FC2ブログ

コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

奥入瀬・十和田旅行記(3日目)

14日、朝食を済まし、身支度をし、”忘れ物”がないかどうかを確認した後(実は傘を忘れていた事が後々発覚!(汗))、AM8:30頃ホテルを”チェックアウト”して、焼山の”観光センター”へと向かいました。そこで”お土産”を買い、そして9:30頃に来たバスに乗って、いよいよ”八甲田方面”に向かいました。

まず、"蔦温泉”のバス停にしばらく停まっていたのですが、中々ひなびた雰囲気のある所でした、今度はこちらにも来てみたいですね。そして、バスは更に上へと向かっていきます。白樺を主体とした”寒冷地産”の木々もまるで”ジャングル”であるかのような”原子の様相”を醸し出していて、まさに”縄文の爪跡”を残しているかのようにも感じました。そういった”木々”の間を更に上まで上っていくとやがて”視界”が開けていきます。窓の外には”絶景”が広がり、”高山植物”も生い茂り、まさに”高原”という雰囲気が顔を覗かせていました。夏の高山は本当に涼やかで美しいですね。

それからしばらく走っていくと、右手に白く濁って”煙”を立ち込めた”地獄沼”が見えました。僕の”目的地”であった”酸ヶ湯温泉”とは目と鼻の先。そして、ようやく”酸ヶ湯温泉”に到着。バスを降りると、まずは「東北大学理学部所属八甲田植物研究所(通称八甲田植物園)」へ向かいました。しかし、ちょっと思ったのが、どうもここら辺一体には”雑草”が結構這い茂っており、”遊歩道”もちゃんと整備されておらず、そして道路脇にも”歩道”が無かった事から歩くのに若干苦労したのですが、なんとか”植物研究所”へ到着。しかし、こちらも”園内”があまり整備されておらず、どれが”高山植物”で、どれが”雑草”なのか良くわからないまま前へと進みました。そして、”順路”も不明確で、”2差路”の所でも明確な表示が無く、とりあえず進んでみるとそこに”湿原”がありました。が、しかしその”沼”があまりにも汚く、植物の方も今ひとつパッとしない感じでしたね(というか、ここ一体は”酸性度”の強い酸ヶ湯温泉ですから、そもそも”高山植物”を植えるには不向きの場所だったのでは?)。そして、足を勧めるにも正直”迷路”状態。”バス時間”も限られているためにかなり焦りまくりました。しかし、所々で”展望所”が設けられていて、そこからの”絶景”は中々のものでした。
20060815135341.jpg
東北大学理学部所属八甲田植物研究所内植物園からの絶景

そして、”植物園”を出た後、今度は酸ヶ湯温泉一の見所である”地獄沼”へ行きました。”沼”でありながら白く白濁しており、更に”湯気”が立ち込めております。実際、手を水面につけた所、やはりあったかかったです。まさに”地獄”という雰囲気でしたね。
20060815135856.jpg
地獄沼

地獄沼も見終わり、昼食を取る事になったのですが、混んでるせいか、この店の店員も今ひとつ”無反応”(困) まぁ、めんどくさいのでざるそばとおにぎりを頼んで手っ取り早く済ませたはいいですけど、今度はまたも時間が余ってしまって困りました(汗) とうもろこしを食べたり、アイスクリームを食べたりして時間を潰すも一行に時間は経たず、しかも座る場所も無くてちょっと苦労しましたね。でもって、結構早い時間から”バス停”でバスを待っていたのですが、こういう時に限ってバスは遅れてきました(もうちょっとのんびり出来たのに(泣))。まぁ、バスの”本数”が少ないからこそ味わう苦労なのでしょうね(悲)

それはさておき、バスは酸ヶ湯温泉を後にし、再び”絶景”の見える場所を走りました。やはり”温泉付近”から離れた所では”植物”はちゃんと綺麗に咲いていましたね。特に”萱野高原”からの絶景は最高でした。大勢で”レジャー”を楽しむにはうってつけの場所でしょうね。しかし、そこからしばらく行った所で”十和田・八幡平国立公園”は終わり、しかし、まだ”絶好ポイント”は続き、その後には岩木山を望むポイントがあり、そして青森市街、下北半島を望むポイントがあり、やがて坂を下って徐々に”平地部”へ入っていきました。

