コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シルバーウィークに関する賛否両論

今年の9月は、”敬老の日”と”秋分の日”が同じ週になり、”祝日”と”祝日”の間の日が自動的に”国民の休日”となり、更に”敬老の日”の前に”土日”があるという”5連休”、すなわち”シルバーウィーク”なるものが突発的に出来てしまいましたが、この連休に関しては多くの”賛否”がある事も確かではないでしょうか。

まず、本来”9月”と言えば多くの企業が”決算月”のために”事務処理”等で社内業務が過密になる時期です。ですから、どちらかといえば”営業活動”よりも”社内事務”の方が優先される時期です。逆に言えば”営業売り上げ”はその前にある程度上げておかなければなりません。そのために、”7月”、”8月”が重要になってくるのです。にもかかわらず、今年は”9月”にも”大型連休”が出来てしまったために、そういった通常の”営業活動”が”9月”にも集中する、という事態が発生してしまい、昨日の時点でも”棚卸し”等の”決算月”に行う業務がほとんど手付かずの状況になってしまいました。それに、皮肉にも”9月”なんて時期的にも”海水浴”には時期遅れだし”紅葉”には早すぎるという非常に”中途半端”な時期であるにもかかわらず、今回の突発的な”大連休”が思わぬ効果を出してしまったようです(汗) 僕も、日光方面へ行ってきたのですが、その”混雑振り”は異常な程でした。聞く話によれば、今回の”シルバーウィーク”の混み具合は”ゴールデンウィーク”、”盆休み”を上回っていたとか。正直「ありえない!」って感じです。

確かに、今年は景気的にあまり良くないため、多くの企業はこの”副産物”的な大連休を売り上げ挽回の”チャンス”と見たのは確かなのでしょう。しかし、それと同時に”決算月”として他の仕事もやらなければならない。そういった意味では、この連休が企業に取って”プラス”になったのか”マイナス”になっているのか良くわからない状況になってしまいした(汗) もっとも、”決算”なんてあくまでも”形式的”なものだから、多少乱れてもそれはそれで構わないl、という見方をする人も結構多いでしょうけど、景気が悪い時こそ”管理”を厳重にする必要があるのではないか?と僕は思うのですが・・・。

となれば、やはり僕は今回の”シルバーウィーク”は正直無くても良かったように思えます。”秋休み”的なものはあってもいいけど、どうせなら”10月後半~11月前半”の”紅葉時期”こそこうした”大型連休”を設けるべきではないかと思います。となれば、これまでにも増して”混雑”を招く事は予想される事ですが、しかし、本来ならば混んでしかるべき時にこうした”連休”を設けた方が何かとやりやすいように思えます。そこで、こうなったら、”秋分の日”は無理としても、”敬老の日”を1ヶ月遅らせてはどうか?と思います。と言っても、この”敬老の日”が従来であれば”9月15日”に制定されていたのにも意味があって、1947年(昭和22年)に兵庫県多可郡野間谷村の門脇政夫村長と山本明助役の提唱によって「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定められて敬老会を開いた事がきっかけになっているようです。しかし、”秋分の日”のような”季節的区分”が関係している訳ではないですから、1ヶ月延期する事は別に大きな問題にはならないと思います。

確かに、”休日”を増やしていただけるのは大いに結構なのですが、”時と場合”にもよるんです! ここら辺の所を国はもっと慎重に考えてもらいたいです。鳩山首相率いる”民主党内閣”にこうした”判断力”は果たしてあるのだろうか・・・。 [シルバーウィークに関する賛否両論]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/09/27(日) 09:25:17|
  2. 社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ありがた迷惑のシルバーウィーク -日光への旅(その2)-

翌日の22日、朝食がAM6:30からだったので、その時間に朝食のバイキングを食べ、一応、携帯で電車の時刻を調べたら少し余裕があったので、AM8:00頃にホテルをチェックアウトして駅へ向かいました。今度は電車も空いていたせいか、かなり早く感じました。また、前日運んでて見えなかったのですが、日光線から見た風景が実にのどかで良かったですね。稲穂が黄色く実っていてまさに”秋”を感じさせました。

