コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

聖飢魔Ⅱ限定復活ライブDVD「魔暦12年12月12日 -Inter Continental Black Mass:TOKYO FINAL-」

”東日本大震災”によって、当初観に行く予定だった”IRON MAIDEN来日公演”が中止となり、それに代わる”ライブイベント”にも行けないまま途方に暮れていた時、先々週ぐらいに新聞の”テレビ欄”に小さく「聖飢魔Ⅱ限定復活ライブDVD2枚&CD発売」という広告が載っていたため、ふと買いたくなってしまい、先週の火曜日ぐらいに「魔暦12年12月12日 -Inter Continental Black Mass:TOKYO FINAL-」のみを買いました。

実は、去年一時的に彼らが”復活”していたなんて全く知らなかったのですが(汗)、彼らの”地球デビュー?二五周年”を記念して、期間限定で再集結して行った「聖飢魔II ICBM(Inter Continental Black Mass)TOUR」の最終日の東京国際フォーラム公演をDVD化したもので、メンバーも”オリジナルメンバー”だったギタリストのエース清水長官の姿がなく、代わりに”初期メンバー”だったジェイル大橋代官が加わり、ヴォーカルのデーモン小暮閣下も大分太った感じもありましたが、まだまだ”健在”でしたね。

彼らの”ライブ”は、演奏もさる事ながら、”トーク”が盛り上がるんですよね。しかも、デーモンのみならず、他のメンバーも皆トークが上手いし、”ロックバンド”というだけではなく”エンターティナー”としても”プロ”である事を再確認しました。それに、彼らは普段”悪魔”を装ってワルぶっていますが、本当はすごく”いい人達”である事もこのDVDで伺えると思います。

とは言え、”聖飢魔Ⅱ”というととかく”色物”扱いをされがちですし、”へヴィメタル=邪道な音楽”というイメージを決定づけた”A級戦犯”と言っても過言ではないでしょう。されど、他の日本のメタルバンドと比較すると、”内容的”には本来の”へヴィメタル”に忠実なのは実は聖飢魔Ⅱの方である、と僕的には感じます。ただ、”サウンド面”にもう少し”重み”があれば・・・という不満もありますが、日本人だから仕方ないのかもしれません。

PS:サージェント・ルーク篁3世があんなに”面白い人(悪魔?)”だとは思いませんでした(笑)

聖飢魔Ⅱ 復活ライブDVD








【魔暦12年12月12日 -Inter Continental Black Mass:TOKYO FINAL-】

〈disc1〉
1. 第一の恐怖のPrologue
2. GO AHEAD!
3. WINNER!
4. STAINLESS NIGHT
5. 1999 SECRET OBJECT
6. 「不快な表現」 (Talk-1)
7. REVOLUTION HAS COME
8. BABIES IN THEIR DREAMS
9. BAD AGAIN~美しき反逆~
10. 陰アナウンス (解脱編) (12月11日)
11. 陰アナウンス (煩悩編) (12月12日)
12. 第二の恐怖のPrologue
13. 創世紀
14. 地獄の皇太子
15. 「品のないイニシエーション」 (Talk-2)
16. アダムの林檎
17. RATSBANE
18. 秘密の花園
19. 「構成員の挨拶(前半)」 (Talk-3)

〈disc2〉
1. 「構成員の挨拶(後半)」 (Talk-3)
2. ぶっ潰すための呪文
3. DEMON’S NIGHT
4. 害獣達の墓場
5. 少女の悲鳴が聴こえるとか… (次の曲の前説)
6. 蝋人形の館
7. BRAND NEW SONG
8. FIRE AFTER FIRE
9. 嵐の予感
10. JACK THE RIPPER
11. 「無冠の帝王」 (Talk-4)
12. EL DORADO
13. 再集結Epilogue

〈メンバー〉
Vo:デーモン小暮
g:サージェント・ルーク篁3世
g:ジェイル大橋
b:ゼノン石川
ds:ライデン湯沢 [聖飢魔Ⅱ限定復活ライブDVD「魔暦12年12月12日 -Inter Continental Black Mass:TOKYO FINAL-」]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011/04/29(金) 09:27:48|
  2. CD|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2011年の桜 -秩父鉄道沿線の桜-

2011年3月11日、あの忌まわしき”東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)”の発生により、東日本各地で”桜祭り”が中止されている状況ですが、それでも”桜”は咲いています!

