コラム・de・ブログ

オールジャンルの”コラム形式”のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プロレス界も激震! どうなる、レスリング五輪除外問題!?

先週、”日本スポーツ界”を揺るがすニュースが飛び込んできました。なんと、”国際オリンピック委員会(IOC)”が昨今の日本の活躍が目まぐるしい”レスリング”をオリンピックから”除外”を検討していることが明らかになった模様。なんでも、2020年までにホッケー、テコンドー、カヌー、近代五種等とともにそのいずれかを”除外”することが決定され、代わりに野球、ソフトボール、空手などから”オリンピック競技”を選抜することを検討しているようです。しかし、何故”古代ローマ時代”より続いている”伝統競技”の”除外”を検討することになったのか?

その”理由”として、”競技の普及状況”や”テレビ視聴率”、更には”階級が多すぎる”という事を考慮してのものだそうです。しかし、それはあくまでも”西ヨーロッパ”に限ったものであって、日本、アメリカ、ロシアでは未だにレスリングの”指示率”は高いはずなんです。しかし、今の”IOC”には日本人はもちろんアメリカ人やロシア人の役員は存在せず、もっと言ってしまえば”レスリング”にかかわる人達が1人も存在しないようです(呆) そして、今回の”ロンドンオリンピック”によってヨーロッパ諸国にそれなりの”収益”があったことに味を占めたIOCが、どうやら”金儲け”に走った結果ではないか?という意見もあります。それに、やはり日本人が多くのメダルを獲得していることが気に入らない、というのもあるでしょう。

そして、この一件は、これまで多数のメダルを獲得している日本はもちろんのこと、ロシアやアメリカでも”反発”が起こっているようです。昨年の「ロンドンオリンピック」において3度目の”金メダル”を獲得し、”国民栄誉賞”を受賞した吉田沙保里は、「今も信じられない。署名活動でもなんでも自分のできることはやって、どんどんアピールしていきたい。」と決意を表明し、同じく「ロンドのリンピック」の”男子レスリング66キロ級”で”金メダル”を獲得した米満達弘は、「選手として、どういう事ができるのかまだわからない。もし手段として可能であれば、IOCに直談判をしに行ってもいい。できることがあるのなら、僕は何でもする。」とアピールしたようです。更には、今回の”レスリング五輪除外”によって”国際レスリング連盟”のマルティネッティ会長が”辞意”を表明したそうです(哀)

それから、今回の件は日本の”プロレス界”にも大きな影響を与えた模様。まず、”元レスリング五輪代表”で”現PWF会長”である”衆議院議員”の馳浩は、「まさに寝耳に水」、「決定経緯が不明確」、「(他競技関係者などの)違った圧力がかかったのでは?」などと激怒している模様。更に、 「IOC理事会の議事録、データなどが公開されていない。唐突で一方的な決定に納得できない。これは五輪史上最大の汚点だ。全人類に対する暴挙と言っていい。」と主張。”元レスリング日本代表”で現在”ブシロードクラブ”の監督として山口剛(フリー96キロ級)等の有望選手を指導、発掘している”新日本プロレス”の永田裕志は「IOCは何を考えているのやら…。レスリングはスポーツの原点だろ?レスリングは古代ローマ時代から存在する、全世界の身体文化だぞ。商業主義ここに極まれり…だな」と怒りをあらわにしているようです。同じく”元レスリングバルセロナオリンピック日本代表”である”新日本プロレス”の中西学は、「競技人口が減ってしまう。ただでさえ、オレの母校(京都・宇治高、現・立命館宇治高)のレスリング部はなくなってる。第1回からやってて、古代五輪では最後の最後の種目がレスリングだったと聞いたこともあるのに…」と今回のニュースを悲しんでいるようです。永田や中西と同じく”レスリング”から”プロレス”に転身したケンドー・カシン(石沢常光)は、「結局カネだ、カネ。カネにならない競技は切られるってことだ。そしてロビー活動の不足。女子がメダルを量産するから、関係者が浮かれ過ぎたんだろう。ロビー活動といっても永田君のように東金の会場ロビー売店で1000円のスリッパを売る悪徳商法じゃないぞ」と冗談交じりにアピールした後、「もともと競技人口が少ないし、誰もがちびっ子レスリングから五輪を目指しているわけじゃない。将来的な人材不足にはつながらないだろう。柔道だって(メキシコ五輪で)一度は競技から外れたんだし。復活するには階級を減らさないとダメだな。」と切実に語っています。

