コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新日本、4.27、大阪大会結果

【Circuit 2008 NEW JAPAN BRAVE 最終戦】
〈日時〉4月27日
〈会場〉大阪府立体育館
〈観衆〉6,000人

(IWGPヘビー級選手権)
○武藤(挑戦者)(22分34秒 ムーンサルトプレス→体固め)中邑(王者)●
※武藤が第49代IWGP王者となる!

(IWGPタッグ級選手権)
○真壁、矢野(王者組)(15分14秒 トップロープからのキングコングニードロップ→片エビ固め)●天山、飯塚
※真壁&矢野組が初防衛に成功!

(IWGPJrヘビー級選手権)
○井上(19分28秒 オラシオンフレイム→片エビ固め)ダニエルズ●
※井上が3度目の防衛に成功!

ちょっとバタバタしていてうっかり書くの忘れていました(汗) 

中邑は、ここで負けてどうすんだ! 相手はいくら”キャリア”があるとはいえ、肉体的には”ボロボロ”の老人なのに、武藤の”術中”にはまっている場合ではないだろ! 中邑は、もはや新日を背負って立つ”エース”として、何が何でも勝たなきゃ駄目な存在という事を忘れているのか!

確かに、中邑はまだ”プロレス的インサイドワーク”に乏しいと思います。されど、そういった”ファイトスタイル”を完成させるのは”ライバル”棚橋に任せておいて、中邑はむしろ相手の”インサイドワーク”を壊して自分のペースを掴む”ファイトスタイル”を築き上げるべきなんです! それが、本来の”猪木流ストロングスタイル”であり、前回のカート・アングル戦で見せたのはまさにこういった”戦い方”だったはず! いくら、武藤がかつての新日の”看板選手”だったとしても、今の中邑の実力なら老いた武藤を”シュート”で翻弄する事など訳ないはずなんです。それでも、武藤の”インサイドワーク”が一枚上だった、って事なのだろうか?

”ストロングスタイル”というものは、それこそ武藤のようなつかみどころの無い”クレバー&ハイテクニックスタイル”を”シュート”で打ち砕く所から始まっているはず。”膝”に致命傷を抱えている武藤に対して、その”急所”である膝を徹底的に攻撃すれば中邑は勝てたと思うんですがね(汗) せっかく、多くのファンが掴みかけていた”信頼”をこれで一気に手放す事になるのではないでしょうか。

対して、真壁&矢野は堂々と自らの”スタイル”を確立させて、かつての”同門”だった天山を見事に打ち砕いているではないですか。彼らは自らの”ファイトスタイル”に”自信”と”信念”を持っているからこそ、常に前進し続けているのではないでしょうか。中邑にはまだこういった”信念”が足りないのでしょうね。

井上は、前回のダニエルズとの”ノンタイトルマッチ”で敗れてしまっていますが、何とか”王座防衛”に成功しました。他団体に負けないように新日ならではの”Jrスタイル”を築いていって欲しいですね。 [新日本、4.27、大阪大会結果]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/04/29(火) 19:12:36|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

NOAH、「グローバル・タッグリーグ戦’08」最終戦

【グローバル・タッグリーグ戦’08 最終戦】
〈日時〉4月27日
〈会場〉日本武道館
〈観衆〉11,500人

(グローバル・タッグリーグ戦’08 公式戦)
丸藤、杉浦○(9点)(24分47秒 オリンピック予選スラム→体固め)●森嶋、ヨネ(8点)

(グローバル・タッグリーグ戦’08 公式戦)
○健介、中嶋(8点)(22分17秒 北斗ボム→体固め)秋山、力皇●(9点)

(グローバル・タッグリーグ戦’08 公式戦)
バイソン、斎藤○(10点)(17分16秒 スイクルデス→片エビ固め)三沢、小川●(9点)
※バイソン&斎藤組が得点10点で「グローバル・タッグリーグ戦’08 」優勝!

