コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プロレス界も激震! どうなる、レスリング五輪除外問題!?

先週、”日本スポーツ界”を揺るがすニュースが飛び込んできました。なんと、”国際オリンピック委員会(IOC)”が昨今の日本の活躍が目まぐるしい”レスリング”をオリンピックから”除外”を検討していることが明らかになった模様。なんでも、2020年までにホッケー、テコンドー、カヌー、近代五種等とともにそのいずれかを”除外”することが決定され、代わりに野球、ソフトボール、空手などから”オリンピック競技”を選抜することを検討しているようです。しかし、何故”古代ローマ時代”より続いている”伝統競技”の”除外”を検討することになったのか?

その”理由”として、”競技の普及状況”や”テレビ視聴率”、更には”階級が多すぎる”という事を考慮してのものだそうです。しかし、それはあくまでも”西ヨーロッパ”に限ったものであって、日本、アメリカ、ロシアでは未だにレスリングの”指示率”は高いはずなんです。しかし、今の”IOC”には日本人はもちろんアメリカ人やロシア人の役員は存在せず、もっと言ってしまえば”レスリング”にかかわる人達が1人も存在しないようです(呆) そして、今回の”ロンドンオリンピック”によってヨーロッパ諸国にそれなりの”収益”があったことに味を占めたIOCが、どうやら”金儲け”に走った結果ではないか?という意見もあります。それに、やはり日本人が多くのメダルを獲得していることが気に入らない、というのもあるでしょう。

そして、この一件は、これまで多数のメダルを獲得している日本はもちろんのこと、ロシアやアメリカでも”反発”が起こっているようです。昨年の「ロンドンオリンピック」において3度目の”金メダル”を獲得し、”国民栄誉賞”を受賞した吉田沙保里は、「今も信じられない。署名活動でもなんでも自分のできることはやって、どんどんアピールしていきたい。」と決意を表明し、同じく「ロンドのリンピック」の”男子レスリング66キロ級”で”金メダル”を獲得した米満達弘は、「選手として、どういう事ができるのかまだわからない。もし手段として可能であれば、IOCに直談判をしに行ってもいい。できることがあるのなら、僕は何でもする。」とアピールしたようです。更には、今回の”レスリング五輪除外”によって”国際レスリング連盟”のマルティネッティ会長が”辞意”を表明したそうです(哀)

それから、今回の件は日本の”プロレス界”にも大きな影響を与えた模様。まず、”元レスリング五輪代表”で”現PWF会長”である”衆議院議員”の馳浩は、「まさに寝耳に水」、「決定経緯が不明確」、「(他競技関係者などの)違った圧力がかかったのでは?」などと激怒している模様。更に、 「IOC理事会の議事録、データなどが公開されていない。唐突で一方的な決定に納得できない。これは五輪史上最大の汚点だ。全人類に対する暴挙と言っていい。」と主張。”元レスリング日本代表”で現在”ブシロードクラブ”の監督として山口剛(フリー96キロ級)等の有望選手を指導、発掘している”新日本プロレス”の永田裕志は「IOCは何を考えているのやら…。レスリングはスポーツの原点だろ?レスリングは古代ローマ時代から存在する、全世界の身体文化だぞ。商業主義ここに極まれり…だな」と怒りをあらわにしているようです。同じく”元レスリングバルセロナオリンピック日本代表”である”新日本プロレス”の中西学は、「競技人口が減ってしまう。ただでさえ、オレの母校(京都・宇治高、現・立命館宇治高)のレスリング部はなくなってる。第1回からやってて、古代五輪では最後の最後の種目がレスリングだったと聞いたこともあるのに…」と今回のニュースを悲しんでいるようです。永田や中西と同じく”レスリング”から”プロレス”に転身したケンドー・カシン(石沢常光)は、「結局カネだ、カネ。カネにならない競技は切られるってことだ。そしてロビー活動の不足。女子がメダルを量産するから、関係者が浮かれ過ぎたんだろう。ロビー活動といっても永田君のように東金の会場ロビー売店で1000円のスリッパを売る悪徳商法じゃないぞ」と冗談交じりにアピールした後、「もともと競技人口が少ないし、誰もがちびっ子レスリングから五輪を目指しているわけじゃない。将来的な人材不足にはつながらないだろう。柔道だって(メキシコ五輪で)一度は競技から外れたんだし。復活するには階級を減らさないとダメだな。」と切実に語っています。

