コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プロレス界の今後の動向②

①ブロック・レスナー、新日10.08、東京ドーム大会参戦表明!?

今年正月に新日の”東京ドーム大会”で猪木の紹介で新日のリングに姿を見せて以来、沈黙していたブロック・レスナーが、WWEの勧誘を蹴って正式に”新日マット参戦”を表明したとの事。10.08の”東京ドーム大会”に参戦する可能性が出てきたようです。

本人曰く「金銭に振り回されず、やりたい事をやりたい!」「闘いのある”ジャパニーズ・スタイル”を体感したい!」というのがWWEを蹴って新日を選んだ理由だそうです。しかし、正月の”東京ドーム大会”印象は?というと「何も残らなかった・・・」との事です(汗) これじゃぁ駄目じゃん(苦笑)

まず、彼が戦いたい相手と言うのは、”現IWGPチャンピオン”である藤田と”G1 CLIMAX 2005優勝者”蝶野という事なのですが、藤田は現在”右ふくらはぎから太腿にかけての筋肉断絶”により全治未定の怪我による”欠場”を余儀なくされた所です。一応、10.08には復帰する予定のようですが正直難しいと思います。蝶野にしてもいくら”G1”で藤田を倒したからってさすがにレスナーと戦うのは”酷”でしょう(汗) 第一、”年齢的”にも”体力的”にも”体格的”にもあのレスナーに太刀打ちできるとは到底思えませんので。それと、仮に藤田が”復帰”出来たとして、本来ならばこの日は藤田VS蝶野の”IWGPヘビー級選手権”になる予定のはず。まぁ、これまでの新日の例を考えれば、そんな”予定”なんてあってないようなもんですがね(笑) 

でも、もしこの両者のいずれかを”10.08、東京ドーム”でレスナーと戦わせるのであれば、断然藤田と”IWGP戦”で戦って欲しいです。そして、レスナーにベルトを取って欲しい! ここで、「コイツ何言ってるの?」と思われるかもしれませんが、これはもはや”新日の為”というより”プロレスの為”に言ってるのです! 確かに、今の新日の選手でレスナーに対抗できる選手なんていやしないのは百も承知です! だから、レスナーが”ベルト”を獲ってしまえば当分”新日本隊”にはベルトは戻らないでしょう。でも、裏を返せば、”元WWE王者”にして誰もが”世界最強レスラー”と賞賛するレスナーが新日の”至宝”である”IWGP王者”に君臨する事で、”PRIDE”や”K-1”を威嚇する事が出来るのです。レスナーが”日本プロレスマット”の”チャンピオン”である限り、”プロレス”はなめられないと思うからです。ただ、問題は本当に彼と”互角”に戦える選手が”新日マット”にいるかどうかだけなのです(寂)


②船木誠勝、プロレス界復帰!?

9.11、後楽園ホールにおける「BIG MOUTH LOUD旗上げ戦」において、試合前の前田の挨拶の後、前田によって「来年から自分達の同士になってやる、”中心人物”を紹介したいと思います!」と紹介されてリングに上がってきたのが、2000年5月に”現役引退”した”パンクラスの創始者”船木誠勝です!

「21世紀、いつ”大地震”が起こるか分かりません。いつ戦争が起こるかもしれません。そんな時代の中で悔いを残さないように死んでいきたいと自分は思い、本日、このBIG MOUTH LOUDのリング上に上がりました。新日本プロレス、新生UWF、プロフェッショナル・レスリング藤原組、パンクラス。回りくどい事は言いません。本日このリング上よりBIG MOUTH LOUDに全面協力していく事を宣言します。皆さんは、自分が再びリングで試合する事を望んでいますでしょうか?・・・(以下省略)」このような挨拶をし、前田とともに北側リングサイド最前列で観戦したとの事です。

一応、”コーチ”という事ですが、観客に向かって”現役復帰?”をほのめかす事を口走っている以上、もし彼が”現役復帰”を果たし、更に本格的に”プロレス”をするとなればこれ以上の(BIG MOUTH LOUD)にとっての”救い”はないでしょうね。まさに、ここに”UWFイズム”が”完全復活”した!という事になるでしょう。

村上VS柴田戦はかなりの”好勝負”だったようですし、それに加えて船木の”現役復帰”となれば、この団体に対する”期待感”は高まります。次の興行で、もし時間的に都合がつけば観に行きたいと思います!
スポンサーサイト
  1. 2005/09/14(水) 21:54:40|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<新日、10.08、東京ドーム大会「闘魂創造~NEW CHAPTER~」決定カード | ホーム | 今流行の健康番組に一言言いたい!>>

コメント

レスナー・船木!

 まずはレスナー。
 さて、来るのかな?