全く”予想外”の結果になりました。なんだかんだ言ってバイソン&斎藤組が”優勝”しちゃいましたね(驚) 森嶋は杉浦からまさかの”フォール負け”を喫してしまうし、そもそも、新日であれば”上位4チーム”で”決勝トーナメント”をやるのですが、それが無いからなんかしっくり来ませんね。もっとも、これが本来の”リーグ戦”と言うものなのかもしれませんが。

やはり、”タッグチーム”というのは、個々の”強さ”よりも”バランス”と”団結力”がものを言う、という事なのでしょうね。バイソン&斎藤組はかねてから”タッグリーグ戦”の実現化を提唱してきた訳だし、それだけ”タッグ”というものにこだわり続けてきた”執念”が結果として表れたのでしょう。でも、他は”即席チーム”も少なくなかったし、一応ちゃんとした”タッグチーム”としてこれまでやってきたチームもありましたけど、やはり”格の違い”というか、上手く”バランス”が取れていなかったチームも少なくなかったと思います。三沢&小川組然り、健介&中嶋組然り、森嶋&ヨネ然り。そういう中でも、バイソン&斎藤組と丸藤&杉浦組は上手く”バランス”が取れていた、という事なのでしょう。

正直、一昔前の”名タッグチーム”と比較してしまうと今ひとつ”インパクト”に欠けるとは思いますが、 ”シングルマッチ主流”の今のプロレス界には改めて「タッグチームの”基本”は何ぞや!」
という事を教えられたリーグ戦だったのかもしれません。 [NOAH、「グローバル・タッグリーグ戦’08」最終戦]の続きを読む
  1. 2008/04/27(日) 21:25:45|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

先週行われた「K-1 WORLD GP 2008 in YOKOHAMA」(内容抜粋)

先週は腹痛で倒れてしまったのと、今の多忙時期もあいまってブログを書く事が出来なかったので、内容を抜粋して書きたいと思います。

【K-1 WORLD GP 2008 in YOKOHAMA】
〈日時〉4月13日
〈会場〉横浜アリーナ
〈観衆〉10,629人

(第9試合 K-1スーパーヘビー級選手権)
○セーム・シュルト(1R 3分06秒、右後ろ廻し蹴り→KO)マーク・ハント●

”K-1 GP覇者”になって以来向かう所”敵なし”状態にあるシュルトに対する”最後の壁”として立ちはだかったのが、4年ぶりにK-1マットに復帰した”サモアの怪人”マーク・ハント。あの、セフォーやバンナの”パンチ”、更にミルコの”ハイキック”を喰らっても倒れない強靭な”顔面”と”首”。彼ならシュルトの勢いを止められるだろう、とそう信じていましたが、どうやら甘かったようです(哀)
シュルトは戦うたんびに強くなってるんですよね。それに、さしものハントでもあのシュルトの”長いリーチ”にはまったく歯が立たなかったようですね。シュルトはシュルトで序盤から”ローキック”にこだわると言う慎重な戦い方をしていました。あれじゃ、ハントも中々中に入り込めませんからね。そして、まさかの”後ろ回し蹴り”で”完全KO負け”を喰らってしまいました(残念) もはや、完全なまでに”K-1絶対王者”になってしまったシュルトを果たして誰がとめる事が出来るのだろうか・・・。