これだけ、予想以上に”波紋”を呼んだ今回の”レスリング五輪除外問題”。確かに、”オリンピック”以外では”レスリング”の人気は思ったほど無いばかりか、”競技人口”も思ったより少ないのも確かなようです。でも、”IOC”のこの決定は少々強引すぎるのも事実です。しかし、”IOC”が未だに”ヨーロッパ中心”で”古い伝統”の上に胡坐をかいていることに、そろそろアメリカがしびれを切らせた可能性もあると思います。となると、今回の一件は、実はアメリカが”IOC乗っ取り”を実行するために裏で仕掛けたものではないか?と僕は疑っているんです。 [プロレス界も激震! どうなる、レスリング五輪除外問題!?]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/02/17(日) 10:31:45|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

真央ちゃん無念! -バンクーバーオリンピック女子フィギアスケート-

昨日(現地日時25日)行われた”バンクーバーオリンピックフィギアスケート”の”女子フリー”において、”ショートプログラム1位”の韓国のキム・ヨナが堂々”首位”を保持し”金メダル”を獲得! ”ショートプログラム2位”の日本の浅田真央は途中の”転倒”がたたって”首位”に立つ事は出来なかったものの、何とか”2位”をキープし”銀メダル”を獲得しました! 正直、多くの日本国民は”悔し涙”を流したでしょう(無念)

今から4年前、”トリノオリンピック”の前に当時15歳だった浅田真央が彗星のごとく”フィギア界”の登場し、当時の”看板”だった安藤美姫をも圧倒する演技を見せつけ一躍世界で注目されるも”年齢制限”によって”オリンピック出場”は叶わず、更に”成長期”に入った事で”身長”が急に伸び、それによって”バランス”が不安定になってしまい、度々”不調”が目に付くようになり、更にその目の前に”ライバル”キム・ヨナが現れた事による”プレッシャー”から彼女との”実力差”を日を追うごとに付けられてしまうほど、浅田の実力が”不安定”になってしまったのは確かだと思います。

そして、浅田真央本人、更に多くの日本国民が待ちに待った浅田の”オリンピック出場”が決定し、国民の”期待”は一気に膨らみ、スポーツ新聞等でも「真央、金メダル間違いなし!」と大々的に報道されていましたが、僕は正直このような”過剰な報道”こそが浅田真央、いや日本のスポーツを全般的に”不安定”にさせている最大の要因にも思えるんです。今の”日本スポーツ界”は、どうも”話題性最優先”になっていて、”スポーツ選手”を”アイドル”扱いしてチヤホヤし過ぎているように思えてならないんです。そのせいで、選手の気持ちも少々浮ついてしまっているんではないかと思います。一昔前のスポーツ界は、マスコミもファンも選手に対しては非常に厳しい態度で”叱咤激励”していたからこそ、昔の日本はスポーツが本当に強かったんだと思います。その姿勢を今の韓国は持ち続けているのでしょう。それがキム・ヨナの”安定性”につながっているんのではないでしょうか。そこへ行くと、今の日本人は本来の”スポーツのあり方”を忘れてしまっているのだと思います。

で、僕の”不安”が的中し、”ショートプログラム”ではやはりキム・ヨナが”首位”、浅田が”2位”となり、昨日の”フリー”でもキム・ヨナが完璧な演技を見せつけ、世界歴代最高”228.56点”をマークし”首位”に君臨。浅田は”転倒”がたたってそれでも205.50点をマークし”2位”となりましたが、”金メダル”への夢はここで費えてしまいました(哀) ちなみに、安藤美姫は”5位”、鈴木明子が”8位”で何とか入賞しました。ここではっきりしたのは、キム・ヨナはもはや浅田真央の”ライバル”ではなく、明らかに”格上”だ、という事です。浅田は”マスコミ”からも過剰に煽られ、更に”大舞台”への”不安”や”プレッシャー”というものが常に付きまとい、どうしてもそれによる”ケアレスミス”が目立ちます。”スポーツ選手”であれば誰もがそういう”壁”にぶち当たるのは当然です。しかし、キム・ヨナにはそれがほぼ全くといっていいほど無いんです! こういった”プレッシャー”を意図も簡単に跳ね除ける、というのはつまりその人の”レベル”がそれだけ”高い”という意味でもあると思います。”転倒”しても”2位”を保持し続けた浅田は確かに凄いが、あれだけの誰もが注目する”大舞台”で”ミス”一つ出さずに完璧な演技を見せたキム・ヨナはやはり”別格”と考えなければなら無いのではないでしょうか。