さて、再び日光へとやってきたのですが、当初危惧していた通り、やはり道路は混んでいました。でも、しょうがないのでバスに乗る事にしましたが、東照宮の入り口付近まで行くのに1時間近くかかってしまいました(涙) ところが、そこを通り過ぎ左折したとたんに道が”ガラ空き”になりました(汗) という事は、東照宮付近まで歩いた方が早かった、という事になりますね(呆) だったら、アナウンスで「東照宮までは歩いた方が早いですよ!」と言え!!

で、東照宮付近を抜けていろは坂へ向かう途中までは本当にイヤミのように流れが良かったです。(それまでの無駄な1時間はなんだったんだ(悲)) それから、明智平辺りに差し掛かった所で再び道が混み始めました。そこから”中禅寺湖”まではこの状態で進んで生きました。やはり、”混む場所”は相場が決まってますからね。という訳で、中禅寺湖で一旦降りて、トイレ休憩をした後”昼食”をとる事にしました。”バスターミナル”から道を挟んですぐのレストランでハンバーグとチーズケーキを食べたのですが、結構おいしかったです。

バス時刻まで少し時間があったため、”中禅寺湖”の方へ行って写真を撮る等していました。

中禅寺湖






中禅寺湖

そして、バスへ乗って今度は”戦場ヶ原”へ向かいました。その前に、通常日光へ来て、中禅寺湖までくれば絶対に行かなければ行かない名所と言えば”華厳の滝”なのですが、今回の混み具合から考えて、おそらく華厳の滝を見るまでに最低でも30分は並ばされるのが目に見えていたのと、以前一度言った事があるので今回は省く事にしました。”戦場ヶ原”も一度車では通っていますが、もう少しちゃんと見たいので、この日はあくまでも”戦場ヶ原”をメインにしました。そして、中禅寺湖から約20分ぐらいした頃に”戦場ヶ原”が見えてきて、”三本松”と言うバス停で降りる事にしました。

本当はゆっくりと”遊歩道”を歩きたいのですが、なんせ時間が足りないのでバス停のすぐ近くにある”展望台”から”戦場ヶ原”を眺める事にしました。

戦場ヶ原






戦場ヶ原

そこから、(中善寺湖方面に向かって)次ののバス停”赤沼”まで歩く事にしました。その途中途中で見る”戦場ヶ原”が位置によって違った味わいが見られるのが感動しましたね。また、道を挟んで反対側にある”男体山”の威風堂々とした姿も感動的でした。

男体山






男体山

そのあと、”赤沼”も見たかったのですが、時間の関係上あきらめる事にしました(泣) それから10分ほどしてバスが来たため、それに乗って”東武日光駅”へと向かいました。その途中で、行きに見逃してしまった”竜頭の滝”をわずかな時間ですが見る事が出来ました。まぁ、”滝”というより岩の上に川が流れているような感じでしたね(残念ながら写真はありません(悲)) それから、”中禅寺湖”を過ぎ、”いろは坂”も下って東照宮が近づくにつれて再び”渋滞”に見舞われてしまいました(泣) 「またかよ!」って感じでしたが、運転手が言うには「神橋(東照宮付近に掛かる赤い橋)を超えれば流れが良くなると思います。」との事だったので、途中で降りずにそのままバスで行く事にしました。

正直、今回の”日光の旅”は一泊の割には結構中身が濃かった、と言うか”ヘビー”な旅でした。もっとも、”シルバーウィーク”ですから思った以上に混んでいましたしね(汗) それにしても、日光と箱根は近場にあるせいか常に”宿”は取れない所ですが、こうなるとやはり”真夏”に来るしかないのかな?と思いました。さすがに”真夏”であれば、ほとんどは”海”へ行くでしょうし、”山方面”でもどちらかと言えば”軽井沢”とか”那須高原”の方に行く人の方が多いでしょうから。そういう意味でも、日光は”近くて遠い所”である事が改めて思い知らされた気がします。今度は”戦場ヶ原”をピンポイントで”穴場”の時期に行きたいですね。 [ありがた迷惑のシルバーウィーク -日光への旅(その2)-]の続きを読む
  1. 2009/09/23(水) 15:10:29|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ありがた迷惑のシルバーウィーク -日光への旅(その1)-

