コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

この国の行く末は・・・-新尊皇攘夷論-

ここ最近、”忙しさ”と”暑さ”による疲労で中々書き込みが出来ませんでした(汗)

最近つくづく思うのは、日本の行政がますます悪化しているような気がしてならないんです。”ニュース”の話題では、”首相”が変わっても未だに迷走を繰り広げている民主党内閣、”相撲界”と”暴力団”の黒い関係が明るみになった事、”口蹄疫”をめぐる農水省の対応、未だに続く”幼児虐待事件”、更には死亡未確認高齢者が未だに役所に登録されている問題まで浮上。それ以外でも、最近”不良少年”風の若者をよく見かけるし、驚いたのが大学時代に”某西武系ローカル電車?”の前方にいたために電車が徐行運転をした時以来20年近くは目にする事が無かった”野良犬”を会社の帰りに目撃する等、正直今の日本の”行政”はますます歪んでしまっているのは事実です(怒) すっかり信用を失った”自民党”に代わって多くの国民が期待・支持した”民主党”に変わってからの方があべこべおかしくなっているじゃないですか!

もはや、何処の政党が政権を握っても一緒! 誰が”首相”になっても日本は変わりようが無い!! そう断言してもいいと思います。そもそも、現在の”政党内閣”自体がもはや”限界”である事は間違いないと思います。そんな時、現在NHKで放送されている大河ドラマ「龍馬伝」を見て思ったのが、今こそ”尊皇攘夷思想”はアリなんではないか?という事です。

”尊皇攘夷”とは、嘉永6年(1853年)にアメリカのペリー提督率いる”黒船”が浦賀沖に来航して以来、「日本国の主はあくまでも帝(天皇)であり、その帝の意向によって異国人を追い払う。」という思想で、当時事実上日本の政権を握っていた幕府が外国人相手にうろたえる上に、挙句朝廷の許可も得ずに勝手に”開国”した事によって、水戸藩、越前藩、そして長州藩の藩士を中心にこういった思想が広まっていき、やがて土佐藩の”下士階級(山内家家臣の”上士”によって差別されていた”旧長宗我部家家臣の末裔”)”までこの思想を支持するようになりました。

こうした背景を現在の日本と照らし合わせると、まず今の日本は敗戦後、”連合国軍総司令部(GHQ)”に一時占領されて後、”日本国憲法”を制定し、天皇を”国家元首”から”象徴”に変更した事によって正式に”独立国”となる訳ですが、その条件として”軍”を廃止し、アメリカ軍が日本の”軍事”をになう事になりましたが、これは事実上アメリカの”属国”になったも同然。故に、日本政府は事実上アメリカ政府の”傘下”にあるといっても過言ではなく、日本の”内閣総理大臣”も”アメリカ大統領”のように”国民選挙”によって選ばれる訳ではなく、おそらくアメリカの都合の良い首相が選ばれているのは明白。それ故、日本の法律もどうも”肝心”な部分が徹底されていない、というか、これも政治家や官僚、更には警察の都合のいいように出来ていて、そこにも”アメリカ政府”の圧力がかかっているようにも思えるんです。更には、そういった”法”によって最も取り締まらなければならないはずなのにも関わらず、上手く泳がされているのが”暴力団”や”不良グループ”の類です。そうなると、彼らが一般市民を巻き込む”大事件”を起こしてもその罪が比較的軽く済まされてしまうのも、その裏で”日本政府”果ては”アメリカ政府”が糸を引いてるのではないか?とも勘ぐりたくなります!

こういった事を踏まえると、もはや今の政府に日本を任せる訳には行きません! かと言って、再び天皇を”国家元首”という訳にも行かないでしょう。ただ、それでも”天皇”という存在は古来より日本国民に尊ばれていた”高貴な存在”であり、他の国における所謂”支配者(多くは”武力”によってその座に就いた”王”ないし”皇帝”)”とは違い、むしろ”宗教的”にも崇拝されていた云わば”現人神”だった訳ですよ。それを”権力”として利用した日本における”真の支配者”は、古くは”物部氏”、”蘇我氏”、”藤原氏”、”平家”、”源氏”、”北条氏”、”足利氏”、”織田氏”、”豊臣氏”、”徳川氏”といった人々であり、”明治以降”も事実上”政府”と”軍”が”天皇”の名を語って日本を支配してきたのは事実です。であれば、”天皇”の名の下における公平な”民主主義”を作り上げればそれでいいのではないでしょうか。