安藤美姫が現れた時「凄い子が現れた!」と思っていたら、そこへ浅田真央が登場し「もっと凄い子は現れた!」とおもうと、そこへキム・ヨナという”ライバル”が現れ、気が着いたらキム・ヨナの方が更に”上の位置”にいた、というように”スポーツ界のスター”というのは常に”新陳代謝”していきます。それは、選手誰しもが誰かの”ライバル”になる事を望んでいるからではなく、”トップ”に立つ事を望んでいるからに他なりません。まぁ、これは”スポーツ”の世界では至極当たり前の話だと思いますが、その”原動力”になるのは”運動能力”や”技術”よりも”精神面”が幅を利かせているのは間違いないと思います。その”精神的強さ”が今の日本人に若干欠けているのもまた事実。一方の韓国人は、昔から日本に対して常に”ジェラシー”を感じていただろうし、”明治時代”から”昭和前期”にかけては”韓国併合”によって”属国”になっていた時期もありましたから、そういった背景で特に日本人に対する”対抗意識”がどの国よりも強いのは確かでしょう。そういった意識がキム・ヨナを常に”レベルアップ”させてきたのだと思います。

何か、今回の”冬季オリンピック”はこれまでに増して”日本勢”の勢いが弱いように感じられます。その原因は、今の日本の”不景気”も多少影響はあるでしょうけど、やはり思ったのが”主要選手”の年齢が比較的高かった事ではないでしょうか。あの上村愛子も気が付いたら”30歳”になっていたし、どうしても”4年に一度”のオリンピックの場合は必ずしも”絶頂期”に参加できる訳ではありません。浅田真央も安藤美姫も上村愛子もその”絶頂期”と”オリンピック時期”が合わなかっただけなのでしょう。”夏季オリンピック”の方は結構選手と時期の”相性”は良いように感じますが、”冬季”の方はどうも”相性”が悪い気がします。そもそも、”冬季オリンピック”はカナダ、北欧、ロシア等の”北の国”が圧倒的に有利ですから、日本人が”冬季オリンピック”に臨むには相当の”努力”と”覚悟”が必要なのではないでしょうか。そうなるためには、今のような”話題性重視”の報道や、選手の”アイドル化”をせずにもっと”スポーツマンシップ”に則った”報道”と”声援”が必要なのだと思います。 [真央ちゃん無念! -バンクーバーオリンピック女子フィギアスケート-]の続きを読む
  1. 2010/02/27(土) 10:11:59|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

八百長と暴力団

8月18日に”大麻所持”の疑いで逮捕された元力士若の鵬(本名:ガグロエフ・ソスラン)が、今度はその”報復”とばかりに大相撲における”八百長”の告発に乗り出したようです(汗) 大相撲にもかねてから”八百長”の噂は少なくありませんからね。

八百長・・・・その名の由来は明治時代の八百屋店主・長兵衛から名づけられた呼び名と言われており、囲碁仲間であった大相撲の年寄り・伊勢の海五太夫との囲碁の勝負において、本当は実力的には長兵衛の方が上だったが、八百屋の商品を買ってもらうため、つまりは”商売”のためにわざと勝負に負けた、と言うエピソードからそういった”出来あい勝負”の事を”八百長”と呼ぶようになったそうです。うむむ・・・、ここにすでに”大相撲”が関わっている時点で怪しいですなぁ(苦笑) と言う事は、実はその裏にはその”逆”もあって、もしその当時の大相撲の”スポンサー”にその八百屋がついていたとしたら、その店主がひいきする力士を勝たせるように仕組んでいた可能性もありうる訳ですよね。おそらく、その”表”と”裏”の事情をひっくるめて”八百長”と言う言葉が出来上がったのではないか?と僕は睨んででいます。