(第7試合)
○武蔵(2R2分16秒、KO ※左ストレート、3ノックダウン)澤屋敷純一●

あのジェロム・レ・バンナからの”金星”以来、一気に”スターダム”にのし上がってきた澤屋敷の前に立ちはだかったのが、もはや”崖っぷち”の状況に立たされた”K-1日本人エース”武蔵。澤屋敷は前回のアーツ戦で惨敗を喫し、そして今回迎え撃つ相手も武蔵という事もあって”緊張”を隠せなかったのは確かでしょう。一方の武蔵ももはや後が無いゆえ、これまでとは”気合”の入り様が違いましたね。
序盤から声を出して技の一つ一つを丁寧に叩き込む武蔵に対して、澤屋敷はその”威圧感”と”武蔵”という”ネームバリュー”に終始押され気味だったのは間違いないと思います。かつて、澤屋敷は武蔵を倒した事のある藤本祐介に”圧勝”した事がありますが、でも”K-1史”における”存在感”は藤本より武蔵の方が圧倒的に”上”です。その”存在感”に今回澤屋敷は”完敗”したとしか思えません。武蔵の崖っぷちの”気合”と”底力”の前に澤屋敷は空回りするばかり。そして、”大物相手”という緊張感。バンナの時は正直”まぐれ”というのもあったのでしょう。しかし、ここへ来て一気にメディアに煽り立てられるようになってしまった以上、その”プレッシャー”は想像以上に澤屋敷の肩に重くのしかかっていたのは間違いないと思います。今回は、武蔵の捨て身の”気合”もさる事ながら、周囲の”期待”に対する”プレッシャー”に押しつぶされての”敗北”と考えていいと思います。
この”プレッシャー”を乗り越えてこそ”真のエース”になれると思います!

(第6試合)
○バダ・ハリ(1R2分43秒、KO ※パンチ連打、3ノックダウン)レイ・セフォー●

これまた勢いに乗る”K-1新勢力”の一角であるバダ・ハリ。それを迎え撃つのがもはや”K-1の番人”、”ニューカマー・キラー”と言っても過言ではないレイ・セフォー。これまでも、台頭する多くの”ニュー・カマー”の前に立ちはだかってきたセフォーですが、さすがに今回ばかりは相手が悪かったようです(哀) ハリも戦い続ける内にどんどん成長し続けているし、反対にセフォーは徐々に”年齢的”にも”体力的”にも次第に”衰え”を隠せなくなっている感じがします。いつもなら余裕の表情で”ノーガード”のポーズを見せますが、今回は正直全然余裕が無い感じでした。ハリもセフォーの”挑発”に乗じず慎重且つ的確に攻め続けます。そして、とうとうあのセフォーも”スタミナ切れ”をしてしまい、後半ほぼ惰性で戦っている感じでした。で、結局は”3ノックダウン”を喫してしまいました(残念)
ハリの次なる”標的”はシュルトか? いや、まだまだボンヤスキーとかフェイトーザとかアーツ辺りは倒さなきゃ駄目でしょうね。この辺の選手と戦う事が彼にとっての”正念場”になるでしょうね。 [先週行われた「K-1 WORLD GP 2008 in YOKOHAMA」(内容抜粋)]の続きを読む
  1. 2008/04/20(日) 09:53:02|
  2. 格闘技情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

NOAH、「グローバル・タッグリーグ戦’08」その2

【4.12、広島グリーンアリーナ大会】
〈観衆〉2,700人

(グローバル・タッグリーグ戦’08 公式戦)
高山、佐野○(7点)(21分43秒 北斗ボム → エビ固め)田上、潮崎●(3点)

(グローバル・タッグリーグ戦’08 公式戦)
三沢、小川○(3点)(18分46秒 雪崩式バックドロップ → 体固め)健介、中嶋●(5点)

(グローバル・タッグリーグ戦’08 公式戦)
秋山、力皇○( 5点)(23分06秒 無双 → 片エビ固め) 丸藤、杉浦●(4点)

【4.13、博多スターレーン大会】
〈観衆〉2,400人

(グローバル・タッグリーグ戦’08 公式戦)
丸藤、杉浦△(5点)(30分00秒 時間切れ引き分け) △バイソン、斎藤(5点)

(グローバル・タッグリーグ戦’08 公式戦)
○三沢、小川(5点)(1分48秒反則(森嶋組のレフェリー暴行)森嶋、ヨネ( 3点)●

”タッグリーグ戦”も中盤に差し掛かってきましたが、多少”動き”が見えてきましたね。やはり、見てみると”タッグチーム”として安定しているチームほど”得点”を重ねているのがわかります。それにしても、森嶋&ヨネ組はどうしたんだ? 森嶋が”GHCヘビー級王者”になった事でヨネとの呼吸が合わなくなってしまったのだろうか?