これだけ、予想以上に”波紋”を呼んだ今回の”レスリング五輪除外問題”。確かに、”オリンピック”以外では”レスリング”の人気は思ったほど無いばかりか、”競技人口”も思ったより少ないのも確かなようです。でも、”IOC”のこの決定は少々強引すぎるのも事実です。しかし、”IOC”が未だに”ヨーロッパ中心”で”古い伝統”の上に胡坐をかいていることに、そろそろアメリカがしびれを切らせた可能性もあると思います。となると、今回の一件は、実はアメリカが”IOC乗っ取り”を実行するために裏で仕掛けたものではないか?と僕は疑っているんです。 [プロレス界も激震! どうなる、レスリング五輪除外問題!?]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/02/17(日) 10:31:45|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

”ヤラセ”と”真実”のグレーゾーン

大分以前に大相撲の”ヤラセ問題”についての記事を書いたことがあるのですが、”芸能”にしても”スポーツ”にしても”収益ありき”を考えれば、自ずと”ヤラセ”、演出”的なものは必要不可欠になってしまうと思うのです。”格闘技”にしても、”完全真剣勝負”をやっているのは”アマチュア”の世界ぐらいであって、”プロ”として会場に集客するとなればそれなりの”仕掛け”、”演出”も必要となり、時には”試合結果”に関する”八百長”的なものも発生すると思います。しかし、観客はそういったことを踏まえた上で一応は”勝負”という形でそれらを観ているのです。もはや、”プロレス”を”真剣勝負”と考えている人はほとんどいないでしょうけど、それを”本物”いや”本物以上”に感じる試合があるからこそ観客は会場に足を運ぶのです!

で、”芸能界”の方でも、まず”音楽”で言えば”オリコンチャート”のようなものも”ヤラセ”は存在するようですし、”レコード大賞”のようなものでもある程度前から受賞者は決まっているとのことです。また、”クイズ番組”でも、特に”番組改編期”の特番の場合は間違いなく”ヤラセ”が存在します。一押しのドラマのチームが大抵”優勝”するようになっているんです。でも、視聴者はそれらを置いておいて「どこのチームが勝のだろうか?」と予想しながら見ているのです。

でもって、AKB48に関してですが、彼女たちに関する様々な”企画”、”ルール”等こういったものもどう考えても”ヤラセ”や”演出”がふんだんにあります。”総選挙”や”じゃんけん大会”にしても、大方の”優勝者”は初めから決まっているのは見え見えだし、しかし、”本気”の部分もあるから何とかファンはついてきているのです。されど、AKBが”会いに行けるアイドル”から”国民的アイドル”に上り詰めると、当然ながらファンとの距離は遠ざかります。更には、そこに”利権”も絡んできます。となると、もはや”ファン投票”も”利権”によって潰されるようになります。指原莉乃が”総選挙”で”4位”になった直後に「週刊文春」に掲載された”スキャンダル記事”によって姉妹グループであるHKT48へ移籍となったものも何かしらの”権力”が動いたのは明白であり、文芸春秋社の背後に何かしらの”権力者”の影がチラついているのはほぼ間違いないと思います。

それから、AKBの”恋愛禁止ルール”についてもプロデューサーの秋元康氏はどうやら本気で言った訳ではなかったようです。このルールもまた”会いに行けるアイドル”時代だからこそ通用したルールなのだと思いますし、ファンの多くはこれが絶対的なものではないことぐらいはわかっているはず。ただ、中には”狂信的”なファンもいる訳で、こういったファンが「週刊文春」を利用したとある”権力者”による”AKB潰し”に悪用され、ここ最近のAKB及び姉妹グループの”大量脱退”を生み、更に峯岸みなみの”丸刈り謝罪”が”社会問題”に発展する始末。もしかすると、この背景に”リストラ計画”があった可能性もありますが、”恋愛禁止ルール”をここまで悪用されてまでまだファンはこのルールにこだわるのだろうか? いや、多くのファンこのルールが極めて”グレー”なものであることは承知なのでしょうけど、一部の”狂信的ファン”が問題なのです。ただ、このような”狂信的ファン”のために”恋愛禁止ルール”を続けてはAKBグループは間違いなく年内に潰れますよ! やはり、”ルール改正”更には”フロント陣”の大幅改正が絶対必要になってくると思います。