”大相撲”は、日本の”国技”にして昔の日本における”娯楽(エンターテインメント)”の一つだった訳ですよ。今では”大相撲”は限られた会場で多くの客を集めて試合をする形式を取っていますが、昔は今で言う”プロレス”と同じ”巡業形式”をとっていて、その地域の人を集めて興行を行っていたんです。となれば、おそらく”100%真剣勝負”とはいずれいかなくなってしまったとも思われます。つまり、いくら”スポーツ”、”勝負”とはいえ、客を集めてお金を貰う”商売”でもある訳ですから、少なからずの”演出”は避けられないと思います。しかし、それがバレればやはり場合によっては”賠償沙汰”にもなりかねません。そこで、そうならないようにバックに”ヤクザ”、今で言う”暴力団”を付けていた可能性も無きにしも非ずだと思います。

”暴力団”といえば、2006年6月、当時の日本における”総合格闘技最高峰”と謳われたPRIDEを主催していた「DSE(ドリーム・スペース・エンターテインメント)」との関係が週刊誌で露呈されたことによって放送契約をしていたフジテレビから契約を解除される事件が起こりました。それが原因でPRIDEの興行がうまく成り立たなくなり、やがて”消滅”してしまいました。かつてはPRIDEを筆頭とする”総合格闘技”や”立ち技なんでもあり”のK-1こそが”真剣勝負”であり、プロレスを100%”シナリオ通り”の”八百長”としてその”優位性”を保っていましたが、おそらくそれを裏で仕掛けていたのは”暴力団”ではないか?と僕は睨んでいます。ミスター高橋に”暴露本”を書かせたのも、猪木を利用して当時の”プロレス業界最高峰”だった新日本プロレスを”崩壊寸前”に追い込んだのも”暴力団”を巧みに利用したK-1およびDSEフロントだったのではないでしょうか? 事実、猪木が当時そういった連中と関係していた事は”ある筋”から耳にしていますし(汗) 

そもそも、”暴力団”は何も”スポーツ界”だけにとどまらず”芸能界”にだってかねてからその”関係”が示唆されている訳だし、もっと言ってしまえば”政界”や”財界”とも関係しているはずですからね。”暴力団”というと”暴力”を利用して”悪事”を働く集団、とイメージしがちですが、元々その”原型”である”やくざ”は本来は”博徒集団(賭博によって生計を立てていた集団)”だった訳ですから、そうなると古くから”商人”との結びつきがあった事は間違いないでしょうし、天保時代に制度化された”株式”の原型ともいえる”株仲間制(問屋などが一種の座を作り、カルテル(価格や生産数量、販売地域などの協定)を形成する事)”のバックにも連中は関わっていたと思います。つまり、それは現在の日本における”企業形態”にも当然ながら関わっており、いわゆる”総会屋”だって事実上”暴力団”みたいなもんじゃないですか。

で、話を”大相撲”の方に戻しますが、今年”相撲界”を賑わせた”大事件”と言えば、冒頭で書いた通り”元ロシア人力士”若の鵬が”大麻所持”の疑いで逮捕され、更にそれに続いて露鵬、白露山といった”ロシア人力士”からも大麻の”陽性反応”が出てしまう、と言う一件です。昨年は、時津風部屋にて”幕下力士殺人事件”が発覚していますからね。これらの裏にも”暴力団”の影が見えない事はないと思います。”大麻”の流通には”暴力団”は少なからず関与しているでしょうし、”過激な稽古”に関しては直接暴力団は関与してないとはいえ、間接的な”影響”はあると思います。そもそもそういった”体質”が出来上がってしまったこと自体が”暴力団”との何かしらの関わりを伺わせていると思います。

今や、この国は”相撲界”のみならず、おそらく”国そのもの”が”暴力団化”しているのは確かでしょう。そのために平気で国民をだまして見えない所で平気で”犯罪”を犯してはそれを”隠蔽”する。今やどこの”業界”でも当たり前のようにやっていると思います。しかし、”商売”をするためには”危ない橋”も渡らなければならない、と言う”事情”もわからないではないが・・・。

ちょっと、話が”暴力団”の方に集中してしまいましたが、まぁあからさまな”八百長”はどうかと思いますが(それでも「ハッスル」はそれで成り立っているですが・・・)、”プロ”と名の付くスポーツにおいて”100%真剣勝負”なんてビジネス上不可能だと僕は思います! 今、日本において”100%真剣勝負”で成り立っているスポーツは”アマチュアスポーツ”だけだと思います!! こんな事を書いたらまた”スパムメール”が大量に送り付けられるでしょうなぁ(恐) [八百長と暴力団]の続きを読む
  1. 2008/10/05(日) 10:11:59|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

混乱の中の”北京オリンピック”開幕!