そして、やがて”市街”へ入って行き、とうとう青森駅に到着。お金を結構使ってしまったため、銀行で貯金をおろし、せっかく青森に来たから安めの寿司屋で軽く寿司を食べ、そして”特急つがる”で八戸まで行き、そこからほぼ余裕ない状態で新幹線に乗り継ぎ、僕の”旅”は終りました。

〈あとがき〉
まぁ、いくら一人旅は”面白い”とは感じても、やはり”年齢”とともに”リスク”も増えていくのは確かですね。今後も続けていきたいですけど、その為の”不安要素(忘れ物等、盗難など)”も増していくのは確か。実際、出立時の朝、途中のコンビニでちょっとした朝食を取ろうとしてサンドイッチ等を買い、その隣の崖の下にある公園を通って近道をしようとして会談を折り要素した時”暴走族風?”の連中がたむろしていたからすかさず”迂回”せざるを得なくなってしまったし、”忘れ物”には事の他気をつけていたのに、まさか傘をホテルに忘れてしまうとは(汗) まぁ、”ボロ傘”だったからいつかは新しい傘を買わなきゃいけないとは思っていましたし、”いい機会”ではあったのですがね(笑)

いずれにしても、これらを踏まえて、今後も”一人旅”が続けて行きたいと思います! [奥入瀬・十和田旅行記(3日目)]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2006/08/15(火) 14:32:47|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:2

奥入瀬・十和田旅行記(2日目)

13日、朝食(詳細は省く)を取った後、AM8:30頃にホテルを出立し、”十和田温泉郷バス停”からバスで”石ヶ戸バス停”で降り、そこから”遊歩道”が敷いてあるので、約3時間かけて”奥入瀬渓流ハイキング”をして参りました。

東北青森のいう”北の位置”にありながら、まさに”ジャングル”といった雰囲気で、その間に澄んだ川の”渓流”がある、といまさに”自然美”を感じさせるものがありましたね。前日の雨のせいか”下流”の方は少し濁っていた感はあったものの、次第に澄んだ”透明度”の高い”渓流”が姿を現します。実際は暑かったし、”汗”も結構かいたのですけど、それを忘れさせるかのような涼しげな渓流の容貌、そして周囲の木々の雰囲気。そういったものによってかなり”涼しさ”を感じ、心が心底から癒されていきました。それによって、思ったよりも速く自分の足は進んでいるし、”3時間”という時間を感じさせないほど”清清しい”ハイキングであった事は確かでしょうね。

奥入瀬川は、”渓流”ならではの”激しい流れ”のみならず、場所によっては比較的”穏やかな流れ”の所もあって、それぞれに違った雰囲気が味わえて自然の”雄大さ”、”美しさ”を感じました。
20060815101903.jpg
激しい流れの奥入瀬渓流
20060815102429.jpg
比較的緩やかな流れの奥入瀬渓流

それから、所々で”滝”もいくつかあったのですが、その中でも際立ったのが、”落差30m”という一番の”高さ”を誇る”雲井の滝”、と”幅20m”という一番の”広さ”のある銚子大滝ですね。やはり”滝”には”マイナスイオン効果”もあるようですから、本当に癒されますし、更に自然の”豪快さ”かつ”繊細さ”も感じます。
20060815102348.jpg
雲井の滝
20060815103254.jpg
銚子大滝
他にも、奥入瀬川岸に沿った岩の”絶壁”も、”長瀞”、”寝覚めの床”、”塔のへつり”にも似た”自然の造形美”を感じましたね。この”渓流”だけじゃなくて、その周囲の”木々”や”崖”全てひっくるめて”自然美”を造形していたのには感動しました。

”銚子大滝”を過ぎると、いよいよその”水源”となる”十和田湖”との境界線、”子ノ口”に近づいていきます。”水門”を過ぎると雰囲気が一変! 「やっぱり・・・」と思うぐらい”汚さ”を感じたのは確かです。大概、海と川が混じる”河口付近”なんかも大抵汚いですからね(汗) しかし、そうなると肝心の”十和田湖”もそうなの? と思いきや、まだあきらめるのは早い! やがて”子ノ口遊覧船乗り場”に到着するわけですが、確かにその時点では湖の水はそれほど綺麗には思えませんでした。そして、遊覧船に乗船しいよいよ出発!