あとは、「週刊文春」の記者を陰で操る輩は一体誰なのだろうか?ということですが、大きく分ければ2通りいるでしょう。一つは、AKBを”一商品”としてその利権を握っている連中、もう一つはAKBによって自分達のポジションを脅かされている人達です。しかし、問題なのは「週刊文春」の記事が出たとたんに過敏な処置をする”AKBフロント”の態度なんです。しかも「週刊文春」の記事がそれほど”信憑性”が高いものとも思えないんです。となると、相当な”権力”が背後に存在する、という事ではないでしょうか。つまり、”嘘”でも”真実”にすり替える力を持っている連中、という事になります。例えば、”芸能界”ひいては”マスコミ業界”を一気に取り仕切る”権力者”とか。さしずめ”大手テレビ局”ないしそのバックにいる”大手新聞社”のトップとか。もっとも、かつてこの地位にいたのは”読売グループ”の総帥である”ナベツネ”こと渡辺恒雄氏ですが、彼は現在86歳と高齢ですし、事実上棺桶に片足を突っ込んでいる状態だと思います。となると、そのナベツネに代わって一気に”マスコミ”および”芸能界”を牛耳ろうとしている輩が”黒幕”である可能性は高いでしょう。

また、”音楽業界”に関して言えば、かつての”アイドル”や”演歌”を中心とした”歌謡曲”から、現在のより”洋楽化”した”J-POP”に移行した背景に”アメリカ音楽業界”の影がちらついているように思えるんですよ。当初は輸入物の”ダンスミュージック”専門に販売していた「avex」があれだけ大所帯のレコード会社になれたのも、その背後に”アメリカ資本”が関与していることは間違いないのでしょうし、現在の日本の”CDショップ”がほぼ「タワーレコード」や「HMV」といった”アメリカ系CD販売店”に占拠されていることから考えても、今の日本の”音楽シーン”には少なからず”アメリカ資本”が絡んでいることは確かでしょう。となると、アメリカが日本政府を通じて文芸春秋社に指示している可能性もあるかと思います。文芸春秋社及びその”ライバル”である新潮社は、数々の”政治スキャンダル”を扱ってきましたが、その実は”政府黒幕”の都合の悪い政治家の”スキャンダル”を取り上げたに過ぎないんです。つまり、”国家権力”とこの”両社”は間違いなくつながっている、という事です。更に、このような”国家権力”と上記で取り上げた”マスコミ界の黒幕”がつながっていたとしたら、これらは全て”グル”という事になってしまいます(怖)

話を元に戻すと、この世の中には”本音”と”建て前”が存在し、更には”一般常識”という”暗黙の了解”と”権力”という”暗黙の了解”が混在しながら世の中は成り立っているのです。そして、その”一般常識”というものは必ず”権力”という壁にぶち当たり、そしてその多くは握り潰されるんです。だからこそ、人々はその間にある”グレーゾーン”を巧みに利用しながらその場を凌いでいるのです。AKBの”恋愛禁止ルール”もこうした”グレーゾーン”を巧みに利用しない限り、AKB本人達も、ファンも、同時に潰れてしまいます! そういった意味では、AKBも”若手メンバー”以外は一度”オフ”を取るなどして一度周囲の状況をじっくり眺めてみる機会を設けた方がいいと思います。 [”ヤラセ”と”真実”のグレーゾーン]の続きを読む
  1. 2013/02/11(月) 10:26:38|
  2. 芸能|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

行き過ぎたAKB商法

先週の木曜日、会社から自宅へ戻り、夕食後ネットを接続した時、”衝撃”が走りました。ネットのトップページのニュースの欄に「峰岸みなみ 丸刈り謝罪」の記事がありました。記事を読むと、1月31に発売された週刊文春の中で1月17日に世田谷区内のEXILEの弟グループ”GENERATIONS”のダンサー、白濱亜嵐宅に一泊したと報じられ、それによって峯岸は”研究生”に降格となり、その”けじめ”をつけるために”丸刈り”にしてYOU TUBEで謝罪をした、とのでした。これまでも指原莉乃等 ”AKBスキャンダル”は後を絶えず、ここ最近は相次いで”脱退者”が出ましたが、今度は”丸刈り”まで・・・。もはや、こうまでして”恋愛禁止条例”なんて必要なのだろうか? 今回の件では海外でも多く取り上げられているらしく、「恋愛しただけで”丸刈り”なんて日本人は頭がおかしい!」だの、「こんなことで”丸坊主”にするのだったら、ウチの国だったらみんな”丸坊主”だよ!」という意見が飛び交っているようです。それと、”報道相手”白濱亜嵐の方は特に“御咎めなし”であるばかりか、今回の”報道”を完全に無視する始末だし、”AKBプロデューサー”である秋元康も、本来”責任者”として謝罪すべきなのに、それをやったのは”AKBグループ総監督”である高橋みなみであり、秋元康は何処かへ”雲隠れ”したかのように、今回の報道に関しては全くメディアに登場しない始末。僕は、今回の件では、”婦人団体”が動いて秋元康が糾弾されるんじゃないかと思っていたのですが、そこまでは至っていないばかりか、今回の件も”やらせ”が含まれているというも話があるようです。