”聖火リレー”の辺りから”テロ騒動”や各国の相次ぐ”ボイコット発言”によって大きく揺れていた「北京オリンピック」が8日に開幕しました。未だに”テロ”への警戒は強く、今度はチベットに続いて新疆ウイグル自治区でも”テロ事件”が起こっている模様。更にはお隣ロシアにおいてもグルジア自治共和国との”緊張状態”にあるようです(恐)

このような”物騒”な情勢の中で開幕したオリンピックですが、日本は早くも”メダルラッシュ”ですね。”女子柔道”では、”48kg級”では惜しくも”優勝”は逃したものの、谷亮子が”銅メダル”を獲得、”52kg級”では中村美里がやはり”決勝進出”ならず”銅メダル”を獲得、されど”63Kg級”では谷本歩美が決勝でフランスのドコス(デコス?)を見事な内股で一本を取り”金メダル”を獲得! ”男子柔道”の方でも”66kg級”で内柴正人が決勝でバンジャマン・ダルベレ(フランス)に一本勝ちして”金メダル”を獲得! ”男子水泳”では”100m平泳ぎ”で北島康介が”58秒91”という”世界新記録”を出し”金メダル”を獲得! ”体操男子団体総合”では”決勝戦”で中国に破れ惜しくも”銀メダル”を獲得・・・ととりあえず、現状ではこのような結果だと思います。

しかし、”男子サッカー”は早くもアメリカに敗退し、”予選通過”は難しい模様。”女子サッカー”は”1次リーグ最終戦”においてノルウェーを”5-1”で下し”決勝トーナメント進出”が決定! でもって、”女子マラソン日本期待の星”である野口みずきが”左大腿二頭筋の肉離れ及び左半腱様筋の損傷”のため”欠場”が決定した模様(残念) 残る日本代表は土佐礼子と中村由梨香の2名ですが”ベルト獲得”は難しいようですね。

あとは、”レスリング”と”野球”がありますが、野球も正直期待していいかどうかは微妙だし、せいぜい”女子レスリング”の吉田と伊調姉妹ぐらいでしょうか?期待出来そうなのは(浜口京子は毎度のように親父(アニマル浜口)がうるさくて気が散って負ける可能性大(哀))。

まぁ、正直”不安要素いっぱい”の「北京オリンピック」ですが、思ったより”日本勢”は順調何よりです(安心) [混乱の中の”北京オリンピック”開幕!]の続きを読む
  1. 2008/08/13(水) 11:28:24|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

八百長とは何か?

今、”大相撲”において朝青龍の”八百長疑惑”が騒がれています。しかも、”出所”はまたもや「週刊現代」って(汗) それにしてもここの出版社の”講談社”はそんなに”格闘技”が嫌いなんですかね(困) これに対して、”日本相撲協会”は講談社と記者を相手取り”損害賠償”と”謝罪広告”を求める民事訴訟を東京地裁に起こすことを決めたようですね。

で、その”真偽”ですが、これは全くもって”事実無根”である、とはやはり言えないと思います(汗) というか、もはや”プロスポーツ”において”八百長”を全く行わない競技なんて”皆無”だと思うんです。だって”客商売”が絡んでいる以上”完全真剣勝負”はやはり無理があると思うんです。ただ、「週刊現代」にしたって”ビジネス”が絡んでいますから、彼らの記事全てが”真実”である、という保証もないと思います。最終的には”読者”がどう判断するかによると思います。

