コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

京都への旅(3日目)

14日、朝起きるとあいにくの雨天。朝食バイキングを食べた後、身支度をして、AM9:00頃にチェックアウト。阪急線烏丸駅から河原町で下車し、そこから四条大橋を渡って祇園四条駅から京阪電鉄に乗って出町柳で比叡電鉄乗り換え、貴船口へ向かいました。

そしえ、貴船口駅に着いたはいいが、雨はますますひどくなり、にもかかわらず人も多い。バスはすぐ来たので、バスで終点まで行き、そこから雨の中を10分ちょっと歩いてやっと貴船神社に到着。

貴船神社鳥居







貴船神社鳥居

貴船神社







貴船神社

参拝し、札を買った後、トイレにへ向かう途中で「奥宮→」があったため、せっかくと思い”奥宮”まで向かいました。しかし、道が狭く、道の脇には”貴船川”が流れており、しかも車も多い(辛) 10分近く歩いてやっと到着・・・、と思ったら、「中宮」と書いてありましたが、とりあえず寄ることにしました。

貴船神社中宮







貴船神社中宮

天の磐舟







天の磐船

しかし、さすがに”奥宮”までは厳しいと思い断念(悔) そこから、バス停まで向かったのですが、バスが行った後らしく次のバスまで30分ぐらい時間があったので、少し道を戻ったところにある食事処へ入り”冷そうめん”を食べました。

食後、バス停戻るとバスが来ていたので、バスで貴船口駅へ行き、比叡電鉄に乗って、出町柳で京阪電鉄乗り換え、そこから東福寺でJR線に乗り換えて京都駅で下車。

貴船での”冷そうめん”だけではさすがにお腹には満たなかったので、京都駅構内にあった鳥専門店で”山椒焼き定食”を食べ(結構美味しかったです)、お土産屋でお土産を買い、PM3:00過ぎの新幹線で帰路に着きました。(終わり) [京都への旅(3日目)]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2014/08/17(日) 20:53:48|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

京都への旅(2日目)

13日、AM8:30頃にホテルを出て、四条駅から京都市営地下鉄に乗って京都駅乗り換えでJR奈良線で宇治へ向かいました。

宇治平等院”は今回二回目で、こちらも一部改修中で、更にやはりお盆期間という事もあって”鳳凰堂内阿弥陀堂”内部の拝観は”一時間半待ち”だったため、そちらは拝観せず、まず”ミュージアム鳳翔館”に入りました。”阿弥陀堂”にちなんだ阿弥陀如来をはじめ多くの観音、菩薩等の絵画や彫刻などの”国宝”が展示されていました。

そして、ミュージアムを出て、平等院の”シンボル”である”鳳凰堂”の周囲を歩きました。

平等院鳳凰堂






平等院鳳凰堂

平等院を後にして、途中の店で”抹茶アイス”を食べて休息した後、”宇治橋”を渡って京阪電鉄の宇治駅から中書島駅へ向かいました。

紫式部像と宇治橋






紫式部像と宇治橋

中書島駅を降りて、北方向に5分程歩いた所に、薩摩藩士や坂本龍馬ご用達の舟宿「寺田屋」があり、そこの内部が現在は”資料館”になっているため、そこへ入りました。ちなみに、現在の建物は”鳥羽伏見の戦い”で一度焼失し、再建されたものだそうです。

寺田屋






寺田屋

寺田屋内部






寺田屋内部

で、何と寺田屋内部には、一般的には”眉唾物”といわれている”フルベッキ写真”が展示されていました。”フルベッキ写真”とは、オランダ人宣教師、グイド・フルベッキを中心に幕末に活躍した多くの志士を撮った写真で、その中には写真の残っていないはずの”西郷隆盛”や武士の格好をした”明治天皇”が映っていて、どうも”明治維新出来レース説(実は”明治維新は幕末に活躍した多くの藩士と一部の幕臣、公家が最初から結託して作り上げた、とする説)”を裏付ける写真、という事なのですが、研究者の多くは、実際はフルベッキが講師として招かれた佐賀藩の致遠館の生徒を撮った写真と考えているようです。しかし、そのような写真が何故寺田屋にあるのか?と考えると、やはりこの写真は”幕末志士”を撮った写真である可能性が高いのではないでしょうか。やはり、前章で書いた通り、京都市は徐々に”闇の歴史”を暴露しつつあるのでしょうか。

