コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本日の新日本両国大会結果

【Circuit2009 NEW JAPAN ISM 最終戦】
〈日時〉2月15日
〈会場〉両国国技館
〈観衆〉9,300人

(IWGPヘビー級選手権)
○棚橋(王者)(24分26秒 ハイフライフロー→片エビ固め)中邑(挑戦者)●
※棚橋が初防衛に成功!

(IWGPタッグ選手権)
ブラザー・レイ、ブラザー・ディーボン○(王者組)(17分50秒 3D→エビ固め)●真壁、矢野(挑戦者)

(スペシャルシングルマッチ Wrestle-incident DIE OR BREED)
○アングル(14分19秒 アンクルロック)バーナード●

(CMLL世界ウェルター級選手権)
○ミスティコ(王者)(12分01秒 ラ・ミスティカ)ラ・ミスティカ(挑戦者)●

(スペシャルシングルマッチ Burn the Debt)
○永田(16分57秒 バックドロップホールド)後藤●

(IWGPJrヘビー級選手権)
○タイガー(王者)(11分22秒 デストロイスープレックスホールド)ライガー(挑戦者)●
※タイガーが初防衛に成功!

・・・etc

う~む・・・、どの試合もあまりにも”順当”過ぎてちょっとしっくりきませんね(汗) ただ、今回”外人同士”のシングルマッチが2つ組まれていたのが新鮮に感じますね。特に”海外”のベルトの外人同士の”タイトルマッチ”は日本ではかなり久しぶりになるのではないでしょうか。

アングルVSバーナードのような”超大物外人対決”だってかなり久しぶりだし、早くテレビで見たいですね。

後藤は”怪我”さえしていなければもっといい線いっていたと思います。同世代の棚橋と中邑は”ライバル対決”に重点を置いているのに対し、後藤は”上の世代”を超える為の試合を重点においているんで、やはり彼に今後の新日本を託したくなってしまいますね。

さて、棚橋VS中邑ですが、何だかんだ言っても棚橋が勝ってしまいましたね。純粋に”強さ”という部分においては中邑の方が”上”に感じるんですが、まだまだ彼には”多くの課題”がありそうですね。で、棚橋の”ハイフライ・フロウ”って見た目よりも相当効く技なんですかね? いま一つそれが伝わりにくいのが棚橋の方の”課題”なんですけどね。

こうして見ると、棚橋=武藤、中邑=蝶野、そして後藤=橋本といった感じに今後なっていきそうな気がするのですがどうなんでしょうか? やはり、いくら棚橋が新日本の”カラー”を変えようとしていても、やっぱり”新日=チャラさ”じゃなくて”強さ”じゃなきゃ納得出来ない自分がいるのも事実です! [本日の新日本両国大会結果]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/02/15(日) 21:34:47|
  2. プロレス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

スーパーpsy野神

01 | 2009/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。