昨日、秩父方面に桜を見に行ってきました。武蔵野線新秋津駅から西武線秋津駅に乗り換えて、そこから西武秩父駅に向かい、西武秩父駅から秩父鉄道御花畑駅へ乗り換えて、武州中川で下車。そこから、徒歩10分ほど行った所に”シダレザクラ”で有名な清雲寺があります。

まずは、その手前にある若獅子神社で参拝。

若獅子神社






若獅子神社

若獅子神社の桜






若獅子神社の桜

若獅子神社を出ると、その隣の敷地に”シダレザクラ”が何本も植樹されています。これが有名な”清雲寺のシダレザクラ”なのですが、その”メイン”の桜は残念ながらほとんど散っていました。

清雲寺






清雲寺

清雲寺シダレザクラ








清雲寺のシダレザクラ①

清雲寺シダレザクラ2






清雲寺のシダレザクラ②

清雲寺を後にすると、近くにある「太鼓亭」という食事処で昼食をとる事にしました。そこで、”味噌ソースかつ丼”と”桜アイスクリーム”を注文。“味噌ソースかつ丼”はかなりボリュームがありましたが、肉厚で、衣もサクッとしていて、それでいて肉が柔らかかったのでとてもおいしかったです。

昼食を終えた後、”秩父札所29番”長泉院へ向かいました。

長泉院






長泉院①

長泉院2






長泉院②

長泉院の桜






長泉院の桜

長泉院をあとにすると、そこから札所27番橋立堂へ向かう途中、”浦山ダム”がありました。しかも、中々の”絶景”でした。

浦山ダム






浦山ダム

ダムから20分程あるいて27番札所橋立堂へ到着。巨大な石灰岩版の下に建てられた見るからに神々しさの漂うお堂でした。

橋立堂








橋立堂

そして、この巨大な石灰岩版の下には”鍾乳洞”があり、その中にも入ったのですが、正直それほどきれいなものではなく、中は狭くて結構険しかったので、体のアチコチが痛くなってしまいました(泣) 

橋立鍾乳洞








橋立鍾乳洞

で、本当はここから影森駅へ向かい秩父鉄道に乗って長瀞方面へ行くつもりだったのですが、この辺は”住宅地”のため道がわかりづらく、結局札所26番大淵寺へ行くことにしました。でも、中々良いたたずまいで、更に本堂の裏山の上に大きな”観音像”が立っていたのが非常に感動しました。

大淵寺






大淵寺

大淵寺観音像








大淵寺観音像

そして、そこから少し大回り(改札口が逆側にあるため)をして影森駅へ到着するも、今度は震災の影響でダイヤがまだ乱れているため、遅くなりそうなのでそのまま御花畑駅で西武線に乗り換えて岐路へ向かいました。

しかしながら、昨日感じたのは、”自然”というものは”震災”のように恐ろしいものもありますが、やはり美しいんですよね。いつまでも、”震災”を引きずって弱気でいるわけにはいかないんです。中には「”人類滅亡”の予兆では?」なんて言う声もありますが、それでも桜は頑張って綺麗な花を咲かせているんです! だから、我々もこうした花々に見習ってどんな状況下でも頑張って生きていかなきゃならないんだと思います。 [2011年の桜 -秩父鉄道沿線の桜-]の続きを読む
  1. 2011/04/17(日) 11:40:48|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スーパーpsy野神

03 | 2011/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。