コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

本日のNOAH武道館大会結果

【SUMER NAVIGATION '07 最終戦】
〈日程〉7月15日
〈会場〉日本武道館
〈観衆〉14,600人

(GHCヘビー級選手権)
○三沢(王者)(16分44秒 変形エメラルドフロウジョン → 体固め)田上(挑戦者)● 
※三沢が4度目の防衛に成功!

(GHCタッグ級選手権)
秋山、力皇○(王者組)(27分11秒 変形無双 → 体固め)志賀、川畑●(挑戦者組) 
※秋山&力皇組が3度目の防衛!

(日テレ杯争奪Jrヘビー級タッグリーグ戦公式戦)
△鼓太郎、マルビン(6点)(30分00秒 時間切れ引き分け)ジェイ、マーク(ブリスコ兄弟)(6点)△

(日テレ杯争奪Jrヘビー級タッグリーグ戦公式戦)
○KENTA、石森(7点)(21分43秒 go 2 sleep → 片エビ固め)丸藤、飯伏●(6点)
※KENTA&石森組が日テレ杯争奪Jrヘビー級タッグリーグ戦公式戦優勝! 

”GHCヘビー”は、三沢が”同年代”の田上を破り”V4”達成! ”GHCタッグ”は、秋山&谷口組を破って”GHC白ベルト”を防衛し、”GHCタッグ挑戦権”を獲得した志賀&川畑ですが、やはり”黒ベルト”の壁は高すぎたかな?

”Jrタッグリーグ戦”の方は、やはり丸藤&飯伏組、KENTA&石森組、鼓太郎&マルビン組、ブリスコ兄弟が残り、誰が制してもおかしくない中KENTA&石森組が今大会の”初代優勝者”となりました。それにしても、ここの所の”リーグ戦”が最初にくすぶっていた選手が”優勝”する、といったケースが多いですね。 [本日のNOAH武道館大会結果]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/07/15(日) 22:44:06|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

「G1 CLIMAX 2007」に曙参戦!?

まず、新日本プロレスの真夏の祭典「G1 CLIMAX 2007」の”ブロック分け”が以下の通りに決定いたしました。

〈Aブロック〉
永田裕志(9年連続9度目の出場)
蝶野正洋(2年ぶり16度目の出場)
ジャイアント・バーナード(2年連続2度目の出場)
天山広吉(13年連続13度目の出場)
真壁刀義(4年連続4度目の出場)
X(※後日発表)

〈Bブロック〉
中西 学(11年連続11度目の出場)
棚橋弘至(6年連続6度目の出場)
中邑真輔(2年ぶり4度目の出場)
越中詩郎(5年ぶり9度目の出場)
矢野 通(2年ぶり2度目の出場)
ミラノコレクションA.T.(初出場)

でもって、”Aブロック枠”に組まれている”X”ですが、この”ブロック分け”が発表された仙台大会会場(宮城・Zepp Sendai)において、蝶野が「自分のルートから超大型台風を連れてくる。マットの底が抜けるぐらいの大型だ。俺もシングルで戦ってないから力比べをしたい」と”大型選手”の投入を示唆しました。蝶野が写真撮影の際に”シコ”を踏んだ事から、どうも曙の可能性が高い模様(汗)

”格闘家”としては事実上”戦力外通告”されたと言っても過言ではない曙ですが、”プロレスラー”としてはまだまだやっていけるのかもしれませんけど、やはり、”格闘技”で駄目になった人間を”X”扱いでG1へ投入しても”マイナスイメージ”を拭えないのも事実。そもそも、”X”を使うならもっと”ビッグサプライズ”を起こせる選手を呼んで欲しいのに、新日は(というか蝶野は)いつもこのパターンですね(呆)

まぁ、ビッグ・ショーという可能性もないではないですが、いずれにしてももはや今の新日にこの手の選手が”不要”である事はレスナーの時に証明されてますからね。これだったら、長州はいいとしても飯塚を出場させた方が良かったんじゃないか? 今更、曙で”金”を獲れるとも思えないし。 [「G1 CLIMAX 2007」に曙参戦!?]の続きを読む
  1. 2007/07/15(日) 19:28:01|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

新日本、7.06、後楽園大会結果

【NEW JAPAN SOUL C.T.U FAREWELL TOUR開幕戦】
〈日程〉7月6日
〈会場〉後楽園ホール
〈観衆〉2,025人(超満員札止め)

(IWGPヘビー級選手権)
○永田(王者)(19分31秒 バックドロップ→片エビ固め)真壁(挑戦者)●
※永田が2度目の防衛に成功!

(IWGPJrヘビー級選手権)
○田口(挑戦者)(18分47秒 どどん→片エビ固め)稔(王者)● 
※田口が第52代IWGPJrヘビー級王者となる!