三沢&小川組も”1点”だったのが気が付いたら”5点”ですからね。やはり、”キャリア”は侮れないですね。で、現在高山&佐野組が”単独トップ”です! やはり、僕的に”本命チーム”だと思っていますからね。でも、秋山&力皇も負けそうにないし、この両者で決まるのかな? いや、まだまだ先はありますからなんとも言えませんが・・・。 [NOAH、「グローバル・タッグリーグ戦’08」その2]の続きを読む
  1. 2008/04/13(日) 22:47:31|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

喜連川の桜

まだ何とか花見が出来そうだったので、昨日栃木県のその名も”さくら市”にある喜連川へ行って参りました。本当はもっと近くで行きやすい所の方が良かったとは思うのですが、今年は思いの他桜が咲く時期が早かったため、少し北の方で桜が有名な所があるかどうかを”ネット”で検索した結果、以前から行こうと思っていた喜連川へ効く事に決めました。

ところが、正直”交通の便”があまり良くなく、”電車”の方はJR宇都宮線で難なく行けるものの、氏家という駅から出ている喜連川行き直通のバスが一日に数本しかなく、あとは馬頭温泉行きのバスが喜連川で停車するので、そのバスに乗る事にしました。

バス停から数分歩いた所に小高い丘があり、それが”お丸山公園”と呼ばれる中世の”城跡”を公園にしたもので、栃木県における”桜スポット”の一つです。この”お丸山公園”は、源氏の流れを汲む中世の豪族、塩谷氏の居城”大蔵ヶ崎城(倉ヶ崎城)”の跡地であり、4つの堀を有する”連郭式山城(郭が横一列に連なった山城)”で、安土桃山時代に”旧古河公方”の足利氏(後に喜連川氏)に引き継がれる事になりますが、南を荒川、北を内川に挟まれた”天然の要害”で、更に4つの大きな堀があったため中々堅固な城だった事が伺えました。

お丸山公園8小
お丸山公園(大蔵ヶ崎城跡)の堀に掛けられた橋と桜林

で、桜の方ですが、ちょっと北の方に位置しているせいか、まだ”つぼみ状態”の木も多く、”満開”という訳ではありませんが、それなりに綺麗でした。

お丸山公園11小
お丸山公園の桜

そして、売店で焼きそばと山菜ご飯、鮎の塩焼きを買って昼食を取った後、お丸山公園を降りて、そこから北の方へ10分ほど歩いた所に”喜連川第二温泉浴場”という喜連川町営の”露天風呂”の温泉施設があり、以前からこちらの温泉に入ってみたかったので、そこへ行く事にしました。で、まずその付近から見えるお丸山公園の全景を写真に撮る事にしました。

お丸山公園遠景1小
お丸山公園全景

さて、”露天風呂”の方ですが、かなり広めの露天風呂で、”泉質”は”弱アルカリ性”の”ナトリウム泉”で、色は若干茶色っぽくて、匂いもちょっと硫黄臭かったです。そして、”温度”が40数度あるようでしたのでかなり熱かった為、長く入り続けるにはきつかったので小分けに出たり入ったりしていました(汗) でも、僕がこれまで行った温泉の中ではかなり”上ランク”の部類に入るのではないでしょうか。

温泉にもつかった事で、交通の便もあまりよくないため、早めに帰る事にしたのですが、運の悪い事にその時間帯にちょうどバスが走っておらず、仕方なく氏家駅までやく8キロ近く歩いて帰る事にしました(泣) まぁ、”長時間”歩く事は以前にも妻籠~馬篭間や横川や奥入瀬で経験しているので、相対した事はなかったのですが、以外に時間がかかりました。2時間近くは掛かっているので、だったらバスを待っても大して変わらなかったかも(汗) でも、たまにはこうして体を動かす事も必要ですから、これはこれで良しとしましょう。 [喜連川の桜]の続きを読む
  1. 2008/04/06(日) 10:31:20|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スーパーpsy野神

03 | 2008/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。