 私、フジで深夜放送されていた時代に見ていたくらいですから、あんまり言えないんでしょうけれど、レスナーって確かに強いけれどもビッグショーやカート・アングル、あるいはアンダーテイカー辺りに試合を作ってもらっていた印象があります。

 あれは自分から光るという才能ではなくて、光らせてもらう才能だと思うんですよ。でも、世界に名立たるビッグネームですから今ホーガンにはなれるかも知れませんね。
 
 なにやかにやでジョシュはどこに行ったんでしょうか?ジョシュとガチでやらせて見ればレスナーがどの程度か分かるんですけど、果たして、今までのレスナーがそのまま日本マットに登場しても「フルスイングの空振り」にも満たない「3バント失敗」みたいなことになりかねない不安を感じます。

 ん~、永田あたりに光らせてもらう事から始めた方が良いかなと思いますけど。

 新日がアメプロと格闘技の両極端のオイシイ部分をツマもうとするならば、吉江に頑張って欲しいなあ。
 相変わらず、新日本は所属選手を甘くみてるし、所属選手も会社任せで自分から動いていないと思いますね。ハードに文句をつけてるよりもソフトを充実させる方が先決だといつもいつも思うんですけどね。

 川田はどうした?
 01乱入組みはどうした?
 
  
 船木。
 船木と鈴木は本当に逸材だったんだと思います。名前を聞いただけでオーラを感じる。そんな雰囲気を30歳になる前に出していたんですから、やはり新時代のプロレスラーだったんでしょうね。

 今は離れてしまったけれども、船木と鈴木はまたどこかで会うんでしょう。船木はUWFに行かなければどんなレスラーになっていたんでしょうか?

 ギラギラ感が鈍って、飯塚みたくなってましたかね?それとも船木が残ってたら闘魂三銃士に蝶野は入っていなかったんでしょうかね?

 プロレスの表舞台からずっと遠ざかっていて、その間にもトレーニングを続けていて・・・その上で船木!ともなれば、10年前のパンクラスを知っているファンにとっては垂涎モノですね。

 まだ30代半ばでしょう。
 
 リング復帰を切実に望みます。リアルを経てプロレスに回帰してきたレスラーがプロレスへの愛を注いだリングがどんなものになって行くのか、そして我らが柴田はどうなるのか?
 
 マニアには受けますよね。

 マニアには。
 前田、その辺は考えてるのかなあ?
  1. 2005/09/16(金) 11:42:42 |
  2. URL |
  3. フクフク丸 #-
  4. [ 編集]

>レスナー
レスナーはカート・アングル、クリス・ベノア、エディ・ゲレロ辺りと戦った場合は、確かに相手に試合を作ってもらっていた感じはありましたね。ビッグ・ショーとアンダーテイカーは微妙な所ですね。でも、彼自身が決して”インサイドワーク”が駄目な訳ではなかったと思います。少なくとも、中邑よりはマシでしょう(笑) それに、彼はあの体格の割りに動きも早く、軽やかだし、体も案外柔らかい。その上”マイク”も中々上手いです。そういう意味では、彼は列記とした”一流レスラー”だと思いますよ。

ただ、”ブランク”があるため10.08の前にどこかで何試合かこなさないと、いきなりドームで”ビッグマッチ”をやっても”3バント失敗”になる可能性はあるでしょう。アメリカの”インディーズ団体”でエキジビション的に試合をするのもいいと思います。いずれにしても彼の”強さ”は、かつてカート・アングルとルール無用の”ハードコアマッチ”をやった際にも、”プロレス”の枠を超えた”死闘”を繰り広げ上に見事”勝利”を収めた事でも証明されてますからね。WWEでは珍しく”闘い”のある試合でしたから。

”プロレスルール”であれば、ジョシュとやるのもいいでしょう。そこでジョシュを”粉砕”すれば、彼が”本物”である事が証明される訳ですからね。もし、”10.08、東京ドーム”において彼が対戦を熱望する藤田と蝶野の”IWGP戦”が実現した場合は、ジョシュとの”一騎打ち”でもいいと思います。”内容”は2の次としても(笑)

>船木の現役復帰
船木は年齢的には僕の1こ上ですから、”プロレスラー”としてはまだまだいけるでしょう。彼が”復帰”すれば、本当の意味で”UWF神話復活”となるでしょうし、柴田が”エース”だとまだちょっと物足りない気もしますので、当面の間船木が団体を引っ張っていき、いずれ柴田が”船木越え”を果たして”エース”の座を実力で掴み取ればいいだけですから。

船木が新日に残っていたら・・・”闘魂四銃士”になっていたのでしょうか?(笑) でも、今の”第三世代”で言う所の西村のポジションに立たされていた可能性が高いでしょうね。

おそらく、”BIG MOUTH LOUD”の方は”マニア受け”、”W-1”の方が”メジャー受け”を狙うのでしょう。前者は”猪木信者”や”U系信者”に照準を絞っていき、後者は”純プロレスファン”に受け入れられるものに仕上げていくのではないでしょうか。先だっての9.11、後楽園ホールでの村上VS柴田はかなりの”好勝負”だったようでしたので、次の興行の際に、都合がつけば是非とも観戦したいと思います!
  1. 2005/09/16(金) 21:37:39 |
  2. URL |
  3. スーパーpsy野神 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/122-ffcdf163

スーパーpsy野神

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。