コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

つまらないぞ!今の音楽!!

引き続き、”音楽の話”をしたいと思います。

まぁ、ここ何年か思っていた事ではあるのですが、正直、今の音楽、邦洋問わずつまらない!! といっても、これはあくまでも”メジャー”の”ロック・ポップスシーン”においてですが。

”売れ線アーティスト”を出すだけ出し尽くした挙句、最終的に”ヒップホップ”に持っていかれている今の”音楽シーン”。これは”邦楽”のみならず”洋楽”にしてもそのようです。もう、”限界”なのでしょうか? ”いい音楽””いいアーティスト”というものはやはり”過去”にこそ存在するものであり、その”後続”のアーティストは、所詮”かこの偉大なアーティスト”を越えられないまま終わってしまう、といった傾向があるのでしょう。”欧米”の場合は大抵これに当てはまっているような気がします。

では、”邦楽”は?というと、必ずそうではないと思います。過去をしのぐ”アーティスト”も続々と輩出され、新たな”名曲”も確かに生まれてはいると思います。ただし、問題はその”売り出し方”なんです。”いい曲””いいアーティスト”は実際は放っておいても売れるものです。しかし、今の日本の”音楽業界”の現状を考えると、どうしてもそこで”競争”が起こってしまい、”ビジネス”としての過剰な”売り出し”がどうしても必要になってしまうのでしょう。それによって”オリコン”を代表される”ヒットチャート”は日を増すごとに”上下”の入れ替わりが極端になり、”不自然”とも思えるような”初登場1位”も相次ぐようになりました。それから、ある”大物ミュージシャン”の下でも”プロデュース”によるアーティストの独占、”ジャンル”による”パック売り”、こういったものが”音楽シーン”を過剰に盛り上げ、そしてやがて急激に”沈没”してしまった訳ですからね(哀)

でもって、もはや”ヒットチャート”なんか全く気にもならなくなった昨今。”音楽番組”にチャンネルをひねれば、そこに出てくるのは”お笑いタレント”ばかり(悲) もはや、”お笑いタレント”を投入しなければ”音楽番組”も成り立たなくなってしまった、って事か(苦笑) ”アーティスト”の過剰な売り出し、そしてそれにまんまと騙される多くのファン、それによって真の意味での”アーティスト若しくは楽曲の本質”を見極められるまもなく”トップ”にランキングされるアーティスト。それらが急激なピッチで輩出されると、いつかは誰が売れてるのか、どんな曲が流行ってるのか訳分からなくなってしまいますからね(汗) そして、気が付いたら、多くの”若者”は”インディーズ”あるいは”クラブ”の方に目を向けるようになっててしまいましたからね。そして、”大人達”も”ワールドミュージック”とか”ヒーリング系”とか、あるいは”ジャズ””クラシック”等の方に視線が移ってしまっているようですし。もはや”ポップス&ロック”の時代ではなくなってしまったかもしれませんね(悲)

それでも、”邦楽”に関していえば、”女性アーティスト”は次々と言い”アーティスト”がデビューしていると思います。”ラジオ番組”で紹介される”新人ーティスト”でも”女性アーティスト”は大概レベル高いです。しかし、”男性”の方はというと・・・(呆) まぁ、それを”良し”とする人も結構いると思うので一概に「駄目だ!」とは言いませんが、でも、なんか「これだ!」といった”インパクト”に賭けるのは事実です。どうも、ブルーハーツ以降、多くの”男性アーティスト及びバンド”は”内容”さえ若者に伝わっていれば”音楽”の方は手を抜いてもいい、という風潮に捉われてしまっている感があるんです。まぁ、一時期の”ビジュアルシーン”は結構レベル的には高かったと思うのですが、それ以降は言ってしまえば”ブルーハーツorゆず以上ミスチルorスピッツ未満”のアーティスト、バンドで満ち溢れている気がしてならないんです。でもって、後は”ヒップホップ系”です(悲) まぁ、正直な話、”ヒップホップ系”の方がまともに感じてしまうのも無理ないです。”女性アーティスト”で”ハイレベル”なアーティストが結構いるのにもかかわらず”男性アーティスト”が足を引っ張っている。それが全体として「いい音楽が生まれない。」という状況を作ってしまっているように思えて成りません。

多くの日本人は”詞”を重要視するようですが、でも”音楽”にとって本当に”重要”な要素はやはり”音楽性”なんです。その”音楽性”がつまらなかったら、”いい音楽”なんて生まれるはずがないんです! 未だに”映画”で使われたりと何故か”伝説化”しているブルーハーツですが、僕が思うに今後ハイレベルな”男性アーティスト”を輩出するには”脱ブルーハーツ”を図らなければ永久に”不可能”のような気さえします。彼らのような”バンド”はあってもいいけど、決して彼らが”超一流”ではない、という認識も欲しいです! もっと”職人”に活躍してもらいたい!
スポンサーサイト
  1. 2005/08/28(日) 15:59:48|
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<こんなのはどうでしょう? 巨漢のみの総合格闘技 | ホーム | パンクの定義>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yajin.blog9.fc2.com/tb.php/108-a83a250f

スーパーpsy野神

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。