フルベッキ写真






フルベッキ写真

寺田屋を出た後、もう12時を大分まわっていたので、昼食も兼ねて黄桜酒造直営施設「黄桜カッパカントリー」に入りました。まずは、「黄桜記念館」の展示物を見学し、それからレストラン「黄桜酒場」で昼食をとることにしました。そこで、僕は”牛肉鉄板焼き定食”を注文。ここ最近”焼肉”的なものを食べていなかったため、かなり美味しくいただきました。その後、酒を一本買ってこの施設を後にしました。

黄桜酒造の酒蔵






黄桜カッパカントリーと酒蔵

”黄桜カッパカントリー”を出た後は、周辺の街並みを散策し、伏見地区中央部を流れる濠川の川岸を散策してから中書島駅へ向かいました。

伏見濠川の舟乗り場






濠川の舟乗り場

少し時間が残っていたので、中書島から京阪線で祇園四条で降り、四条橋を渡って阪急線の河原町駅から大宮で下車。そこから7分近く歩いた所に新撰組の屯所跡・八木邸があり、そこに入りました。内部は撮影禁止となっていて、中でガイドの話を聞いた後、内部を見学して、最後に抹茶と御茶菓子をいただいて見学終了。そのあとは、ここでは和菓子店「京都鶴屋」も経営しており、そこで”抹茶サブレ”と”新撰組Tシャツ”を買って八木邸を後にしました。

新撰組屯所・八木邸






新撰組屯所・八木邸

ホテル到着後は、風呂に入ったりコインランドリーで衣類を洗濯するなどしてから、夕食を取るために外出。河原町~木屋町辺りで店を探そうと思ったのですが、その前にまた”碁盤の目トリック”に引っかかって道を間違えてしまい、また、河原町~木屋町辺りでもほとんど”大衆居酒屋”的な店ばかりで、しかも”怪しい客引き”も多かったので、結局烏丸方面に歩いて行き、「居酒屋あんじ」という店に入りました。そこで”へだいの塩焼き”、”黒枝豆”、それからこの店は”炭焼き”をメインにしているようで、”トウモロコシ”、”厚切りベーコン”、”うす揚げ(油揚げ)”を頼みました。”焼肉屋”ではない”炭焼き”のある居酒屋は初めてでした。”へだいの塩焼き”税込約800円の割にはかなりボリュームがあって美味しかったし、”油揚げの炭焼き”は本当においしかったです。案外”酒のつまみ”はこういった素朴なものが一番いいんですよね!

つづく・・・。 [京都への旅(2日目)]の続きを読む
  1. 2014/08/17(日) 15:33:42|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

京都への旅(1日目)

先日8月12日から2泊3日で京都へ行って参りました。本当は九州方面に行きたかったのですが、今わが社がごたごたしている状況で金銭的にもきつそうなので、福井も考えたのですがやはりいろいろバタバタしていてめんどくさかったので、京都ならまだ余裕を持って行けそうだったので京都に行くことにしました。

12日、天気は今一良くなく、新横浜から新幹線で京都駅で下車。京都から奈良線に乗って東福寺で京阪電鉄に乗り換え、清水五条で下車。そこでまず昼食をとることにし、京都ラーメンの店「ラーメン藤」という店に入りました。豚骨、鶏がらをベースとした出汁に濃口醤油で味付けをしたスープで、麺は細め、京都ラーメンらしく”九条ネギ”がたっぷり入っているのが特徴です。僕は”餃子セット”を頼んだのですが、ラーメンはちょっとスープがあっさりめだったものの結構美味しかったですが、餃子は皮がちょっとフニャフニャで今一つに感じました。”粉もの”というと関東より関西、というイメージはありますが、餃子は関東の勝ちかな?と思いましたね。