(IWGPJrタッグ選手権)
○TAKA、東郷(王者組)(11分40秒 みちのくドライバーII→片エビ固め)金本、井上●(挑戦者組) 
※TAKA&東郷組が初防衛に成功!

(棚橋弘至復帰戦)
○中邑、バーナード、トムコ(14分16秒 ランドスライド→片エビ固め)棚橋、中西、山本●

(蝶野正洋復帰戦)
○蝶野、ジョーダン、ミラノ(10分11秒 シャイニングケンカキック→体固め)天山、石井、本間● 

・・・etc 

いやぁ、改めて観に行きたかったこの大会(泣) 相変わらず、忙しいので結局最寄り駅の一つ手前の駅の前の居酒屋で飲んで帰りました(悲)

”IWGPヘビー戦”は、予想通り永田の”勝利”でしたが、中身は物凄かったみたいですね。両者”血みどろ”の闘争となり、最後は永田の渾身の”バックドロップ2連発”で堂々の”V2”を飾りました。今の新日を最も盛り上げている2人だけに、今夜の放送(おそらく明日録画ビデオを見ることになるが)が凄く楽しみです。

”IWGPJrタイトル戦”が”シングル”と”タッグ”の両方ありましたが、まず”タッグ”の方は金本&井上ベルト奪回ならず!(残念) 井上も前回の「BEST OF THE SUPER Jr」では、終始”1位”の状態で”決勝進出”を果たすも後一歩の所で”優勝”を逃してしまい、今回もTAKAに敗れてしまいましたね(哀) どうも、井上は最終的な”詰め”が甘い、というか、もう少し”クセ”我欲しいところですね。
一方、後輩の田口は”シングル”のベルトを稔から奪取しましたね! ますます”乗り”に乗っており、”個性”を充分に発揮している田口だからこそ、井上が果たせなかった”世代交代”を見事なし遂げる事ができたのでしょう。そして、彼の所属する”サムライジム”の看板を取り戻す事も出来ました。いずれにしても、これを機に”新日Jr”は”何か”が変わると思います!

”シリーズ開幕戦”でいきなり”3タイトルマッチ”をやってしまう、今の新日の”勢い”に今後も期待していきたいと思います。 [新日本、7.06、後楽園大会結果]の続きを読む
  1. 2007/07/07(土) 10:16:39|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

NOAH、「日テレ杯争奪Jrヘビー級タッグリーグ戦」開幕

NOAH初の”リーグ戦”、「日テレ杯争奪Jrヘビー級タッグリーグ戦」が昨日ディファ有明にて幕を開けました。今日その録画ビデオを見ましたが、やはりNOAHの”Jr”は面白い! ”飛び道具”も使うし、それでいてNOHAならでわの”エグい技”もちゃんと使いますからね。それに”Jr”のみの”タッグリーグ戦”って今までありませんでしたが、これかなり面白いですね。下手な”シングル”のリーグ戦よりこっちの方が面白いかも知れません。

【7.01、ディファ有明大会】 
〈観衆〉1,800人 

(日テレ杯争奪Jrヘビー級タッグリーグ戦公式戦) 
○ロメロ、青木(2点)(19分37秒 腕ひしぎ逆十字固め)ダニエルソン、リチャーズ●(0点)  

○丸藤、飯伏(2点)(16分52秒 オースイ・スープレックス・ホールド)●ジェイ、マーク(ブリスコ兄弟)(0点) 

【7.02、伊勢崎市第二市民体育館大会】
○丸藤、飯伏(2点)(21分27秒 不知火 → 片エビ固め)ダニエルソン、リチャーズ●(0点)  [NOAH、「日テレ杯争奪Jrヘビー級タッグリーグ戦」開幕]の続きを読む
  1. 2007/07/02(月) 23:53:17|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:5

本日の全日横浜大会結果

【CROSS OVER 2007最終戦】
〈日程〉7月1日 
〈会場〉横浜文化体育館
〈観衆〉4,800人

(三冠ヘビー級選手権) 
○鈴木(26分54秒 ヒールホールド)武藤● 
※鈴木が5度目の防衛に成功!

(Jrヘビー級リーグ戦決定戦)
○セイビン(15分45秒 クレイドルショック→エビ固め)近藤● 
※クリス・セイビンが第2回Jrヘビー級リーグ戦に優勝!