今年の9月は一体どうなってんだ!? 偶発的に”祝日”と”土日”が重なって”シルバーウィーク”なる”5連休”が生じてしまったせいで、ただでさえ”棚卸”で忙しいのにそのせいで”通常業務”も倍近く忙しくなるは、せっかくの”連休”も時期的には”紅葉”にはかなり早いし、しかも”台風”の時期なので当初は”泊まり”で出かける予定はありませんでした。しかし、せっかくの”連休”ですからもったいないので、約1週間前に急遽宿を予約したしだいです。

で、”行き先”も正直かなり迷いましたが、これまで行こうとしても中々行く機会が無かった日光へ行く事に決めました。実は、日光は”近場”ではあってもどうも”混んでる”イメージが強くて中々行く気に離れなかったのですが、”東照宮”は幼い頃行ったきり行っていないしその頃の記憶も定かではありません。”華厳の滝”、”中禅寺湖”、”戦場ヶ原”、”湯の湖”方面には10年程前に友人とドライブして以来です。まぁ、”旬”ではないですが、今ぐらいの時期ならちょうどいいだろう・・・と考えてしまったのが”大間違い”だった事が現地へ行って思い知らされました(泣) おそらく、自分と全く同じ事を考えていた人がたくさんいたか、若しくは最近時々テレビの”情報番組”等で取り上げられる事から密かに注目されていたからかもしれません。

で、もっとも日光付近で空いている宿は無かったので(実はこの事が中々日光へ足を向けられなかった最大の理由でした)、日光から”JR日光線”1本で宇都宮まで約40分程で行けますので宇都宮のホテルで宿泊する事にしました(実は宇都宮も”ご当地グルメ・餃子”で注目されています)。”2日目”は、再び”JR日光線”で日光へ行き”中禅寺湖~戦場ヶ原方面”へバスで向かう予定にしていました。

21日、まず東武鉄道に乗って日光へ向かい、東武日光駅に着くとそのまま歩いて”日光東照宮”へ向かったのですが、その際に”東照宮~中禅寺湖”方面の車線が”渋滞”していたのを目の当たりにし、翌日が”不安”になりました(汗) その道(宇都宮日光道路)の途中にある食事処で昼食をとり、再び東照宮へ足を進めると、2つの橋が見えてきました。一つはこの道の延長上にある”日光橋”で、もう一つが赤い昔風の”アーチ状”の橋で”神橋”という橋です。

神橋






神橋

この橋を渡り、そこへ交わる道路を渡った所に階段があり、その階段を上っていくとまず東照宮よりも大分以前(奈良時代)から存在する”輪王寺”に入ります。そこで”拝観券(二社一寺共通券)”を買ってまずは、”逍遥園(しょうようえん)”という庭園から見学する事になりました。

逍遥園






逍遥園

その後、隣接する”宝仏殿”に入り、そして”本堂”である”三仏堂”へ入りました。中には、その名の通り3体の黄金に輝く”大仏”が鎮座していました。これまで、”奈良の大仏”や”鎌倉の大仏”を見てきましたが、これもまたかなりインパクトのあるものでした。

輪王寺・・・天平神護2年(766年)、地元下野国出身の僧・勝道上人によって開創されたと言われる天台宗の寺院。

輪王寺三仏堂






輪王寺三仏堂

輪王寺から出た後、次に”本命”である”東照宮”へ入りました。中に入ると、いきなり”行列”でした(汗) しかし、にもかかわらずその列に並ばずにある建物を写真に撮っている人たちが結構いました。その建物は”神厩舎(しんきゅうしゃ)”というもので、神馬をつなぐ馬屋の事なのですが、実はこの建物の上部に彫られている彫刻が言わずと知れた「見ざる、聞かざる、言わざる」の”三猿”です。建物そのものより”彫刻”の方の名前が一人歩きしているのも”日光東照宮”の特徴と言えるでしょう。