ここから、10分ほど歩いて幕末歴史ミュージアム「霊山歴史館」へ行きました。その名の通り、”幕末”にまつわる展示品を扱っている資料館ですが、今の時期は”池田屋事件”と”禁門の変”をテーマにしており、新撰組の映像、新選組に関する資料、池田屋事件と禁門の変に関わった長州その他の攘夷急進派志士の資料、そして、坂本龍馬やそれに関わる武市瑞山率いる”土佐勤王党”、そして龍馬率いる”海援隊”に関する資料が展示されていました。その中で、特に目を惹いたのが、”池田屋模型”、”近江屋(龍馬と中岡が暗殺された醤油問屋)模型”、そして、”龍馬を斬った刀”と称される京都見廻組・桂早之助の所有していたとされる小太刀です。今や、”龍馬暗殺”の実行犯は”京都見回り組”がほぼ確定的なようですが霊山歴史館ではもはやそれを断定していました。次章で「寺田屋」の記事でも書きますが、京都市はもはや”幕末の謎”を徐々に暴露しつつあるようです。

それから、歴史館の裏側の道を通って清水寺へ行きました。京都に行ったのは、3年ぶりぐらいですが、清水寺へ行ったのはかなり久しぶりでした。現在清水寺は一部改修中でしたが、”清水の舞台”からの絶景は相変わらず素晴らし方tですね。

清水寺






清水寺

帰りに清水坂にあるお土産屋で”黒蜜黄粉かき氷”を食べてからホテルへ向かいました。清水寺付近は結構交通が不便で、バスを使うという手もあったのですが、お盆という事もあって道も渋滞していたし、阪急線烏丸駅へ行くまで、一駅前の河原町まで歩くしかなく、どうせならそこからそのまま歩いても良かったのですが、歩道の人混みも凄くなっていたので、一駅ですが阪急線に乗って烏丸で降りホテルへ向かったのですが、ここで”碁盤の目”のトリックに引っかかってしまいました(汗) 京の街といえば”碁盤の目状”に構成されていますが、一見道がわかりやすいようで、実はその”逆”なんです。”東西南北”を間違えたら最後、逆に頓珍漢な方向に向かってしまいます(泣) 結局、ホテルに着くまで15分ぐらいは右往左往してしまいました(苦笑)

ホテルでチェックインした後、大分汗をかいたのですぐ風呂に帰り、それから夕食を取りに外出しました。”烏丸通り”を渡って5分程歩いた居酒屋街にある、”食べログ”で見つけた天ぷらをメインとする和食系居酒屋「米福」で夕食を取ることにしました。しかし、”食べログ”でのランキングが高かったのと、お盆期間という事もあって結構店は混んでおり、何とか店には入ることができました。そこで、一度は食べてみたかった京都名物”はもおとし”、”鱧の天ぷら”、その他天ぷら串もの単品6本ぐらいと、”飲み物”は”ビール一杯”、”日本酒地酒一杯”を頼んだのですが、次第に店も混みだしたので、このくらいで店を後にしました。(つづく・・・) [京都への旅(1日目)]の続きを読む
  1. 2014/08/15(金) 21:28:32|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

関東常総鉄道~真岡鉄道の旅

大分久々に書き込みます(汗) 今、内の会社は大幅に揺れ動いていて、当初は”ゴールデンウィーク出勤”という話まで出ていたのが、何とか”一日のみ出勤”という事で3日間は連休を取ることができたのですが、さすがに”泊り”での予定は立てられなかったので、今回は”日帰り”で行くことにしました。

5月4日、京王線~JR中央線で秋葉原へ行き、秋葉原から”つくばエキスプレス”に乗って守谷駅で”関東常総鉄道”に乗り換え、そこから終点の下館駅で”真岡鉄道”に乗り換え、終点の茂木駅で下車。