まぁ、今回の一件が偶発的に報道された”スキャンダル”に対する真剣な”謝罪”なのか、秋元康がシナリオを描いた”茶番劇”なのかどうかはわかりませんが、世間的にはもはやただの”スキャンダル”では済まされない”社会問題”にまで発展し、”婦人団体”が動かなかっただけマシでも海外からも大きい反響があったわけですから、もうこれ以上”恋愛禁止条例”を続けるのは見直す必要があるのではないでしょうか。 ただ、問題なのは”丸刈り謝罪”の直後に、何人かのメンバーと一緒に笑顔で”Wピース”をした写真が公開されていることから、”売名行為のためのヤラセ”と疑う声もあったり、昨今ロングヘアのアイドルないし若手女優の”ロングヘア離れ”も相次いでいるので、本当は髪を切りたかっただけだったのでは?という意見もあるでしょう。

いずれにしても、日本は海外と違って”女性の坊主=虐待”と未だに信じきっている人も少なくないし、その海外からも今回に関しては「間違っている!」という意見が多いです。それに昨今ただでさえ”脱退者”が相次いでいるし、また、AKBの出現によって窮地に立たされた”ライバルグループ”モーニング娘。の人気も急激に回復し、先週付のオリコンシングルチャートで”1位”を獲得しているので、このままいったら”ハロプロ勢”との立場が逆転する可能性もあるかと思います。もっとも、どのグループも”恋愛禁止”とは声高には言わなくとも、モー娘でも”恋愛スキャンダル”によるメンバー脱退をする人も何人かいましたから、”暗黙のルール”は存在するのでしょうけど、今頃つんく♂の”したり顔”が目に浮かびます(笑) それと、つんく♂に負けたくなかったら、秋元康よ、あなたもちゃんとメディアに出て、頭を丸めて多くのファンに謝罪しなさい! そして、”プロデューサー”を辞任して”後見役”ないし”アドバイザー”になって、現在AKBの音楽やイベントに携わる人を“後任”にして、”恋愛禁止ルール”も”期間制”にするなど”緩和策”を立てた方が良いかと思います。 [行き過ぎたAKB商法]の続きを読む
  1. 2013/02/03(日) 11:51:17|
  2. 芸能|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

2013年、プロレス界の展望

①新日本プロレス
1.4、「レッスルキングダム in 東京ドームⅦ」にて、”IWGPヘビー級王者”棚橋がオカダの挑戦を退け、”IWGPインターコンチネンタル王者”中邑は”外敵”桜庭に勝利し、真壁と柴田の”遺恨対決”は真壁に凱歌が上がるなど、大いに盛り上がりました。で、今後は中邑真輔率いる”CHAOS”と鈴木みのる率いる”鈴木軍”が本格的に”全面抗争”を展開するようです。しかし、現時点では、”CHAOS”は中邑、オカダ、矢野、田中将斗、飯塚、高橋裕二郎、石井智宏、YOSHIHASHI、邪道、外道、デイビー・リチャーズ、ロッキー・ロメロ、ブライアン・ケンドリックの13名に対して、”鈴木軍”が鈴木みのる、高山善廣、TAKAみちのく、タイチ、ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJrの6名。人員的には”CHAOS”の方が圧倒的に優勢です。されど、”世界一性格の悪い男”と謳われる鈴木と、同じく”悪知恵”の働くTAKAのことだから、当然ながら”秘策”もあるはずです。もはや、今の”CHAOS”が”一枚岩”であるとは到底思えないし、”中邑派”と”オカダ派”に分かれるのは時間の問題です。しかも、このチームを事実上指揮しているのは中邑でもオカダでもなく矢野通ですからね。そして、”格闘技”にも精通する中邑に鈴木が密にアプローチをかける可能性は十分あります。最終的には中邑を孤立させ、中邑とオカダ、更には矢野との”仲間割れ”を引き起こさせ、そして中邑を引き抜く、という展開になるのではないか? という期待が僕個人的にはありますね。ただ、矢野もまた”悪知恵”の働く男ですから、このような目論見を見通して、わざと”仲間割れ”をするように見せかけて”鈴木軍”を騙す作戦に出る可能性もあります。とはいうものの、やはり一つのチームに”大将”ないし”看板”は2人要らない、というのも世の常ですからね。