まず、”Jrヘビー級リーグ戦”について書きます。どうも、全日の記事は書き忘れがちなので、ざっとこれまでの流れを書きますが、”出場選手”は”Aブロック”が中嶋勝彦、土方隆司、ぺぺ・みちのく、エル・ノサワ・メンドーサ(NOSAWA論外?)、近藤修司、”Bブロック”がミゲル・ハヤシJr(カズ・ハヤシ?)、AKIRA、ディック東郷、クリス・セイビン、”brother”YASSHIで、こちらは新日の”スーパーJr”とは違って”準決勝戦”は行わず、”リーグ戦”の得点の1位同士が”決勝戦”で争う形になり、”決勝”に残ったのが”Aブロック1位”の近藤と、”Bブロック1位”で今回初出場の”現TNA X-ディヴィジョン王者”クリス・セイビン。そして、”初出場”のセイビンが”優勝”しました。こちらのリーグ戦は、どちらかと言うと”曲者”に有利なのかな? 出来れば勝彦に獲って欲しかった!(残念)

”三冠戦”の方は、さしもの武藤も鈴木を破る事は出来ませんでしたか(残念) 膝の悪い武藤相手では鈴木の方がやはり有利だったようですね。何気に鈴木が”長期防衛”をしてますね。っていうか、正直”選手”が少ない、って言うのもありますけどね。となると、次はやはり川田が出てくるか?

で、なんとあの”全日エース”であるはずの小島まで”ブードゥー入り”してしまいましたね(汗) ちょっと全日切羽詰ってる感じがしてなりません(苦笑) やはり、今の全日が所詮は”新日の亜流”である事を如実に物語っていますね(悲) ”天国”にいる馬場は、もはや呆れて何も言わないでしょうね(笑) 最も、馬場の”正当な血筋”はNOAHですからね。  [本日の全日横浜大会結果]の続きを読む
  1. 2007/07/01(日) 21:40:26|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

6.29、IGF旗揚げ興行「闘今BOM-BA-YE」結果

とうとう、気付かぬまま実現してましたね、IGF(イノキ・ゲノム・フェダレーション)プロレスリング旗揚げ興行「闘今BOM-BA-YE」。一年以上前から”企画”はしていたものの、何度も”お流れ”になってしまった興行がようやく一昨日実現してしまいました。

確かに”カード”的には悪くはないです。でも、やはり”内容”的には相当”大味”なものだったのが予測できそうな結果に終ってしまったのは間違いないでしょう。”格闘家”がプロレスやってもショッパくなるのは見え見えだし、今更レスナーとアングルが戦ったと所で”WWE時代”を知ってるファンからすれば決して”新鮮味”のある試合とは思えないし、そもそも、この大会の”コンセプト”が今ひとつ不明確であることも事実です。結局猪木は何をやりたいのでしょうか? 

かつて、猪木は”プロレス”と”格闘技”の垣根を無くそうと、新日本に小川や藤田を引き連れて、強行的に”格闘技路線”を敷いたのに、結局橋本、武藤、小島らの”脱退者”は続出するわ、ファンからはソッポを向かれるわ、それでも性懲りもなく新日本は”総合格闘技”や”K-1選手”を絡ませようとするわ、結局ファンを裏切り続けた結果、猪木は事実上ファンから”追放”されるような形で、新日本に本格的に”プロレス”が戻り、もはや”プロレス”と”格闘技”が完全に切り離された状況にあるのに、まだ両者を結び付けようとしたいのでしょうか? でも、正直無理があります(汗) 更に、肝心な”日本人エース”もいないし・・・。いや、まさか小川? 確かに、この大会を機に小川が猪木の下に戻りましたけど、今更小川に何を期待していいのかも良くわかりません。

もはや、一部の週刊誌の中にはプロレスの”裏事情”を暴露しているものも少なくないだけに、もはや”プロレス神話”、更に言えば”猪木神話”なんて崩壊したも同然です。その”幻想”を再び蘇らせるにしては、今回の興行は正直それには程遠いものではないか? と思われます。まぁ、一応興行的には”成功”とネットのニュース欄では書かれていますがね。

【闘今BOM-BA-YE】
〈日程〉6月29日 
〈会場〉両国国技館
〈観衆〉8,426人

(第6試合 メインイベント)
○アングル(10分36秒 アンクルロック)レスナー● 

(第5試合 シングルマッチ)
○小川(6分44秒 スリーパーホールド→レフェリーストップ)コールマン● 

(第4試合 シングルマッチ)
○ジョシュ(4分17秒 腕ひしぎ十字固め)安田● 

(第3試合 U-STYLE披露試合 タッグマッチ)
○田村、上山(15分47秒 ひざ十字固め)●松田、小武 

(第2試合)
○小原(6分05秒 体固め)タカ・クノウ● 

(第1試合)
○ランデルマン(5分09秒 エビ固め)アレク● 

(アントニオ猪木推薦第2試合)
○ロッキー・ロメロ(6分09秒 腕ひしぎ十字固め→レフェリーストップ)エルブレイザー● 

(アントニオ猪木推薦第1試合)
○澤(7分06秒 サッカーボールキック)石川● [6.29、IGF旗揚げ興行「闘今BOM-BA-YE」結果]の続きを読む
  1. 2007/07/01(日) 09:58:29|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:2

ショック! クリス・ベノワ、一家心中!!