日光東照宮・・・元和3年(1617年)、久能山に葬られていた徳川家康の遺骸を日光山へ移し、家康を”東照大権現”と神格化して日光山内に家康の最高顧問であった天海大僧正(南光坊天海)によって建立された神仏習合の神社。

三猿






三猿

しかし、”本殿”の門である”陽明門”の辺りから行列が出来ていましたが、この”行列”は、当然その後もどの建物に入っても続く事になります(泣) ”道路”もそうですが、この時期の日光はどうやら予想以上に混雑していたようですね(悲)

東照宮陽明門






東照宮陽明門

門をくぐると”拝殿”があったのですが、漆が劣化したっため”改装中”でした。で、そこにもまた”行列”がありましたが、実は2つあり、てっきり”本殿”へ入る行列だと思って並んだのが間違って”奥宮”の方へ並んでしまい、そこでもまた”写真”を撮る人がたくさんいるので、その門の上部を見ると今度は”眠り猫”の彫り物がありました。こちらもまた”超有名”ですからね。

眠り猫






眠り猫

そこから、参道を少しばかり歩いて、階段を上った所に徳川家康の墓である”奥宮御宝塔”があります。天海によって”日光大権現”という神にまで奉られ、このような立派な”東照宮”と立派な”墓”まで立ててもらったのですから、”徳川の栄華”が260年も続いたのもわかるような気がします。で、そこで気になったのが、今回の”参拝客”の多くは”関西弁”をしゃべっていました。たしか、関西人の多くは”秀吉びいき”の人が多いはずなのに、何故”敵方”の家康を祀る東照宮に来ているのだろうか? ”ご利益”目当てならそれもお構いなし、というのも”関西人(特に大阪人)”らしいですけどね(笑)

奥宮御宝塔






奥宮御宝塔

奥宮を出る前にそこで”眠り猫”のお守りを買ってから、再び本殿(拝殿)の方へ向かいました。この”拝殿”が東照宮内でも最も混んでいました(泣) 中に入るのに20分ぐらいは待ったでしょう。そして、ようやく拝殿内に入ると中はかなり煌びやかで、天井にはそれぞれ姿かたちの違う”百間百種の龍図”が描かれ、周囲には”百人一首”でお馴染み歌人の画像が飾ってありました。ただ、今回漆を塗り替えるために”改装中”だったのが残念です。

東照宮拝殿






東照宮拝殿

東照宮陽明門を出ると、右手に”鳴龍”でお馴染みの”薬師堂(本地堂)”があり、そこへ入ろうとしましたがやはり中は”混雑”していて、トイレにも行きたかったので、一度トイレに行ってからそこへ入る事にしました。お堂の中に入ると、その天井には大きな龍の絵が描かれ、”鳴龍”と呼ばれる通りその龍の口の真下で”拍子木”を叩くとその音が共鳴して”うなり声”のような音が響きます。

薬師堂






薬師堂

薬師堂を出て、”東照宮”の敷地から出たあと、日光山内の3つ目の社寺である”二荒山神社”へ参拝しました。この神社は、神社としては珍しく”拝殿”の中に入れますが、こちらは比較的すんなり入れました(安心) こちらも輪王寺とほぼ同時期に建てられた由緒正しい神社だけあって、かなり立派な作りでしたね。更に”奥社”には”朋友神社”、”大国殿”、”日枝神社”などの”摂社”があり、どれも立派でした。

二荒山神社・・・日光山を開山した勝道上人が、輪王寺を建立した翌年の神護景雲元年(767年)に男体山(別名:二荒山)を祀るべく建立した神社。”祭神”は”大己貴命(男体山)”、”田心姫命(女峯山)”、”味耜高彦根命(太郎山)”の三神