そのためには、まず、”宮内庁”を日本政府から独立させ、日本政府ではまかない切れない権限を天皇に託す。それによって”治安問題”や”環境問題”を”政府”と”天皇”の双方から管理する事によって問題は解決しやすくなると思います。(例-1:”暴力団”や”不良グループ”の取締りを”天皇名義”で行えば、これまでのようにうやむやにされた挙句”被害者”が不利になるような事は起こりにくくなる。例-2:無益且つ有害な”環境破壊”を”天皇名義”で阻止する。・・・etc) しかし、そうなるためには当の天皇や宮内庁関係者、それから天皇支持者にその気になってもらわないと駄目ですけどね。そして、アメリカとの関係ですが、いきなり関係を断ち切るのは正直”不可能”ですので、まずは現在成長著しいインドと手を組み、同じく急激な”経済成長”を遂げ現在日本を食い物にしようとしている中国を威嚇し、インドと同じ”宗教国家”にして中国と対立するチベットとも手を組む。更に、古くから日本とも関係が深く、経済的にも豊かになり、しかもアメリカとは”対立関係”にあるブラジル、メキシコ、アルゼンチンといった”中南米諸国”とも手を組む。しかし、それだけでは”軍事面”ではアメリカや中国には対抗出来ないので、最近中国との関係が悪化しているロシアを味方につければある程度は日本は”真の独立の道”を歩む事が出来ると思います。

ただ、問題なのは、”アメリカ”という国がそこまでたやすい国家ではない、という事です。一説では、現在のアメリカは他のどの国でも追いつかない”ハイテクノロジー”を保有しており、それによって他の国が持ち得ない”超最新兵器”を既に作り上げているようです。つまり、誰がどうあがいても今のアメリカに勝てる国は存在しない!という事です。しかし、かといって日本がこれまでのようにただ黙ってアメリカの”犬”となって、”日和見主義”、”事なかれ主義”を貫き通して日本の”行政”を悪化させるのは言語道断です! 何らかの形で、日本は世界に対して”アピール”する必要があるのではないでしょうか! [この国の行く末は・・・-新尊皇攘夷論-]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/08/08(日) 09:24:55|
  2. 思想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おじいちゃん、おばあちゃんの教え

今の子供達は、おそらく”核家族化”によって”おじいちゃん””おばあちゃん”と会う機会もめっきり減ったでしょうし、実際その世代の人がまだ”現役”で働いている可能性もありますから、”人生”における”教訓”的なものを殆ど教わる事は無いのではなかろうか? もっとも、”ひいおじいちゃん””ひいおばあちゃん”が生きていれば(しかもボケていなければ(笑))そういった”教訓”的な事を教わる機会もあるでしょうけど。

まぁ、現時点で”子供”であれば、その”おじいちゃん””おばあちゃん”の世代が”団塊の世代”と重なるため、その多くが今年から”定年”を迎えるようですから、もしかすれば”おじいちゃん””おばあちゃん”から”人生”についていろいろと教わる機会も増えるでしょう。ただ、”団塊の世代”とその上の”大正~昭和初期生まれ”の人ではまた”物の価値観・考え方”が違うため、本当の意味での”教訓”的なものを子供達に教える事が出来るのかどうかはなんとも言えないですがね。でも、そういった”団塊の世代”からでも何らかの”教え”を請う事が出来るだけでもまだマシだと思います。

問題は、それよりも少し”上”の世代。言うなれば、現時点で最も”問題”の多いと思われる”10代~20代前半”の青少年です。彼らの多くは”核家族”で、ほぼ”仕事命”で”家庭”の事はあまり省みない割には、「勉強しなさい!」の一点張りで子供に”勉強”さえさせればいいと思っている父親と、その”言いなり”である母親にあまり”愛情”を受けずに育てられています。もっとも、”祖父母”が自宅の近くに住んでいれば、”祖父母”からの”別の教育”も受けていたでしょうから、心が歪む事は無いのでしょうけど、”祖父母”の実家が遠く離れた”田舎”であれば中々会う機会も無いですからね。昨今、”親”や”子”を平気で殺したり、”幼児”を殺したりする”犯罪”が後を絶えません。実際は、こういった”事件”が”問題視”されるようになってからは20年近くは経っているはずなのに一行に減りませんよね(悲)