相変わらず、書くのが遅くなってしまう今日この頃です(汗) 

20年前に新日本プロレスの”練習生”として入門し、その後マスクマン”ペガサス・キッド”として獣神サンダーライガーらと”ライバル関係”となり、更に”ワイルド・ペガサス”と名を変えて”新日Jr”のトップ外人となり、そしてWWF(現WWE)に移籍して”トップレスラー”となったクリス・ベノワが、現地時間25日、自宅で妻と息子と共に全員”遺体”で発見されました(哀) 享年40歳(悲)

クリスは、実は新日に入門する2年前の'85年に地元カナダでデビューしていたようです。そして、かつて新日本の門を叩いてデビューしたバッド・ニュース・アレン(今年3月他界)の勧めで'87年に新日本プロレスに"練習生”として入門。同期にダリル・ピーターソンという大柄の選手もいましたが、当初の僕の予想通りこちらはいつの間にかいなくなってしまって、クリスがまさかここまで”ビッグ”になるとは思いもよりませんでした。'90年にライガーを破って”IWGPJrヘビー級王座”を獲得。'93年の「TOP OF THE SUPER Jr Ⅳ」に優勝。 '94年には「SUPER J-CUP」、「SUPER Jrタッグ」に優勝。'95年には「BEST OF THE SUPER Jr」に優勝。

そして、アメリカに本拠地を移すと、WCWマットで”US王座”、”テレビジョン王座”等を奪取。'00年に”WCW王者決定トーナメント”を制し、”WCW世界ヘビー級王者”になるも、翌日返上しWWF(現WWE)に移籍。'01年にクリス・ジェリコと共に”WWF世界タッグ王座”を奪取、'02年には”インターコンチネンタル王座”を奪取。団体名が”WWE”に変わると、”ライバル関係”にあったカート・アングルと無理やりタッグを組まされて”初代WWE世界タッグ王者(スマックダウン版)”に君臨。'04年にはH.H.H.を破って”第6代世界ヘビー級王者(RAW版)”に君臨・・・といった功績を残しています。

今年6月に”古巣”であるECW('01年消滅、'06年復活)に12年ぶりに復帰。しかし、今年6月24日、”CMバンク”と”ECW王者戦”に出場予定だった「PPVヴェンジェンス」を”家庭の事情”を理由に急遽欠場。そして、翌日家族全員”変わり果てた姿”で自宅で発見される事になります(悲)

WWF(現WWE)の”過密スケジュール”と厳しい”試合査定”は昔から知れる所でしたけど、”ビジネス”として一躍大成功を収めたWWF(現WWE)は、これをきっかけに当時”業務提携”をしていた新日本プロレスとの契約を打ち切り、そして更にアメリカの他団体や日本で活躍していた”大物外人”の多くを引き抜いて、”巨大プロレスマーケット”を築き上げる事になりますが、その過程で、多くのレスラーは”商品”として売り出され、使えなくなったら即斬り捨てられる、という過酷な扱いを強いられていたのは確かです。そして、”強さ”、”巧さ”以外でも”見栄え”を良くするために選手達に”ステロイド”を多用させていた事も確かでしょう。それが原因で、亡くなってしまった選手も少なくないです。一昨年前”突然死”したエディ・ゲレロは記憶に新しいです。それから、直接WWF(現WWE)と関係があるかどうかはわかりませんが、ホーク・ウォリアー、デイビーボーイ・スミス、ジョン・テンタ、バンバン・ビガロ、バッドニュース・アレンらも一時期WWFで”トップ”に立っていた選手である事は確かですから。

まぁ、”病死”というケースは良くありますが、今回のような”一家心中”となると、もはやWWEものんきではいられなくなると思います。ここまで来ると、WWEの”経営体制”を見直さないとまた更なる”犠牲者”が現れるとも限りませんから。これは、もはや”プロレス団体”に限らず多くの”企業”が抱えてる問題とかぶってしまいますが、”労働者”はあくまでも”人間”であり、”商品”でも”道具”でもない、という事をもう少し”企業側”は考える必要があると思います。”売上第一”に考えるのが企業のモットーだとしても、それ以前にそこで働いている”労働者”の生活を考慮する事も企業の大事な役目ではないでしょうか。”労働力”は生かしてこそ意味がある訳で、殺しては何の意味もないんです!

クリス・ベノワよ・・・本当に今まで良く頑張りました。心からご冥福をお祈り申し上げます(合掌) [ショック! クリス・ベノワ、一家心中!!]の続きを読む
  1. 2007/07/01(日) 07:50:10|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

スーパーpsy野神

06 | 2007/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。