二荒山神社






二荒山神社

正直、”シルバーウィーク”という事もありましたが、この時期にこんなに混んでいるとは思いませんでした。そんな訳で、”家光廟大猷院”と”慈眼堂”には行かずに”東照宮”を後にしました。駅へ向かう途中にあるお土産屋でお土産を買う事にしましたが、そこもまた混んでいました(泣) そして、行きの電車とは違う”JR日光線”に乗るために、東武日光駅よりも更におくにある”JR日光駅”から電車に乗る事になったのですが、やはり時間が間に合わず、40分後の電車に乗る事にしました。そして、電車に乗って何とか座る事が出来たものの、やはり車内は”大混雑”でした。そのせいか、電車が遅れたのか”乗車時間”が異様に長く感じました。

そして約45分後に宇都宮駅に到着。ホテルをチェックインした後、”夕食”をとるべく再びホテルを出たのですが、”餃子店”が集中する西口に出た時に、いくつかの店はまたまた”行列”を作っていました(汗) もしかすると、僕と同じ事を考えて”シーズン”より少し前に日光へ行くついでに、”ご当地グルメブーム”にあやかって”餃子の町:宇都宮”も一緒に廻ろう、と考えた人がたくさんいたのでしょう。一応、僕が入った店は何とかすぐに入る事が出来たのですが、やはり”混雑”が予想されるとの事で”注文”は一回だけしか出来なかったため、”健太餃子(宇都宮におけるノーマル餃子?)”、”にんにく入り餃子”、”しそ餃子”の3種類が6ヶづつあるセットに、更に”宇都宮名物餃子”6ヶを頼み、便ビール1本を頼みました。ここ最近の東京近辺のラーメン屋で食べる餃子と違って、皮の”パリパリ感”と具の肉の風味がしっかり残っているのが良かったですね。しかし、”ビール”を一杯しか頼めなかったため、この店を出た後にそばにあった居酒屋へ立ち寄る事にしました。(出る頃には、その店も”行列”が出来ていました(汗)) そして、ホテルへ戻り、風呂へ入り、次の日に備えてすぐに寝ました。(自称へ続く) [ありがた迷惑のシルバーウィーク -日光への旅(その1)-]の続きを読む
  1. 2009/09/23(水) 08:59:19|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

民主党政権で日本は変わるか!?

先週行われた”衆議院議員選挙”において、混迷する麻生内閣率いる”自由民主党”がとうとう”惨敗”し、そして長年”政権交代”を夢見ていた”民主党”が圧勝し、念願の”民主党政権”を獲得しました。果たして、これで日本は生まれ変わるのだろうか・・・・?

正直、今回の民主の”圧勝”は、民主党自体が国民に”信頼”かつ”期待”されているというよりは、頼りない自民党に多くの国民が”三行半”を突きつけたとしか思えません。ですから、小沢一郎氏ならともかく、鳩山由起夫氏が代表の民主党に本当に期待出来るかどうかは正直”疑問”です。というか、逆に言えば鳩山氏が代表だからこそ、あえて民主党に政権を譲った、とも言える気がします。

そもそも、これまで何が起ころうとも自民党が”政権”をとり続けられたのは何故なのだろうか? これにはやはり”裏”があるからに他ならないと思います。多くの”大企業(特に建設会社)”が自民党と結託していた事は考えられますし、更には”暴力団”も少なからず絡んでいたでしょう。しかし、それら全てを裏で糸を引いていたのは、やはり日本の事実上の”支配者”であるアメリカに他ならないと思います。だからこそ、彼らは”小沢民主党”が政権を取ったらまずい事になるため、小沢氏の”不正疑惑”をでっち上げて、小沢氏を”民主党党首”の座から引き摺り下ろすように画策したと思われます。でも、それでも自民党がこのまま生き残れるとは思えない。であれば、”鳩山民主党”なら何とか一時的に政権を譲っても特に日本が大幅に変わる事は無い、と踏んだのではないでしょうか。アメリカの方も、今は同じ”ハト派”の”オバマ政権”だし。