関東常総鉄道






関東常総鉄道

真岡鉄道






真岡鉄道


茂木駅から約20分程歩き、茂木城址へ到着。現在は”城山公園”として綺麗に整備されていますが、ほぼ原形はとどめていました。(郭によっては整備されておらず立ち入り不能の場所もありましたが)

茂木城山公園






茂木城址城山公園

本丸跡






本丸跡

千人溜跡






千人溜跡

鏡池






鏡池

知基橋






知基橋

堀跡








堀跡

模擬櫓








模擬櫓

櫓からの景色






櫓から見た景色

山城のいい所は、やはり”眺め”が良いことです。櫓からの景色は最高です。”戦国時代”は敵の動きを素早く察知するためにも、比較的高い所に城を築いて遠くを見渡せるようにしていたのですからね。

茂木城:鎌倉時代に築城。下野の豪族、宇都宮氏の支族である茂木氏の居城。1556年に佐竹氏に攻められ茂木氏はこれに臣従、以後佐竹氏の影響下に入り、1597年(慶長2年)に本家の宇都宮氏が豊臣秀吉によって改易されると同時に廃城となる。

昼食は、公園内のあずまやでコンビニで買ったおにぎりやサンドイッチを食べ、ある程度一通り見終わった後(おそらく見落とした個所も結構あったかもしれないが)、下山して茂木駅に戻り、”真岡鉄道”に乗って、”益子焼”で有名な益子へ行きました。

この日は、”ゴールデンウィーク”という事で”焼物市”を各店で催していました。ただ、駅からは結構離れていて、種類も結構多かったので、何を買うかに結構迷ってしまいました。結局、両親へ”夫婦茶碗”とその他土産として”いちご大福”を買って益子駅に戻り、帰路に着きました。ちょっと時間が足りなかったので、秋ぐらいに今度は”一泊”ぐらいしてゆっくり回ってみたいですね。(てな訳で、益子での写真は一切ありません(汗) [関東常総鉄道~真岡鉄道の旅]の続きを読む
  1. 2014/05/05(月) 09:24:19|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

青森~八甲田への旅②

14日、胃腸の調子が悪い所をあえて”朝食バイキング”を多めに食べて、トイレに行って、薬を飲んで、何とか胃腸を整えてから、ホテルをチェックアウト。青森駅から”JRバス”に乗って八甲田方面に向かいました。途中、”萱野茶屋”というバス停で休憩した後、青森駅から約1時間半後に”八甲田ロープウェー”に到着。

”ロープウェー”を頂上まで登ると、”八甲田ゴードライン”というひょうたん型をした遊歩道を歩くことにしました。確かに、時々涼しい風が吹いて気持ちよかったですが、予想していた程涼しいとは言えなかったですね。しかし、景色は良かったですね。それに、ウグイスの声をあそこまで間近で聞いたのは初めてでした。

八甲田山毛無岱

八甲田の木々と八甲田三山

八甲田山の高山植物






八甲田山の風景

コースを回り終わると、レストランで”昼食”を取ることにしました。”メニュー”には”ジンギスカン”もあったのですが、胃腸が今一つ芳しくなかったことと、誰も頼んでいなかったのでおそらくこの時期はやっていない可能性もあったため、”ガーリック豚丼”を食べることにしました。

ロープウェーを降りると、宿泊予定のホテルまでは”目と鼻の先”だったのですが、時間が早かったので、”酸ヶ湯温泉”まで行くことにしました。しかし、道路には”歩道”がなく、正直非常に歩きにくいでした。しかも、地図で見る以上に遠く、先の見えないウォーキングになってしまいました。”お盆”であるため予想以上に車は来るし、歩いても歩いても道が開けない(焦) でようやく、何か”灯り”のようなものが見えたので「着いたか?」と思ったら”オレンジ色の養生シート”だったし、そこからしばらく歩いてやっと”標識”があり、酸ヶ湯温泉方向に”200m”と書いてあったので、すぐに着くと思いきや中々着きません。とっくに、200mは越えているはずなのに(汗) ちなみに、携帯のナビを使おうと思ったのですが、前日に”充電”はしたものの、電源を切り忘れてしまったため、結局電池も残り少なく形態も使えませんでした(苦笑)