かつて、”格闘技ブーム”が確立しかかった頃に、”元新日本プロレスレフェリー”ミスター高橋が”プロレス”に関する”暴露本”である「流血の魔術、最強の演技」を出版しました。あの頃は、”プロレスファン”としてはかなり”肩身の狭い思い”を強いられました(泣) 僕はこの頃”インターネット”を始めたばかりで、”プロレス”の”掲示板”を探して書き込もうと思ったのですが、大抵は”プロレス=八百長”という事をさも当たり前のように書いていて、それに対する”反論”がないばかりか皆それを面白がって書いている事に非常に腹が立ちました。後々考えてみれば、その”サイト”はかなり怪しいサイトだったようですけど、それでも比較的まともなサイトに書き込んでも、そこではもはや”格闘技>プロレス”を前提とした書き込みが中心で、更に新日本における猪木主導の”格闘技路線”に賛成する声が多かったです。それに対して終始”異論”を唱え続け、更に”プロレス=八百長”という風潮にも反論した時(正確にはプロレス以外の格闘技、スポーツにおいても”八百長”はありうる、といった内容の意見を書いたのですが)それに対して物凄い抗議の意見があり、そしてもはや”プロレス=八百長”いや”プロレス=完全なショー”がさも当たり前であるかのような反論があった事に非常に悲しく感じたのです。もっとも、”プロレス”が完全な”真剣勝負”でないことぐらいはわかっていました。でも、”完全八百長”だったら”プロレス”というスポーツがここまで生き残るはずもない訳ですからね。大体、この頃は本当に”プロレスサイト”でも”プロレス”に”愛情”を感じない意見が多かったのは事実です。しかし、昨今”K-1”や”ボクシング”でも”八百長”を疑わせるような試合が続出しているのも事実ですけどね。

では、”八百長”とは一体何なのか?という事ですが、まずこの”語源”は明治時代の八百屋の長兵衛なる人物が”囲碁仲間”であった大相撲の”年寄り”伊勢ノ海五太夫に自分の店の野菜を買わせるための商売上の”打算”によってわざと負けていた事に由来しているようです。そういった意味で、”ビジネス”のために”スポーツ”などの競技にあらかじめ”勝敗”を決めているものを指すようになったものです。ですから、本当の意味での”完全真剣勝負”をやっているのは”アマチュアスポーツ”であって(中にはこちらでも”八百長”はあるでしょうけど)、”プロ”の名のつくスポーツの場合は、”集客”や”TV視聴率”を考えて場合時として”八百長”は避けられなくなるのは確かだと思います。まぁ、”八百長”とまでは言わなくても”お約束”みたいなものはどのスポーツでもやっているはずです。特にそれが最も顕著なのが”プロレス”で、観客を楽しませるためにワザと相手の技を受けたり、やられているふりをして、そこから”巻き返し”をした時観客が盛り上がるように”演出”しているんです。こういった部分を一言で”八百長”や”ヤラセ”で片付けようとする輩がいるからだんだん日本のスポーツはつまらなくなってしまってるのだと思います。

となると、今回の朝青龍の件はどうなのか?という事ですが、まず”相撲”の場合は”試合時間”があっという間ですから、プロレスみたいな観客を盛り上げる”演出”みたいなものは出来ません。となると、”一試合単位”の内容の演出よりも、どうしても”全試合”の結果の操作をしなければならない場合が時には出てきてしまうのだと思います。もちろん、これはやってはいけない事です。ただ、問題なのはこうした事を”協会”が後押しをして、更に”金”で勝利を買うなんて事をするからなのであって、あくまでも”選手側”の意思によって「ここは勝たなきゃ!」という場面と「ここは負けとこ!」という場面を作って”取り組み”にメリハリをつける”演出”をするのであれば”アリ”だと僕は思います。実際、普通に行われているのは”後者”の方であって”前者”の方はおそらく”でっち上げ”の可能性が高いと思います。

大体、講談社なんて今から20年ぐらい前にも写真週刊誌「フライデー」において不当な取材を行ったためにビートたけしを筆頭とする”たけし軍団”に襲撃された過去がある訳ですからね。はっきり言って、彼らの”記事”だって”信憑性”はかなり怪しいです。PRIDEが”暴力団”と関係があるとして”地上波放送打ち切り”は追い込みましたけど、彼らこそバックに”暴力団”がいるような気がしてなりません! [八百長とは何か?]の続きを読む
  1. 2007/02/09(金) 23:32:32|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ

スーパーpsy野神

04 | 2017/03 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。