”船内アナウンス”では「十和田湖は全国の湖の中で最も”透明度”の高い湖です。」と言っていましたが、その時は「どこが?」と思っていたのもつかの間、湖内最大の半島”御倉半島”に近づくにつれ、次第に湖水が美しい”コバルトブルー”に変貌していくのをしかとこの目で確認したしました。そして、この”御倉半島”は、初めはこんもりとした山に見えたのですが、船が”方向展開”した後、壮大な”断崖絶壁”の岩肌が姿を現しました。そして、所々が”色”が違ったり、”形”が違ったりしていた所に”自然の成せる業”を感じましたね。何でも、十和田湖は、火山が陥没いた所に出来た”カルデラ湖”であるため(更に十和田湖の場合は”二重カルデラ湖”という貴重なものらしい)、このような”造形美”が生まれたのでしょう。その向かい側には、”御倉半島”とは対照的な”中山半島”というらくだのこぶのようにいくつかの小山が連なっているかのような半島があります。これは、今度は”繊細”な美しさを醸し出していました。なんとなく”天橋立”を彷彿とさせるものを感じましたね。
20060815111136.jpg
御倉半島
20060815111343.jpg
中山半島
湖は次第に自然の美しい雰囲気を醸し出していきます。そして、前方に十和田湖の”拠点”である休屋の風景が姿を現します。更に”砂浜”や高村光太郎作の”乙女像”も姿を現しました。船はゆっくりゆっくりと進みながら、やがて”桟橋”へ到着! 十和田湖名物”ヒメマス料理”を求めて、この後奔走する事になります。

休屋に到着すると、まずは手っ取り早く”観光センター”に向かったものの、そういった所の”レストラン”は今ひとつ気が利いていないようで、”ヒメマス刺身定食”や”岩魚定食”はあっても、ちゃんとした”ヒメマス料理”は無かったため、そこから少し歩いて”食事処”がいくつか姿を現したので、とにかく一番近い店にそのまま入りました。しかし、奥のテーブルに座っていた店員らしき若い女性(よくよく見るとどう見ても中学生ぐらいに見えるのでその店の娘さんなのでしょうけど)、愛想のない返事の上、注文する際にも「ヒメマス塩焼き定食!」と頼んだ時にやはり気の抜けた声で「はい」と一言で店の奥へ行ってしまった時にはちょっと不安でなりませんでした(汗) 「大丈夫かよ(不安) ちゃんと料理持ってくるだろうな・・・」 そんな”不安”が僕の頭を行ったり来たりしている内に、その”お姉さん?(もしくは本格的な店員?)”がちゃんと料理を持ってきてくれたので一安心! 味の方もかなりおいしかったです。見た目は”マス類(ニジマス、岩魚、山女等)”と”鮭”の合いの子見たいな感じで、”味”はどちらかと言えば”マス”の味でしたね。まぁ、結果的には良かったのですけど、例え娘に”店番”させるにしてもちゃんと”店員としてのマナー”を教えるべし!