ようやく、前方に建物らしきものが見えました。”酸ヶ湯温泉”に到着しました。喉が大分乾いていたので、飲み物を飲んだ後、入浴券を買って旅館の中に入りました。風呂場には2種類あって、混浴で洗い場のない浴場の広い名物”ヒバ千人風呂”と男女別で洗い場のある”玉の湯”です。僕は一時間も歩いたため、体が洗いたかったので”玉の湯”の券を買ったのですが、”女湯”しかなく中々場所がわからず、ようやく”男湯”という張り紙の張った風呂場を見つけて、そこに入ったのですが、実はそこは”千人風呂”の方だったのです(汗) しかし、時間もないため仕方なくで入浴することにしました。あいにく、浴場内には時計があったので、それを見ながらころあいのいい所で風呂を出ることにしました。バスの時間には余裕があったため、アイスクリームを食べるなどして時間をつぶしてからバスで”八甲田ロープウェイ”へ向かいました。
※酸ヶ湯温泉:泉質は”酸性硫黄泉(含石膏、酸性硫化水素泉)”で、効能は神経痛、リウマチ、冷え性の方、神経炎、胃腸病、婦人病一般、痛風、創傷、火傷、ジンマシン、糖尿病、皮膚病、貧血病、常習便秘、痔、小児マヒ、ゼンソク、夜尿症、打撲、骨折の予後等

宿泊先のホテル(というか実質的には旅館)に着くと、早速”大浴場”へ向かい、体を洗う事にしました。こちらは”寒水沢温泉”という温泉で、”泉質”は”ナトリウム炭酸水素塩泉”で、”効能”は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進等に効くとのこと。”酸ヶ湯温泉”の方は今一つ落ち着いて湯に浸かれていなかったのですが、こちらの”寒水沢温泉”も中々いい湯具合だったですね。翌日の早朝も入りましたから。

こちらのホテルは”夕食付”だったため、PM6:00にホテル内のレストランで夕食をとりました。僕は基本的に”魚類”以外の魚介類は苦手で、案の定そういったものがメインだったのですが、なんとか我慢して食べた次第です。一応青森牛の焼肉もあったのですが、もう少し量が欲しかったですね。でも、やはりごはんがむちゃくちゃ美味かったですね。東北や北陸の米はレベルが違います。

翌日、あさ6:00頃に”大浴場”で入浴する傍ら、”コインランドリー”で前日までに来ていた服を洗濯し、AM7:15分頃に”朝食バイキング”を取り、身支度をした後、AM9:00にホテルをチェックアウトしました。バスはAM10:58まで来なかったので、また車道を歩いて今度は”萱野茶屋”まで行くことにしました。こちらは前日の”酸ヶ湯温泉”とは違って、”高地”の雰囲気のある道だったので意外と快適に感じましたね。でも、こちらも目的地までは約1時間かかり、AM10:00頃に”萱野茶屋”へ到着。トイレに行った後、茶屋の前面に広がる”萱野高原”を少しぶらぶらし、茶屋でアイスクリームを食べるなどしてバスを待ちました。

萱野高原






萱野高原

バス到着後、バスに乗って”新青森駅”へ向かいました。新青森駅に到着した後、こちらで食事をとろうと思ったのですが、少々混んでいたため、まずは”お土産”を買い、その後、”黒石焼きそば”の店があったので、そこで名物”つゆ入り焼きそば”を食べ、そして、新幹線にのって帰路に着きました。 [青森~八甲田への旅②]の続きを読む
  1. 2013/08/16(金) 14:26:06|
  2. 旅日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

スーパーpsy野神

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。