僕が子供の頃は、まだ”三世代家族”は結構存在していました。僕の家も典型的な”三世代家族”でした。その為に、いろいろ”人生”における”教訓”をかなり教わってきたと思います。それが”絵本”という形であったり、”昔話”という形であったり、あるいは”ことわざ”であったり、更には祖父母の”実体験”だったりいろいろありました。”大正時代~昭和初期”ぐらいに生まれた人達の多くは、幼い頃”貧しい生活”を余儀なくされ、そして”結婚”して”子供”が生まれる頃はその多くは”第二次世界大戦”の最中だったはずです。その時”戦争”に借り出された人もいた事でしょう。そういった”苦労話”を”孫”に聞かせてそれを”教訓”としたケースは結構多いと思います。また、”教訓”以外にもさまざまな”生活の知恵”をこの世代の人達は豊富に持っていました。何も無い所から何かを生み出さなければならない、そんな時期に生まれ育った人は、何らかの”トラブル””ハプニング”が起こったとしても、臨機応変に対処してましたからね。まさに”年寄りの知恵袋”があったんですよ。現在、日テレ系で放送されている「伊東家の食卓」に投稿されるアイデアも、その”大元”は”年寄りの知恵袋”から発展したものだともいます。

僕が子供の頃は、もはや”3C(カラーテレビ、自動車(カー)、クーラー)”の時代でしたが(ちなみにクーラーは我が家にはありませんでしたが(汗))、そういった”贅沢””豊かさ”に徐々に埋もれるようになりつつも、まだ”年寄りの教訓”が生きていた時代ですから、どんなに”非行”に走った少年がいたとしても今みたいに平気で”家族”を殺すほどまで落ちぶれる事は無かったんですよね。「人の振り見て我が振り直せ!」、「我が身をつねって人の痛さを知れ!」、あるいは「人を見たら泥棒と思え!」みたいな”教訓”を僕は幼少の時から祖母に教わってきました。まぁ、だからといって”喧嘩”や”暴力”をしなかったか?といえば”嘘”になりますが、”越えてはいけない限界”は知っていたつもりです。そこへ行くと、今の”若い世代”の人達は・・・。

”祖父”は14年前に”他界”し、”祖母”はすっかりボケちゃいましたが今でも元気で生きています。僕にいろいろな”教訓”を教えたのはどちらかといえば”祖母”の方であって、祖父はどちらかといえば幼少の僕をバカ可愛がっていた感じでしたね。まぁ、今、すっかりボケてしまっている祖母が僕にいろいろな”教訓”を教えてきた事など今ではすっかり忘れているでしょうが(笑)、いずれにしても彼らに教わった事は今考えればかなり多いですし、それらが僕の”人生”にも少なからずは影響を与えているでしょう。”人”は必ず年老いて、そして”ボケ”た上でやがて死んでいくのですが、まだ”意識”のある短い間に”若い世代”に”人生”についてさまざまな事を教えていく事は、ある意味”人間”としての本当の意味での”集大成”なのかもしれません。そういった事をしっかり学ぶ事で、改めて人生真っ直ぐ進む事ができるのだと思います。

”団塊の世代”の人達にその”親の世代”のような”教訓”を教えられるかどうかはなんとも言えませんけど、もはや”定年退職”して”第二の人生”を歩む人達は、今度は”若い世代”に対して”何か”を教えていく時期だと思いますし、今の”若い世代あるいは子供達”はそういう人達から何らかの”教え”を積極的に聞く必要が絶対にあると思うんです! 「もうそんな考えは古い!」なんて言ってないで、”人生”を踏み外したくないなら”先人”達の”教訓”や”知恵”を積極的に聞かなければいけない時期に今来ているのではないかと僕は思います。 [おじいちゃん、おばあちゃんの教え]の続きを読む
  1. 2006/06/25(日) 10:15:32|
  2. 思想|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スーパーpsy野神

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。