しかし、このような”表面的平和主義”など長続きする訳がありません。アメリカ(アメリカ国民ではなく、アメリカを事実上牛耳っているアシュケナジー・ユダヤ系財閥率いる”軍産複合裏政府”)が望んでいるのは”平和”ではなく”戦争”だからです。そして、それによる事実上の”世界征服”。無論その中にはここ日本も含まれます。そうなれば、当然連中は何かしらの”仕掛け”をしてくるのは間違いないと思います。といっても、このまま鳩山氏とオバマ氏が仲良くしていれば、”貿易摩擦”なども起こりにくくなるでしょうから、まずは両国家内で”内部分裂”を起こすように仕向けるのではないでしょうか。現在民主党は、鳩山代表と小沢代表代行の”2派”に分かれているといっても過言ではありません。いずれこの両者が”対立”し、”分裂”するように仕向けるのは間違いないでしょう。同時にアメリカの”オバマ政権”の方も、”大統領選”の際にライバルだったヒラリー・クリントン現国務長官との”対立”が起こる可能性はあります。それ以前に、未だにアメリカには”タカ派勢力”や”反黒人勢力”も多く存在するはずです。となれば、かねてから噂されていたように”オバマ暗殺”も考えられるのではないでしょうか。

また、昨今アメリカ市場の”株価”が大暴落し、”世界恐慌”が起こる、という噂が”裏ネット”で流れたようですが、どうも”デマ”のようですけど、しかしアメリカにはそういった”シナリオ”がすでにあり、ゆくゆく”株価大暴落”をでっち上げて”世界恐慌”を自ら作り出し、それを理由に本格的に”世界征服”に乗り出す可能性はあります。そうなった時には、結局”民主党”は見捨てられ、ここぞとばかりに再びでしゃばりだすであろう”アメリカの犬”小泉純一郎に騙されてあっという間に自民党に政権を奪われ、更にアメリカも”共和党”が政権を取って再び”軍事主導”の方針に切り替え、世界中がその巻き添えを食らう可能性は大いにあるでしょう。

ちょっと話が大きく”飛躍”してしまいましたが、そこまでいかなくても今身近に起こっているのが八ッ場ダム建設問題。確かにこのダム工事には当初から大きな問題があったようで、実はこの場所には”川原湯温泉”という古くからの温泉街がありました。しかし、建設省による「利根川改訂改修計画」の名の元に1952年に”八ッ場ダム建設計画”を発表したそうですが、おそらく、これには政府と建設会社との”癒着”があった事は間違いないでしょう。そういった意味で地元住人の反対によって”建設工事”は大幅に延期し、その約40年後の1994年にようやく最初の工事が行われ、来年の2010年に完成予定となっていましたが、民主党の”マニフェスト”の中に”八ッ場ダム建設中止”が掲げられていたため、それが大きな問題になっています。いくら、当初住民の反対があったとはいえ、もう完成まで1年あるかないかの所まで来ているし、住民及び温泉旅館などの施設の多くは”移転”の準備をしているのに、ここで”中止”を決行してしまえば、やはりせっかくの”民主政権”にも傷が付くのは必定。かといって、”中止”を取りやめにすれば”公約違反”と自民党議員が罵るのも間違いないでしょう。いずれにしても、この問題が自民党やその”背後”にいるアメリカに対する大きな”弱み”になる事は間違いないでしょう。

まぁ、こうして考えると、正直”民主党政権”に対する”期待”と”希望”が少々希薄に感じるのは否めませんが、今”科学”や”医療”の分野でも”バイオテクノロジー”などの発達によって石油に代わる”資源”や切断された指等を再生させる物質まで開発されているようなので、こういった”ハイテクノロジー”等を生かす事によって”平和的社会”を築いていって欲しいです。(ただ、そのために”強大な軍事力”やはり必要になってくる、という”大いなる矛盾”が存在するのも事実ですが(悲)) [民主党政権で日本は変わるか!?]の続きを読む
  1. 2009/09/06(日) 09:52:35|
  2. 社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

スーパーpsy野神

08 | 2009/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。