昼食後、十和田湖の”浜辺”を歩いて、そして”乙女像”を見た後、”十和田神社”を参拝して、とりあえずは”観光終了”になってしまったのですが、バスまでの時間がまだまだありました(汗) なんせ、バスの”本数”が少ないもんですから、ここら辺の”時間調整”には今回の旅行ではやや苦労させられましたね。で、よくよく調べてみると「十和田科学博物館」や「十和田淡水魚水族館」もあったそうな(今更遅いが(汗) しかし、こちらには”青森行き”の他に”八戸行き”のバスも少ないながら運行していたため、予定より30分早く休屋を後にする事ができました。そして、そこから子ノ口へ行く途中の風景がまた良かったですね。
20060815115215.jpg
十和田湖畔
20060815115359.jpg
乙女像

そして、ホテルへ付き、風呂へ入り、夕食(ちなみにメニューは”メイン”の牛肉の角切りステーキ以外はホタテのみそ焼き、エビのマヨネーズ焼きなど”にが手のものが多かったのですが・・・)を取って、テレビの方では”大河ドラマ”を見るなどして11時頃に就寝。
・・・3日目に続く。 [奥入瀬・十和田旅行記(2日目)]の続きを読む
  1. 2006/08/15(火) 10:39:16|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

奥入瀬・十和田旅行記(1日目)

12日、電車で大宮駅へ行き、そこから”初乗車”である”青森新幹線はやて”に乗って八戸へ向かいました。確かに、”初乗車”でじゃあったものの、盛岡から結構あっという間だったのと、その時本を読んでいた事もあって周りの”景色”をあまり見る事も無かったせいか、今ひとつ”感動”が味わえませんでした(汗)(ちなみに、山形新幹線や秋田新幹線は”山岳部”を突っ切るせいもあってかなり”感動物”だったんですがね(笑))

八戸へ着くと、そこからバスで約1時間揺られて”奥入瀬の玄関口”である焼山に向かいました。それまでは、天気は比較的良かったのに、焼山に近づくにつれ、だんだん”雲行き”が怪しくなっていきました(汗) 焼山へ到着すると、すぐさま”レストラン”へ直行。そこで”十和田牛バラ焼き定食”を食べたのですが、肉が柔らかくて無茶苦茶おいしかったです。この後他にもいろいろとおいしい料理は食べたのですけど、もしかするとこの料理が一番”感動的”だったかもしれない!(普段牛肉が中々食べられないせいもあるのかもしれないが(汗)) 

しかし、当初はこの後奥入瀬沿いを”サイクリング”する予定だったのですが、7年前にここへ来た時と同じく”雨”にやられてしまいました(悲) 実は、7年前には”大雨”のため奥入瀬近辺を充分に満喫できなかったため、その”リベンジ”として今年こちらに来たのですが「またか!」って感じですね(ちなみに、7年前は次の日はすぐに別の場所(青森~弘前)へ移る予定だったのでそれきりになってしまいましたが)。まぁ、今回は奥入瀬に重点を置く事にしましたから結果的には問題なかったですけどね。

仕方なく、”チェックイン”の時間であるPM3:00に宿泊するホテルへ向かいました。ところが、地図がかなり大雑把だったため、焼山からは予想以上に(約15分)時間が掛かる所にありました(実はその一つ手前の”十和田温泉郷”のバス停で降りるのが正解だったのです(汗))。ホテルは”外観”こそイマイチパッとしない感じでしたが、中に入ればそこそこ綺麗でしたし、”設備”もちゃんと整っていたし、何よりも”風呂”が最高でしたね。”十和田温泉郷”だけに、ちゃんと”温泉”の湯が敷かれていて、お湯の”色”はやや”黄色身”がかった”透明”で、臭いもしっかりついていて、しかも浴槽の壁や床などが変色していた事から、間違いなく”本物”だと思います。どうも、最近”無色透明”の温泉や、やけに”白濁”した温泉に”不信感”を感じる部分がありますからね(汗)(以前に”白骨温泉(白濁色)”や”水上温泉(無色透明)”で”ごまかし問題”がありましたから) 

そして、”夕食”ですが、”内容”は”メイン”は金目鯛かなにかの塩味の鍋物(しょっつる鍋?)、岩魚の塩焼き、その他サーモンとイカの刺身、魚(キス)と野菜のてんぷら、茶碗蒸し、おひたし、漬物、”デザート”のメロン・・・etcで、ちょっと”量”が少ない感じはしたものの中々だったと思います。そこで、”食堂”のおばちゃんから”次の日”の予定に関する”アドバイス”を受け、翌日は”サイクリング”はやめて(実際行ってみてもわかりましたが、自転車の通れるスペースは無かったため)、奥入瀬沿いの歩道の”ハイキング”、それから十和田湖の観光に変更しました。