②プロレスリングNOAH
1.27、ボディーメーカーコロシアム(大阪府立体育館)にて、ついにKENTAが森嶋から”GHCヘビー級王者”となり、”政権交代”を果たしました。しかし、以前から言っているように、やはり”階級の壁”って必要なんじゃないか?ってことです。新日本の”棚橋エース体制”を批判する輩がいるのであれば、NOAHの方だってここ最近浮上した”黒い噂”や秋山、潮崎等の”大量離脱”を考えると、森嶋では”人気”が取れないからKENTAを”エース”に仕立て上げた、とも言えなくないし、しかも今のNOAHを牛耳っているのは誰がどう見ても丸藤正道であることは言うまでもありません。”Jrがヘビーを超える!”という長年の夢を実現したかったのはわかるが、”レスリング上がり”の杉浦ならばともかく、”野球上がり”で体も小さいKENTAがここまで強くなる、というのもちょっと”違和感”を感じるのですよ。もっとも、NOAH所属のヘビー級選手相手だったら”手の内”もわかっているから勝っても不思議ではないのでしょうけど、他団体のヘビー選手相手ではそうはいかないと思います。器用な丸藤あればともかく、KENTAが棚橋、中邑、オカダ、諏訪間にそう簡単に勝てるとは思えませし、”Jr”でもロウ・キー、中嶋勝彦の方が強いような気がしますし、”全盛期”のライガーの方が強かったようにも思います。
それに、”現プロレスリングNOAH副社長”であり、小橋無き今事実上NOHAの”マッチメイク”を牛耳っていると思われる丸藤とて、”苦手な先輩”金丸義信から”GHCJrヘビー級ベルト”を奪取する自信がないから”ヘビー級戦線”に移行したのは確かでしょう。そのつけが、金丸、鼓太郎、青木の”離脱”につながったのは間違いないでしょうし、更に”社長”である田上とて、今や丸藤の”傀儡”同然になっているでしょうから、それが秋山、潮崎の”離脱”を呼んだのでしょう。もっとも、今のNOAHで”客”を呼べるのは丸藤とKENTAであるのは確かなのでしょうけど、彼らが”トップ”に立つには体が小さすぎることも事実です。これで、森嶋、杉浦まで”離脱”を表明したら、完全にNOAHは”終わり”です!

③全日本プロレス
1.26、大田区総合体育館大会に、スポーツ紙で報じられた通り、秋山、潮崎、金丸、鼓太郎、青木ら”NOAH退団組”が、”引退”を表明した小橋建太の魂を継承し”バーニング”の名称で登場。2.9、京都大会から本格的に”全日マット参戦”を表明しました。現在”新エース”諏訪魔が中心に入るものの、彼に続く選手が今一つであることと、船木、曙等ほぼ”寄せ集め”で成り立っている今の全日本にとっては、”在りし日の全日本”の魂を受け継ぐ選手がどうしても必要だったことは確かでしょう。”現三冠王者”船木誠勝の前に王者だった秋山も”外敵”ではなく”エース”の扱いを観客から受けていたのは事実だし、今の全日ファンも”新日移籍組”より”全日生え抜き選手”を求めていたことは確か。それに、”カリスマ”武藤ももはや”セミリタイヤ”の状態です。最近、全日の正式な”アドバイザー”となった蝶野正洋も”元新日”の上に”セミリタイヤ”の状態です。諏訪魔の”上”に就く”本格トップ選手”が必要だったのは確かなのと、現時点では”エース”諏訪魔の”絶対的ライバル”が存在しません。そこに潮崎豪が現れました。”ライバル”の器ではなかった河野真幸とは違い、潮崎であれば新たな”名勝負数え歌”も生まれる事でしょう。”Jrヘビー”にしても、こちらも”移籍組”が多いですがカズ・ハヤシ、田中稔、金本浩二、KAI、大和ヒロシの中に金丸、鼓太郎、青木が加わればよりヒートアップするでしょうし、実質”ヘビー”である近藤はこれを機に正式に”ヘビー転向”ができるでしょう。
もっとも、あくまでも”バーニング”は全日本の”対抗チーム”なので、”正規軍”の方がどういった構成になるのか気になります。船木が諏訪魔と手を組むのか? 武藤が”老体”に鞭を打って”対抗戦”に参戦するのか? まぁ、最終的には全日に”吸収”されそうな気がしますし、僕はその方がいいようにも思います。本来、”全日本”を継承すべきは、武藤でも、船木でもなく、秋山なわけですからね! [2013年、プロレス界の展望]の続きを読む
  1. 2013/02/03(日) 10:06:54|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スーパーpsy野神

01 | 2013/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。