  1. 2006/03/19(日) 13:57:50 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/127-6cab0235

スーパーpsy野神

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。