後は、部屋に戻ってテレビを見るなりしながら10時ごろに寝てしまいました。

・・・”2日目”へ続く。 [奥入瀬・十和田旅行記(1日目)]の続きを読む
  1. 2006/08/15(火) 09:58:23|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

改めて、「G1 CLIMAX 2006」決勝トーナメント及び決勝戦結果

昨晩青森の旅行から戻ってきたので、改めて「G1 CLIMAX 2006」の”決勝トーナメント”及び”決勝戦”の結果を整理したいと思います。

【8.13、両国国技館大会(最終戦)】
〈観衆〉11,000人

(G1 CLIMAX 2006決勝トーナメント準決勝戦)
○小島(Aブロック1位)(15分41秒 ラリアット→片エビ固め)金本(Bブロック2位)●
※小島、決勝進出!

(G1 CLIMAX 2006決勝トーナメント準決勝戦)
○天山(Bブロック1位)(11分13秒 アナコンダバイス)バーナード(Aブロック2位)●
※天山、決勝進出!

(高山善廣 新日本復帰戦)
○長州、中西、曙(12分49秒 ラリアット→片エビ固め)蝶野、高山、ミラノ・コレクション●

(G1 CLIMAX 2006決勝トーナメント決勝戦)
○天山(27分36秒 オリジナルTTD→片エビ固め)小島●
※天山、3度目のG1 CLIMAX優勝!

天山、3度目の”G1優勝”おめでとう! と言いたい所ですが、何ですかこの展開(汗) そもそも、今大会で小島が急遽参戦したのも”不自然”だし、天山がいつもにも増してリーグ戦を”驀進”していたのも”不自然”だ! これを”出来レース”と疑うつもりは無いけれど、天山が本当にここまで強いんだったら、普段からこの”強さ”を見せろって! ライガーや金本の参戦も”意味不明”だし、通常より”1枠”足りないのもどうかと。矢野や飯塚を出しても良かったんじゃないでしょうか? あるいは、その気になれば長州や曙を出す事も可能だったはず。その方がかなり引っ掻き回されて面白かったと思うのに。それより、ここで永田も中西もなんで頑張れないんだって! 正直、天山より”実力面”では多くのファンは彼らの方を支持してるはずなんですから。これだったら、”G1”をやめて「NEW JAPAN CUP」一本に絞った方がマシでは?

まぁ、棚橋がすんなり”優勝”とは行かなかった事はいいんですけど、でもまた天山が優勝してしまうんだったら、棚橋が優勝した方がマシにも思えましたね。というより、これではっきりしました。新日が今後とらなければいけない”方向性”が! やはり、当分の間は棚橋を”軸”とし、”ストロングスタイル復興”はまずはおいといて、新日本来の”スピード&テクニック”を主体としたスタイルをまずは”完全復活”させる事ですね。もはや”パワー派”は新日本の”本流”にはふさわしくありません。”Jrの台頭”もある訳で、まずは新日本においては”Jr”とほぼ同じような動きが出来る上で”パワー”でそれを上回る、というものを見せていく必要があると思います。やっぱり、”プロレス”は”ヘビー最強”で無ければダメだと思います。その点では、まずは新日本は”スピード&テクニック”を持った選手が”主軸”になるべきだと思います。”ストロングスタイル”は、中邑の凱旋、それから山本の成長、などによって自ずと付いてくると思いますからね。その間、”フロント”が余計な事さえしなければ済む訳ですからね(笑) [改めて、「G1 CLIMAX 2006」決勝トーナメント及び決勝戦結果]の続きを読む
  1. 2006/08/15(火) 06:35:23|
  2. プロレス情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スーパーpsy野神

07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。